« 文字のサイズと法律 | トップページ | JIS Z 8305-1962 活字の基準寸法 »

【iWork】WindowsでPagesとKeynote

Windwosユーザーの方でiWork書類を受け取ってしまって
こまった事のある方は多いのではないでしょうか
PagesKeynoteをWindowsで編集可能な
ソフトウェアはAppleからは出ていません。
他の方法を探さなくてはいけませんね。

slideshare[LINK]OpenNewWindow
利用する事で
ファイルの中身を閲覧する事が可能です。

1004x515_slideshare_01_2

PagesとKeynoteのファイルには対応しています。
まぁ
なんとか中身を見れますし
418x327_slideshare_02_2
テキストバージョンとして
本文中のテキストをコピーする事が出来ます。


PagesとKeynoteは
マイクロソフトのOFFICE製品と互換形式で
保存する事が出来ますので
Pagesならdoc Keynoteならppt形式で書き出してもらうとか
書き出しからPDFにも変換できますので
Macintoshユーザーに変換してもらうのが良いでしょう

まぁ
緊急的に中身を確認したい時には良いのではないでしょうか?
 

また
iWorkはWEB上での公開機能[LINK]OpenNewWindowがありますので

557x168_slideshare_03_2

ファイルの中身を見たいだけなら
ファイルの作者にiWork.com[LINK]OpenNewWindowに公開してもらうのもひとつの手ですね
www.iwork.comは
iTuneで使うAppleIDでログイン出来ますので
利用するのも方法です。
951x629_iwork_01

ログインして共有すれば
534x341_iwork_01
他の形式でダウンロードする事もできますね。
(登録するMacユーザーが他の形式を設定する必要があります)


Macintoshユーザーは
iWork書類を他の人と共有する場合
iWorkのバージョンによる差異もありますので
IWork.Comを利用するのがおすすめです。

 

ちょろっとで良いので中身が気になる人は


Screencapture002206099

ファイルの拡張子をZIPに変更して
解凍します。

すると
パッケージになっていた

Screencapture00220609_95546

クイックルック用のフォルダが
解凍されますので
この中にある
JPGやPDFを見る事で
中身を確認する事ができます。

Screencapture00220609_95607

まぁ
クイックルック用のJPGなので
解像度が低いのですが
まぁ中身気になる人向きですね。


Pagesの場合は
クイックルック用にPDFが入っています

Screencapture00220727_90744jst


これがほぼ
同等の内容になっていますので
Screencapture00220727_90754jst

内容を確認したいだけなら
十分ですね

|

« 文字のサイズと法律 | トップページ | JIS Z 8305-1962 活字の基準寸法 »

iWork」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。