« [execDialog]ダイアログのmultilineオプション【その4】 | トップページ | Firefox 4のPDFへの対応 »

[execDialog]AcrobatのJavascriptsダイアログ【最終回】

AcrobatのJavascriptsでダイアログ制御の最終回
今迄の経過は
ダイアログの概要[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
【その1】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます【その2】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます【その3】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます【その4】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きますも参考にしてください
 

■起動時に実行させる
■レイヤ制御等
の2点でこのシリーズ?は終わりにします。

まずはファイルを

「LicenseBox.pdf」をダウンロード[PDF]新しいウィンドで開きます

 
■起動時に実行させる

起動時にスクリプトを実行させるのは
ドキュメントレベルのスクリプトになります

文書レベルのJavascriptの編集から
Im00221208_181739

新規に作って行きます
Im00221208_181751

ファンクションに内容を記述して
ファンクションを呼び出す記述をすればOK
Im00221208_181907


サンプルのPDFでは
Im00221208_21746

バージョンチェック後に
ダイアログを呼び出すような内容になっています。

ダイアログは前回やったように
トップレベル(文書レベル)に記述していますので

Im00221208_21825

後でも使えます

 

■レイヤ制御等

レイヤードPDFの
レイヤのON・OFFを使って

Im00221208_112519

見た目を工夫する事が出来ます。

Im00221208_112517

このような動作は
デザイナーさんと相談して決めて行けば良いですね
まぁ
簡単な物なら自分で書いても良いし
素材集とかでも良いですね。


後は
ShowHideを使って

Im00221208_112536

添付パネルのOnOffなんかも良いかもしれません。


 

備考
ok cancelの制御でもやりましたが
Im00221208_112533

こんな風に流れますので

cancelなら『ドキュメントを閉じる』記述をすれば
キャンセルの後にも
アクションを実行させる事ができますね。


マルチライン【multiline: "true"】の
スタティックテキスト【type: "static_text"】は
Im00221208_105604

テキストがコピー出来ますので

住所や電話番号とか.....
URLとか....
メールアドレスとか?
ユーザー名とパスワードとか?
なんだろ後......を表示させるのもアリかも

 
自分まとめ

必要に迫られてドキュメントを見ながら
自分が勉強した感じですが
AcrobatのJavascriptは作法に戸惑いを感じましたが
まぁ
工夫次第で『ある程度』は出来る事がわかりました。

注意点としては
文字コードと改行コードが
実行するマシンに依存するので
現時点では
MacintoshならMacSJISのMac改行
WindowsならWinSJISのWin改行
でないと日本語が通らないのが意外ですね。
まだ
AcrobatのJavaScriptエンジンがUTF8化されていないわけです。
次のバージョンあたりでは
さすがに変更されるかもしれませんが
その時は
フォルダレベルのスクリプトの文字コードを変更しなくてはなりませんね。
ドキュメントに記述されたJavaScriptもどうなるか?

その時が来たら慌てたいと......笑

|

« [execDialog]ダイアログのmultilineオプション【その4】 | トップページ | Firefox 4のPDFへの対応 »

AcrobatDialog」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。