« [Numbers]JANコードのチェックデジットを求める【その2】 | トップページ | [Quartz]iWorkアプリケーションと色の不思議な関係【その1】 »

[QR]QRバーコードを作る(商用向き)【その5】

【その4】[LINK]OpenNewWindow
私はQRバーコード作成では『ベクトルデータ』はおすすめしない
と書きました。

↓このようにベクトルデータで作られたバーコードが
971x412_qr_02


RIPやラスタライズする時に
↓このように線の太りが発生して
622x325_qr_01

バーコードとして『正しくない』物になってしまうからです。
そんな意味でも作成ソフトとして
Barcode Studio[LINK]OpenNewWindowをおすすめしたい所ですが
Barcode Studioはメニューが日本語化されていない
設定値が細かい(ある意味良い事なのですが)ので
難しく思う人が多いと思います

そんなわけで
ベクトルデータのバーコードの欠点
その事を理解して
注意する事で
イラストレータープラグインでも
あらゆる場面で問題なく作成できます。

 


おすすめしないと言いながら
サンプル作成はベビーユニバース製の
『AI2DCode-Pro』[LINK]OpenNewWindow
使って進めていきます。(おいおい...w)

1055x427_qr_03

 

ではイラストレーター用QRバーコード作成のプラグイン
『AI2DCode-Pro』を見ていきます。
このプラグインはとても優れているのが

Screencapture00220624_204345

【その2】[LINK]OpenNewWindow
で書いた
各メーカーの『拡張コード』に全て対応しています。
これで
『各キャリア別に作ってほしい』等の
クライアントからの要求にも
答える事が出来ますね。(実際はあまりないですが)

 
もちろん
フリーテキスト形式にも対応していますので

↓このようなテキストと識別子の混在データにも対応できます。

http://yahoo.com

----ドコモの方はこちら
MEBKM:TITLE:YAHOO;URL:http://yahoo.com;;

Screencapture00220624_204540

 

それではいよいよ実際に作るわけですが
【その3】[LINK]OpenNewWindowで書きました

社団法人 日本雑誌協会の『QR コードについて』[LINK]OpenNewWindowでは
誤り補正のレベルで『Q』を推奨しています


Screencapture00220624_210024

セルサイズは0.35mm以上で良いですね
後はプラグインの方で自動修正してくれますので
あまり気にせずポンと作れます。


Screencapture00220624_204550

 

ちょっと前QRコードの出始めの頃は
携帯電話側で
『バージョン』の対応がまちまちで
QRバーコードのバージョンを『6』まで

作らないと携帯電話側が対応していない
時期がありましたが
最近ではあまり気にしなくても良くなりましたが
Screencapture00220624_210822

それでも
読み取り機器が『携帯電話なら』
バージョン10まで
で作らなくてはいけません。


 

iPhoneや一部携帯の機種では
カメラに『オートフォーカス』機能が無い
機種もあります。

可能な限り
『大きく作る』事で
『エンドユーザーで』読み取り不可
になる事を防ぐ事ができます。

ちゃんと作ってあっても
あまり小さいのは『利用者側で』読まないかもねって事です

【その6】へ続く

  

|

« [Numbers]JANコードのチェックデジットを求める【その2】 | トップページ | [Quartz]iWorkアプリケーションと色の不思議な関係【その1】 »

Barcode2D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。