[おしらせ]このBLOGは更新を終了しています。

何かあれば
この記事にコメントをつけてください。
定期的に投稿しないと削除されてしまうのでメンテナンスの投稿はたまにあります

| | コメント (4)

Jack Reacher | アウトロー

820x312

日本訳は『木を見て森を見ず』だったかな
Forest Full Of Trees Dear

解りやすいストーリー
『コロンボ式』最初に犯行を見せるタイプね
キャラクターも解りやすく、気軽に見れる1本


----------
先週の『root』騒動は、昔からのAdobeユーザーには
関係無かっただろうが…
(一時期rootを有効にしないと不具合が出る時期がAdobeにあったので、root有効は習慣化している)
その後がいけない
その後リリースされたパッチでrootが無効になる
(root前提の処理もあるんだよ…トホホ)
はぁ…困ったもんだ

10.13.2で、一部のダイアログが英語表記になる不具合があったが
環境設定で日本語を選び直して再起動で直った

root問題が発覚してから24時間以内でのパッチリリースだたので
多言語環境でのテストが甘かったのだろう
まったくダメダメなテスター集団だなぁ<<Apple


AdobeもAppleも『品質』の低下が無視出来ないものになりつつある
(機能はいいから安定や品質にもう少し…ねぇ…)
今回のroot騒動は『サイン』だろう
近い将来、大きなトラブルが出なければいいが…

365のトップページが変わった(少しだけ)
Msの方が多彩なハード、多彩なアプリに柔軟に対応しているように思えて来る

iMacProが今週登場する『らしい』…

|

Install PANTONE Color of the Year 2011-2018

AiのCS6〜CC2018までのユーザー・サポートディレクトリに
Pantoneのカラースウォッチをインストールします。

インストール先は
Website_image00291209_104746


Aiのカラーパレットから利用出来ます
Website_image00291209_104847


(*
Install_ PANTONE_Color_of_the_Year_2011_2018

Illustrator

20171210 初回作成
20171209 2018 Pantone Color of the Year 2018PANTONE 18-3838 ULTRA VIOLET TCX)に対応
*)



---ユーザー名を取得する
set objSysInfo to system info
set theUserName to (short user name of objSysInfo) as text

---日付けと時間からテンポラリー用のフォルダ名を作成
set theNowTime to (my doDateAndTIme(current date)) as text

---テンポラリー用フォルダのパスを定義
set theDownloadDir to ("/tmp/" & theNowTime & "") as text

-----テンポラリーフォルダを作成
try
set theCommand to ("mkdir -pv \"" & theDownloadDir & "\"") as text
do shell script theCommand
set theTmpPath to theDownloadDir as text
delay 1
on error
return "テンポラリフォルダ作成でエラーが発生しました"
end try

-----ファイルをダウンロード
try
set theCommand to ("curl -L -o '" & theTmpPath & "/PANTONE.zip' 'http://force4u.cocolog-nifty.com/file/PANTONE.zip'") as text
do shell script theCommand
delay 1
on error
return "ファイルダウンロードでエラーが発生しました"
end try

-----ファイルを解凍
try
---リソースフォークがるので(オリジナルに)dittoでの解凍を試す
set theCommand to ("ditto -xk --sequesterRsrc --rsrc '" & theTmpPath & "/PANTONE.zip' '" & theTmpPath & "'") as text
do shell script theCommand
delay 1
on error
---エラーしたら普通にunzipで解凍
try
set theCommand to ("unzip '" & theTmpPath & "/PANTONE.zip' -d '" & theTmpPath & "'") as text
do shell script theCommand
delay 1
on error
return "ファイルの解凍でエラーが発生しました"
end try
end try
-----インストール先のフォルダを定義
set theCS6AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator CS6/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the17AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 17/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the18AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 18/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the19AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 19/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the20AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 20/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the21AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 21/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the22AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 22/ja_JP/スウォッチ/'") as text
set the23AppSupDir to ("'/Users/" & theUserName & "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator 23/ja_JP/スウォッチ/'") as text

-----インストール先のフォルダを確保
try
set theCommand to ("mkdir -p " & theCS6AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the17AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the18AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the19AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the20AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the21AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the22AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("mkdir -p " & the23AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand

on error
return "コピー先ディレクトリ作成でエラーが発生しました"
end try
-----ファイルを移動(おきかえ)
try
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & theCS6AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the17AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the18AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the19AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the20AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the21AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the22AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
set theCommand to ("cp -R " & theTmpPath & "/PANTONE/* " & the23AppSupDir & "") as text
do shell script theCommand
on error
return "ファイルのコピーでエラーが発生しました"
end try




return "インストールが終了しました"


--------------------------------------------------#ここからサブルーチン
to doDateAndTIme(theDate)
set y to (year of theDate)
set m to my monthNumStr(month of theDate)
set d to day of theDate
set hms to time of theDate
set hh to h of sec2hms(hms)
set mm to m of sec2hms(hms)
set ss to s of sec2hms(hms)
return (y as text) & my zero1(m) & my zero1(d) & "_" & zero1(hh) & zero1(mm) & zero1(ss)
return (y as text) & my zero1(m) & my zero1(d)
end doDateAndTIme

------------------------------
to monthNumStr(theMonth)
set monList to {January, February, March, April, May, June, July, August, September, October, November, December}
repeat with i from 1 to 12
if item i of monList is theMonth then exit repeat
end repeat
return i
end monthNumStr
------------------------------
to sec2hms(sec)
set ret to {h:0, m:0, s:0}
set h of ret to sec div hours
set m of ret to (sec - (h of ret) * hours) div minutes
set s of ret to sec mod minutes
return ret
end sec2hms
------------------------------
to zero1(n)
if n < 10 then
return "0" & n
else
return n as text
end if
end zero1


「Install_PANTONE_Color_of_the_Year_2011_2018.scpt.zip」をダウンロード

「Install_PANTONE_Color_of_the_Year_2011_2018.rtf」をダウンロード

|

Pantone Color of the Year 2018(PANTONE 18-3838 ULTRA VIOLET TCX)

Website_image00291208_224449

Website_image00291208_224255

直リンク
https://www.pantone.com/images/pages/21348/adobe-ase/PANTONE-18-3838-TCX-ASE-file.zip


両方、パレットの内容が違います。

Website_image00291208_224632


直リンク
https://www.pantone.com/images/pages/21348/adobe-ase/Pantone-COY18-Palette-ASE-files.zip

|

逃げるは恥だが役に立つ

820x312_2

ケーブルで全話一挙放送していたので
仕事もあったし、お客も来たりだったので数話だけ見た

共感は出来なかったが、話しは面白い
TVの脚本、演出と原作とを比較したい所だか…
そこまで、面白かったか?って言うと…もう少しだったような
(まぁ全話は見れてないのでナニですが)

画像は作中40代後半の女性が若い女の子に言うセリフ
黄色は『#FFEB3E』

--------------------------------
昨日…わけあって…
10.6にCC(2013)をインストールした

Website_image00291123_233823

インストールは『CCデスクトップ・アプリ』では無く『アプリケーション・マネージャー』から

デスクトップアプリは10.9以上なので利用出来ない
久しぶりで、インストール方法をすっかり忘れていて
難儀した…苦笑(ちょっとこの前の話しなのにねぇ…ボケはじめかなぁ…もしかして…)

CCの2018はパフォーマンス的に良くなったが
重いなぁ…何やっても…


|

GIFTED

Gifted

ちょっと前に試写で見た
良くある『親権もの』かな…と思って行ったら…やられた
脚本にやられた…
看板俳優(看板背負えるようなって意味ね)が出てないのもあって
気持ち入っちゃって…ちょっと泣いちゃった…(速攻サントラ版発注したし…)

先生が、生徒の家に泊まるシーンが無ければPG13外れたんだとしたら
とても残念
思春期世代と見に行ったらとても良いと思うのに…


画像のシーンは、物語中盤過ぎに、子供を産婦人科の待ち合い室に連れて行き
『君は望まれて生まれて来たんだよ』といった所を見せるシーン

Love Actuallyの冒頭シーンに匹敵する良い絵だと思うわ

Website_image00291104_184457

https://www.youtube.com/watch?v=cUoxXpqof8A

--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|脱線


Love Actuallyには、後日談を描いた1時間のショートフィルムがある
『Red Nose Day』のチャリティに作られている
Red Nose Day Actually


Love Actually
Website_image00291103_222120


Red Nose Day Actually
Website_image00291103_221633


出演者の成長が見れたりして
1時間弱だし、ちょうど良い

--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|--|さらに脱線

レッドノーズと言えば
パッチアダムス

Website_image00291103_222838

私のサウンドトラック・ベスト20に入るサウンドトラックの名作


--------------------------------------------------------


PcでもMacでも
『電源を切る派』or『スリープ派』でわかれる場面があると思いますが
私は
『電源切る派』です。

スリープも電源ON時もHDDが停止からフル回転になる回数は
サホド変わらないし
最近のApple製品は『電源が弱い』印象がある
実際に200台もあると修理に出すのは電源系が多い
特に2011〜2013年あたりのApple製品は電源の故障がホント多かった
(上記の時期のiMacはコンセントを抜く時間を作る事で故障率が下がるのも事実)

下の図はあくまで『目安』だけど
HDDの精度や部品個々の耐久性としては、通電しない時間があった方が良い
ような気がしているのもある

完全に自論ですが(根拠無し)
内部のコンデンサはたまに放電した方が良いんじゃないか?

思っています。


Wdpurple4tb_10

『電源を切る派』or『スリープ派』
どちも
言い分があって…笑
どっちが『絶対』は無いわけで…

『壊れるもんだ』を前提にバックアップだったり
クラウドだったりを上手に使う…が正解かな…

|

四月は君の嘘

820x312

すずちゃんの『声力』すごいわぁ
話しとしは…死に落ちだから…ナニだけど…

----------
今の現場で大量発生したのが
Camera Rawが見つからなくてフォトショップでjpegが開かない問題
Camera Raw プラグインのインストーラ

まったく…なんだなぁ…Adobe…
OS10.9 10.10で大量発生した…苦笑
検証環境で発生しなかったのでアップデート適応が裏目…

Camera Raw 9xにいたっては証明書の有効期限が切れているので
サイレントインストールでエラーになる
ヤッツケ上等で…(なんだそれ…)各機器毎に対応…死ぬかと思ったわ
 
『アップデートすると不具合が発生する』といった最悪のパターン
こんなのが多いから、デザイナーさんがアップデート嫌がるんだよ…

もうちょっと社内テストしてからリリースして欲しいが
アメリカ主導だから、日本法人のadobeはお飾りだもんなぁ…

Adobeの窓口に『カスタマーサクセス』なる肩書きの方がいるが
まったく役に立ってない…
リリースしてからメールでお知らせって何だそりゃ…
(まぁこれはAdobeのサポート全般に言える事か…)

(うっ愚痴っぽくなってきた…)


-------
モリサワのBIZがリリースになった
http://bizplus.morisawa.co.jp/

フォント自体は暗号化ディスクイメージでダウンロードされて
/Library/Fonts 以下に
Morisawaの名前でマウントされる
実行権限無しでマウントされるため
フォントファイルには直接はアクセス出来ないが
×××××を使えばフォントファイルをコピー出来る。

教えて欲しい人は直メールしてね(本○さんとか…笑)

スタンダード版はフォントファイルで配布すれば良いのに…
(まぁ大人の事情とエンジニアのアイディアの具体化かな…)

特定部門のみ導入して、様子見中(全展開は、しない予定)

|

COLOR PALETTES EDITOR

Website_image00291126_193014

https://alpert.altervista.org/iris/

|

[LINK]typedrawers

Website_image00291123_193759

|

TypeKit

TypeKitがだいぶ
こなれてきた…

タイプキットはロゴ作成時にクライアントが商標登録するか?不明な場合に
とても有効です。
(ただしクリエイティブクラウドの契約を続ける事が前提になるので永遠に…)
https://helpx.adobe.com/jp/typekit/using/font-licensing.html

クライアントにも『CCの契約が必要』と説明した方が良いかもしれん
(特にコンプライアンス…等の説明すると…お金出してくれますよ最近は…笑)

例えば
モリサワのパスポートからだと商標登録は出来ない許諾だが
タイプキットなら商標登録に使えるって、なんだかなぁ…な状態になります。
(まぁCCの売り上げからいくらかファウンダリに…)

海外との協調作業に便利だった事がありますので
タイプキット…最近使い勝手が良いと…見直しています。


今回
Visual Design Laboratory
視覚デザイン研究所も加わってさらにお得感増し

Visual Design Laboratory視覚デザイン研究所
https://typekit.com/foundries/visual-design-laboratory

Fontworks フォントワークス
https://typekit.com/foundries/fontworks

Adobe Originals アドビ
https://typekit.com/foundries/adobe

Dai Nippon Printing 大日本印刷
https://typekit.com/foundries/dai-nippon-printing

TypeBank タイプバンク
https://typekit.com/foundries/type-bank

Morisawa モリサワ
https://typekit.com/foundries/morisawa

Jiyukobo 字游工房
https://typekit.com/foundries/jiyukobo

|

The Hundred-Foot Journey

820x312

https://www.youtube.com/watch?v=E5s_6EqZqWg

食べ物関係の案件で仕事をした事のある人ならわかると思うけど
撮影…大変だよね
カメラ映えする盛りつけ、皿や小物類、テーブルセット…照明…そして、材料と
出来上がると、とても充実感があるけど
現場はホント大変

しかし、ヘレンミレル良い…良いわぁ
頑固で強情…私の知っているフランス人とにている
主役のお父さん、その通り、フランス女はわからないのだ…笑

映画の中と同じで
食べ物食べながら『味』で泣いた事がある
とても幸せな経験で思い出
(定食屋だったので、ちょっと恥ずかしかったが…)

-----------

さて
10.13のリリースが近くなって来た
準備は色々しているんですが…MsOfficeのバージョンアップもあって
忙しく、なかなか進まない。
TidBITSにも記事があがっていたが
10.13へのアップデートは、今までのようには行かない
とりあえず
ポイントは2つ

『1回はインストーラーを使ってアップデートしなくてはならない』

これは、痛い…
自宅用で1台だけ…なら良いだろうが
200台弱あるのに…どうすんの…トホホ
インストーラーがファームウェアアップデートをダウンロード実行してから
システムインストールをする…って手順になるので、これは避けれない。

『SSDが強制的にApple File Systemに変換される』

こっちは、サホド痛く無いが、ノート系でのトラブルは、解決に時間がかかる事も多く
利用者も管理側も頭が痛い

まぁ
インストールは

1:ユーザーデータをフルバックアップ(ユーザーデータだけ)
2:アップデートで通常AppStoreからインストール
3:リカバリー領域で起動してフォーマット&クリアインストール
4:アプリ関連をインストールして
5:次回用にディスクをコピーしておいて
6:ユーザーデータを戻す

って
感じかなぁ

以前APFSについて書いた
APFSってたぶん、SSDでも1TBは必須なんじゃないか?
結構ディスクの容量を食う仕組みのような気がしているので
ハード的に、iMacで1TB以下だと厳しいかもしれない
ハードウェアによるパフォーマンス…これは、入れてみるまでわからんか…
そろそろ
自宅用に新しいMacを買わんといかんかなぁ…


自社/自校の Mac の macOS をアップグレードする
https://support.apple.com/ja-jp/HT208020

iOS 11、macOS High Sierra、macOS Server 5.4 の導入準備をする
https://support.apple.com/ja-jp/HT207828

macOS High Sierra の APFS の導入準備を進める
https://support.apple.com/ja-jp/HT208018

|

«The Boy and the Beast