« [PDF Accessibility]【2】Document Title available【アクセシビリティ】 | トップページ | [PDF Accessibility]PDF Accessibility Checker【アクセシビリティ】 »

[PDF Accessibility]【8】Accessible Font Encodings【アクセシビリティ】

PDFのアクセシビリティ・チェッカーPAC
スイスのaccess-for-all.ch[LINK]新しいウィンドで開きますで配布されている
PDF Accessibility Checker (PAC)で合格を取るためのメモ
一覧はこちら[LINK]新しいウィンドで開きますの記事を参照してください。
 

PDFの作成側の最重要チェック項目になります
PDFのアクセシビリティ
【8】Accessible Font Encodings
判定可能なフォントエンコード
(読み上げ可能って意味のようです)

WCAG 2.0Principle 1: Perceivable
ISO 32000-1:2008Section 9.10.2: Mapping Character Codes to Unicode Values

先にこちらの記事[LINK]新しいウィンドで開きますを読んで欲しいのですが

Windowsだと
MSゴシックやMSPゴシック
Macなら
Osaka等
一部のフォントと一部のアプリケーションにおいて
ユニコードにマップされずにフォントが埋め込まれます。
どんなにタグが付いていても読み上げ順を設定していても
ユニコードにマップされていないと読み上げられません。

PDF作成側で気づきにくいポイントでもありますので
まず最初に確認しましょう!

 

埋め込みでもローカルでも
ユニコードでエンコード(符号化)されている事が求められています。

OKな例として
サンプルフォントは新ゴUDです
Force4u00221111_173518
ユニコードでマップされています。

NGな例として
サンプルフォントはOSAKA等幅です
Force4u00221111_173511
字形としてマップされています

このマッピングについては
こちらの記事[LINK]新しいウィンドで開きますを参考にしてください。


 
【8】Accessible Font Encodings
判定可能なフォントエンコード

WCAG 2.0 Principle 1: Perceivable
原則 1:知覚可能 - 情報およびユーザインタフェースの構成要素は、ユーザが知覚できる方法でユーザに提示可能でなければならない。

ISO 32000-1:2008 Section 9.10.2: Mapping Character Codes to Unicode Values

9.10 ExtractionofTextContent
9.10.2 Mapping Character Codes to Unicode Values
9.10.3 ToUnicode CMaps
10.3で仕組みを解説しています。

字形とユニコード値をCmapで管理しています。
詳しくはこらの記事[LINK]新しいウィンドで開きます

|

« [PDF Accessibility]【2】Document Title available【アクセシビリティ】 | トップページ | [PDF Accessibility]PDF Accessibility Checker【アクセシビリティ】 »

AccessibilityPDF」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。