[おしらせ]このBLOGは更新を終了しています。

何かあれば
この記事にコメントをつけてください。
定期的に投稿しないと削除されてしまうのでメンテナンスの投稿はたまにあります

| | コメント (4)

The Butler(大統領の執事の涙)

Cccc


We hear about the concentration camps
but
these camps went onfor 200 years right here in America

本編中の訳を忘れちゃったが

ホロコーストの話しは良く聞くが
アメリカは、そのホロコーストが200年続いている

いったような…字幕だったような…

ネイティブ、アフリカンは何時かアメリカを許せる日が来るんだろうか
韓国や中国はいつか日本を許す日がくるんだろうか
そんな事を考えた

オプラ(主人公の妻役)結構良かったよ…悪く無い…
アル中の場面とか真に迫ってた…

|

SMOKE

820x312000


10年以上前の映画なのになぁ
なんで、好きなんだろ…
『人生なんて、タバコの煙みたいなもんだ』といった感じが良いのかな…

最後のクリスマスストーリーの部分
約5分の長回し
ゆっくりクローズアップしていく

ここから

Website_image00290115_202724

ここまで

Website_image00290115_202731


約5分
演出としては、よくアリがちだけど
カメラと一緒に『物語』に引き込まれる。
自分のイメージと監督のイメージの答え合わせが
エンドロールの白黒で…
なんだろ
『好き』なんだからしょうがないよね…


|

The Iron Lady(マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙)

820x312


どうだろ…イマイチ楽しめない内容だったかな
演技は良いよ…凄いと思うのだが…


Watch your thoughts,for they become words.
Watch your words,for they become actions.
Watch your actions,for they become habits.
Watch your habits, forthey become your character.
And
watch your character,for it becomes your destiny.

My father always said

たしかに『いい感じ』とか…を越えて
なぜ『いい』のかを考える事に立ち返る時期かもしれん…


『思考』が『言葉』になり言葉は『行動』に
『行動』はやがて『習慣』になり、あなたの『個性』になる
その個性が『運命』を呼び寄せる


いったような訳だったかな…

|

[AppleScript]ffmpeg用のコマンドを整形する(ムービーから選択範囲を切り出す)

Website_image00290115_194738

QuickTime(もう終わった技術なのね…)プレーヤーで
選択範囲を切り出します。

ffmpeg用のコマンドを整形だけのスクリプト
コマンドはターミナルで実行します。

QuickTimeで切り出したい選択範囲を作ったら
スクリプトを実行します

Website_image00290115_200334


ここにコマンドがログとして出力されます
これをコピーして
ターミナルにペーストします

Website_image00290115_200403


終了すると


Website_image00290115_201250


選択部分のみ書出されます。

(*
QuickTimeプレーヤー上での選択範囲を
ffmpegで切り出すコマンドに整形します。
ffmpegが必須
QuickTime Player 7用なのでOS的には10.9までか?
*)



tell application "QuickTime Player 7"
tell document 1
properties
---選択部スタート部を取得
set numSelectStart to get selection start
---選択部の長さを取得
set numSelectDura to get selection duration
---開いているファイルのパスを取得
set aliasCurentMovie to original file as alias
---開いているファイルの縦横サイズを取得
set listNatDimension to natural dimensions as list
end tell
end tell


--------ここから切り取りはじめる時間+秒数の小数点以下を取得
set theTime to "0"
set theTimeDec to "00"
set theTimeDecNo to "00"
set theTimeInt to "00"

set theTime to numSelectStart as number
set theTime to theTime / 600 as number
set theTimeDec to (theTime mod 1) as text
set theTimeDecNo to doReplace(theTimeDec, "0.", "")
set theTimeInt to theTime - theTimeDec as integer
set theTimeInt to FormatSeconds(theTimeInt)
set theStartTime to "" & theTimeInt & "." & theTimeDecNo & ""
log theStartTime

--------ここから、切り取る時間+秒数の小数点以下を取得
set theTime to "0"
set theTimeDec to "00"
set theTimeDecNo to "00"
set theTimeInt to "00"

set theTime to numSelectDura as number
set theTime to theTime / 600 as number
set theTimeDec to (theTime mod 1) as text
set theTimeDecNo to doReplace(theTimeDec, "0.", "")
set theTimeIntNo to theTime - theTimeDec as integer
set theTimeInt to FormatSeconds(theTimeIntNo)
set theDuraTime to "" & theTimeInt & "." & theTimeDecNo & ""
log theDuraTime

--------
---ひらいているファイルのエイリアスをUNIXパスに変換
set theOriginalMovie to POSIX path of aliasCurentMovie as text
---横サイズを取得
set theImageWidth to item 1 of listNatDimension as text
---縦サイズを取得
set theImageHeight to item 2 of listNatDimension as text
---新しいファイル名を定義
set theExpFile to (theOriginalMovie & "_" & theImageWidth & "X" & theImageHeight & "_" & theTimeIntNo & "sec.mp4") as text
---コマンドまでのパスを定義
set theffmpegPath to "'/usr/local/bin/ffmpeg'"
---コマンドラインを生成
set theCommandCom to (theffmpegPath & " -i \"" & theOriginalMovie & "\" -ss " & theStartTime & " -t " & theDuraTime & " -strict -2 \"" & theExpFile & "\"") as text
---コマンドラインをログとして書出す
log "\n" & theCommandCom & "\n"
return theCommandCom

------------------#ゼロサプレス
to doZeroSupp(n)
if n < 10 then
return "0" & n
else
return n as text
end if
end doZeroSupp

-----#文字の置き換え
to doReplace(theText, orgStr, newStr)
set oldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to orgStr
set tmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to newStr
set tmpStr to tmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to oldDelim
return tmpStr
end doReplace

-------時間表示整形
(*
www.jesseweb.comから転記
数値としての秒数を HH:mm:ss 形式に変換します。
*)
on FormatSeconds(totalSeconds)
set theHours to (totalSeconds div hours)
set theRemainderSeconds to (totalSeconds mod hours)
set theMinutes to (theRemainderSeconds div minutes)
set theRemainderSeconds to (theRemainderSeconds mod minutes)
if length of (theHours as text) = 1 then
set theHours to "0" & (theHours as text)
end if
if length of (theMinutes as text) = 1 then
set theMinutes to "0" & (theMinutes as text)
end if
if length of (theRemainderSeconds as text) = 1 then
set theRemainderSeconds to "0" & (theRemainderSeconds as text)
end if
set theTimeString to theHours & ":" & theMinutes & ":" & theRemainderSeconds as text
return theTimeString
end FormatSeconds

「Movie2Cut_qt7.scpt」をダウンロード


|

The Hunger Games(ハンガーゲーム)

820x312


女性向きのイメージが強いが

中学〜高校生ぐらいのお子さんと親で一緒に見て
メディア
プロパガンダ
フェイクニュースとか

見たもの、聞いたものをそのまま信じて良いのか?って話しをするのに
良いかもしれない。

|

[AppleScript]空のRTFを作成する

リッチテキストの空のファイルを作るには
何通りか、方法を考えついたが、簡単そうなのに落ち着いた。
10.12の機器が何台か現場に導入されて
一部のスクリプトでテキストエディタの保存部分で
エラーになる物があった、個々にエラーの内容を精査する時間が無いので
『動作する』記述にパパパッット書き換えてしまった。

時間が無いって恐ろしい…汗

(*

ユーザードメインの書類(documents)フォルダに
空のRTFリッチテキストフォーマットのファイルを作成します。
空のテキストファイルをtextutilコマンドでRTF化します。
10.12の登場で今までの方法では問題が出て来たので
今後はこの方法にする
20170106 初回作成

*)


---ファイル名用の日付け
set theDateAmdTime to (do shell script "date '+%Y%m%d_%k%M%S'") as text
---Finderよびだし
tell application "Finder"
---日付けをファイル名に
set theFileName to theDateAmdTime as text
---書類フォルダまでのエイリアスパス
set aliasFolder to (the path to documents folder from user domain) as alias
try
---ファイル名に拡張子追加して新規ファイルを作成
make new file at aliasFolder with properties {name:(theFileName & ".txt")}
end try
---新しいファイルまでのパスをエイリアスとして格納
set aliasNewFile to (((aliasFolder) as text) & ((theFileName & ".txt") as text)) as alias
---新規ファイルの処理終了
end tell
---テキストファイルまでのパスをUNIXパスに変換
set theNewFilePath to quoted form of (the POSIX path of aliasNewFile) as text
---テキストファイルを変換するコマンドを整形
set theCommandText to ("textutil -convert rtf " & " -extension rtf " & theNewFilePath & "") as text
---コマンド実行
do shell script theCommandText
---元のテキストファイルをtmpに入れる
(*
/private/tmpに移動されたファイルは
次回の再起動時に削除される
*)
tell application "Finder"
---起動ディスクの名称を取得
set theStartupDiskName to (path to startup disk) as text
---tmpフォルダへのエイリアスパスをテキストで整形
set theTmpPathTXT to (theStartupDiskName & "private:tmp:") as text
---エイリアスに変換
set aliasTmpPath to theTmpPathTXT as alias
---テキストファイルをtmpに移動
move file aliasNewFile to aliasTmpPath
(* ごみ箱に入れる場合はこちら
move file aliasNewFile to (the path to trash folder from user domain)
*)
---テキストファイルの移動の終わり
end tell
(* 処理の後テキストエディタで開く場合は以下
---テキストエディタのはじまり
tell application "TextEdit"
---新しいファイルまでのパスをエイリアスとして格納
set aliasNewRtfFile to (((aliasFolder) as text) & ((theFileName & ".rtf") as text)) as alias
---オープンファイル
set objOpenFile to open aliasNewRtfFile
---オープンしたファイル
tell objOpenFile
---ここでオープンしたファイルに色々な処理を
end tell
end tell
*)

「MakeNewRtfFile.scpt.zip」をダウンロード

|

圧倒的ロシア感…笑(『ギリシャ文字・キリル文字・ラテン文字』もじのかたち)

結構面白く読めた。
まぁ…知らなくても…だが…
ふぅ〜ん的に読んでおいて損無し

Website_image00290109_192340

http://nixeneko.hatenablog.com/entry/c90_greek_latin_cyrillic

PDF直リンク
http://nixeneko.2-d.jp/pdf/greek_latin_cyrillic.pdf

|

[Acrobat Form]考え方としては GETする Putする の2通り


AcrobatのForm内でのJsの書き方の基本は
イベントが発生した時に『何をする』か?ですが

フォームの場合は主に2通り
値を送る場合

値を取得する場合がある
私の場合は
どちらが良いとか…では無く
ケース×ケースで、その時に良いと『思う』方を選択しています。


値を送る場合

Website_image00290109_05826


「Acr1465184566304015383.tmp.pdf」をダウンロード

値を取得する場合

Website_image00290109_05940


「Acr43421694410048-26133.tmp.pdf」をダウンロード


どちらを選択するか?はその都度ですが
私は、定期的に現場が変わるから
次の人のために『可読性』には気を使っている(つもり)


|

The Martian(オデッセイ)

820x312


マットディモンが火星に独り残される話しなんですが
『生きるために必要な…』部分をもう少し…とは思いましたが…

海街ダイアリーのように『考えている事』がセリフにならない脚本の方が好きなのでナニですが
楽しく観れた。

『Hey, There.』って優しく言うとイイなぁ

|

The Equalizer

820x312


勧善懲悪(完全じゃぁないよ…)ハッピーエンド(まぁ一応ね…)
今風のハードボイルドですかね。(70’s〜80’sのハードボイルドとは確実に違うから)
スカッとしました1本目

|

«The Intern(マイ・インターン)