« [OCR-B]シリアルバーコード3に付属のフォントについて | トップページ | 【神奈川の土産】ありあけ 横濱ハーバー »

[JIS]JIS P 0138 : 1998 紙加工仕上寸法

JIS P 0138 : 1998
紙加工仕上寸法

について
『サイズについて』です
『坪』は別ね。

ISO 216 : 1975
の兼ね合いから
『A版』優先な空気です。

 

A版

呼びA列
A0841×1189
A1594×841
A2420×594
A3297×420
A4210×297
A5148×210
A6105×148
A774×105
A852×74
A937×52
A1026×37


 

B版

呼ひB列
B01030×1456
B1728×1030
B2515×728
B3364×515
B4257×364
B5182×257
B6128×182
B791×128
B864×91
B945×64
B1032×45

 

ラベルシール等
規定値を下回るサイズには
以下のような規定があります。


Force4u00220918_14325

極力A列(版)基準で作るようにとね


 

ちなみに
誤差についても規定があります。

a) 寸法が 150mm 以下のもの ±1.5mm
b) 寸法が 150mm を超え,600mm 以下のもの±2mm
c) 寸法が 600mm を超えるもの ±3mm

A4だと±2mmまではOKと
2mmって結構だと思うのですが

JIS P 0202 : 1998
紙の原紙寸法
 (あのロール状のでかい紙ね)
の誤差の規定が
寸法の許容差は±6 mm とする。
ミリメートルに丸めて±0.5%とする。
ただし,
寸法の 0.5%が 5mm 以上
となる場合は,許容差は±5mm とする。
寸法の 0.5%が 3mm 未満と
なる場合は,許容差は±3mm とする。
としているので

まぁしかたがないのか?と


   

|

« [OCR-B]シリアルバーコード3に付属のフォントについて | トップページ | 【神奈川の土産】ありあけ 横濱ハーバー »

Paper」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。