« 【Real】Macでリアル・メディアを変換する | トップページ | 【WMV】MacでWMVウィンドウズ・メディアを変換する[Miro Video Converter] »

【まとめ】MacOSXのデフォルト・アクセス権を変更する。

 
■10.5までのACLsについてはこちら[LINK]新しいウィンドで開きます
■ chflagsについてはこちら[LINK]新しいウィンドで開きます
を参照ください
 

Macintosh
MacOSXのデフォルトのアクセス権の変更方法

ここで言う『デフォルトのアクセス権』とは
新規でフォルダを作成した際に
適応されるアクセス権の事です。


MacOSX10〜10.4.xまでは
TinkerTool[LINK]
使うのが簡単で良いでしょう
基本的には日本語化されていますので
安心して使えます。
また
TinkerToolを使って変更した内容を
簡単にリセットする事も出来ますので
おすすめです。

MacOSX10.5〜10.5.2まではこちら[LINK]の方法

MacOSX10.5.3〜10.6xはこちら[LINK]の方法


MacOSX10.10はこちら[LINK]の方法
[Yosemite]デフォルトのアクセス権を設定する



変更する事が出来ます。

Server管理さているネットワークの場合は
アクセスコントロール[LINK]OpenNewWindow
使うのが定石だと思いますが

小さいネットワークで
ファイル共有機能で共有している場合は
この設定を行わないと
ファイルが削除出来ない等
色々と不具合が出ますね。

参考にしてください。

 

確認していませんが
10.4では
777に設定する場合



defaults write /Library/Preferences/com.apple.finder umask -int 0
chmod +r /Library/Preferences/com.apple.finder.plist
defaults write com.apple.finder umask -int 0



が有効
って記述をしているサイトがあるが[LINK]OpenNewWindow
今となっては確認のしようも無く...w


 
この情報で助かったぁ!な方はぜひ
↓クリック募金をお願いします。     
クリックで救える命がある。

|

« 【Real】Macでリアル・メディアを変換する | トップページ | 【WMV】MacでWMVウィンドウズ・メディアを変換する[Miro Video Converter] »

Permission」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。