« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

FontStruct

【FontStruct   Build, Share, Download Fonts】


Source:【FontStruct Build, Share, Download Fonts】

Source:FontStruct Build, Share, Download Fonts

|

ProtectedFonts その2

先日の記事LINK
ProtectedFonts のその2

ProtectedFontsは
コマンド「atsutil」を利用して解除する事が出来る
その他atsutilコマンドはフォントキャッシュのクリアに利用出来る

do shell script "atsutil fontprotection -files"


fontprotection

"ALWAYS PROTECTED /System/Library/Fonts/Keyboard.ttf
ALWAYS PROTECTED /System/Library/Fonts/LastResort.ttf
ALWAYS PROTECTED /System/Library/Fonts/LucidaGrande.ttc
ALWAYS PROTECTED /System/Library/Fonts/Monaco.dfont
ALWAYS PROTECTED /System/Library/Fonts/Geneva.dfont
MAY BE PROTECTED /System/Library/Fonts/Helvetica.dfont
MAY BE PROTECTED /System/Library/Fonts/HelveticaNeue.dfont"

do shell script "atsutil fontprotection -fonts"


Website_image00260427_172724_2

"ALWAYS PROTECTED .Keyboard
ALWAYS PROTECTED LastResort
ALWAYS PROTECTED LucidaGrande
ALWAYS PROTECTED LucidaGrande-Bold
ALWAYS PROTECTED Monaco
MAY BE PROTECTED Geneva
MAY BE PROTECTED Helvetica
MAY BE PROTECTED Helvetica-Bold
MAY BE PROTECTED Helvetica-BoldOblique
MAY BE PROTECTED Helvetica-Oblique
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-Bold
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-BoldItalic
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-CondensedBlack
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-CondensedBold
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-Italic
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-Light
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-LightItalic
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-Medium
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-UltraLight
MAY BE PROTECTED HelveticaNeue-UltraLightItalic"

-----フォントプロテクションの状態を調べる
do shell script "atsutil fontprotection -get"

-----フォントプロテクションをONにする
do shell script "sudo atsutil fontprotection -on" with administrator privileges

-----フォントプロテクションをOFFにする
do shell script "sudo atsutil fontprotection -off" with administrator privileges

-----フォントプロテクションの状態を調べる
do shell script "atsutil fontprotection -files"

-----フォントプロテクションの状態を調べる
do shell script "atsutil fontprotection -fonts"

-----ATSサーバーをシャットダウンする
do shell script "atsutil server -shutdown"

-----ATSサーバーの状態を調べる
do shell script "atsutil server -ping"

-----システムのフォントデーターベースを削除する
do shell script "sudo atsutil databases -remove" with administrator privileges

-----ユーザーのフォントデーターベースを削除する
do shell script "atsutil databases -removeUser"


「atsutil.rtf」をダウンロード

「atsutil.scpt.zip」をダウンロード


フォントデーターベースの削除コマンドを実行した後は
セオリーとして
機器の再起動するべき

フォントデーターベースの削除コマンドは
まさに
データーベースの削除になるので
FontBookで停止等している等の情報も削除され
再起動時に全てのフォントが自動アクティベートされる(設定に依存あり)

 

|

FontAgent Pro


FontAgent Pro - The World's Smartest Font Manager


スクリプティングでカユイ所に手が届く感じはいい
う〜ん

|

ProtectedFonts

ProtectedFonts
MacOSXのコアサービス
ApplicationServices.frameworkを維持するのに必要なフォント

ApplicationServicesは以下のサービスを内包する
ATS.framework
ColorSync.framework
CoreGraphics.framework
CoreText.framework
HIServices.framework
ImageIO.framework
LangAnalysis.framework
PrintCore.framework
QD.framework
SpeechSynthesis.framework

その中のATS
Apple Type Servicesの必須フォント

場所は
/System/Library/Frameworks/ApplicationServices.framework/Versions/A/Frameworks/ATS.framework/Versions/A/Resources/ProtectedFonts

内包されているフォントは
Geneva.dfont
Helvetica.dfont
HelveticaLight.ttf
HelveticaLightItalic.ttf
HelveticaNeue.dfont
Keyboard.ttf
LastResort.ttf
LucidaGrande.ttc
Monaco.dfont

LastResortについてはこちらの記事を読んで欲しい


これらのフォントは必須であり
各ドメイン
/System/Library システム
/Library ローカル
/Users/XXXX/Library ユーザー

Fontsフォルダに一度インストールコピーすると
削除出来ないように工夫されている

ProtectedFonts

システムフォント“XXXXXXXXXX”は復元されました。
このフォントは削除されました。Mac OS X では画面にテキストを表示するためにこのフォントが必要です。

Fontsフォルダにインストールされていない
LastResortが利用可能(表示出来る)のはこのような理由から

|

TP明朝


TP明朝


|

5m(200in)を超えるPDFは作れるのか

【Q】5m(200in)を超えるPDFは作れるのか

【A】作れます。
ただしPDFの規格としては規格外


PDF 32000-1:2008の規格では以下のような記載があります

-----ここから引用

The minimum page size should be 3 by 3 units in default user space; the maximum should be 14,400 by 14,400 units. In versions of PDF earlier than 1.6, the size of the default user space unit was fixed at 1⁄72 inch, yielding a minimum of approximately 0.04 by 0.04 inch and a maximum of 200 by 200 inches. Beginning with PDF 1.6, the size of the unit may be set on a page-by-page basis; the default remains at 1/72 inch.

-----ここまで引用

規格としては
解像度72dpiで200インチ(約5m)までとなります
そのため、AcrobatReader等では5Mを超えるPDFは200インチ内に収まるサイズとして
表示されるようです。

ただし、PDF作成ソフトや表示ソフトによっては
規格に対しての組み込み方法が異なる物もありますので
アップルのプレビュー等では以下のような5Mを超えるPDFを作る事が出来ます

Website_image20140410_234658

72ppiで作成していますので
幅で
イメージサイズとメディアボックスが
21600÷72で300インチ(7.62mの幅)のPDFを作成できていますね

厳密には規格外ですが
質問者の環境はわかりませんが
作成出来るソフトウェアがあると思います。


Adobe Community: 5m以上のスキャン画像をPDF変換できない
http://forums.adobe.com/message/6260013

答えてみました


|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »