« 【過去記事フォロー】Microsoft 標準 CMYK プロファイル | トップページ | 良くも悪くもsRGBなのかも… »

【Quartz】良くも悪くもiOS時代はカラーマネージメントなのだぁ(バカボンのパパ風)

もう4年も経つのかぁ…
昔作ったスクリーンキャスト
[COLOR]出力インテントとICCプロファイル
https://www.youtube.com/watch?v=TsvREEKZH4c

内容的にはダイブかぶるが、iPhone+iOSの画面を見ている人が多いわけなので
Quartzやらカラーマネージメントやらを意識しないと
作成者も閲覧者も「期待値としての色」を再現できない事になっているわけです。

先日
Quartzクオーツアプリケーションについて書きましたが
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/01/quartzrgbillust.html
その2です。
ここでは、画面表示のみを扱います。
印刷データについては、またの機会に…(ないな…笑)

元ネタははこちら
Technical Note TN2313
Best Practices for Color Management in OS X and iOS
https://developer.apple.com/library/ios/technotes/tn2313/_index.html


まずは「あのオネェさん」に登場願いましょう!

Iso400_srgb

↑の画像は

Website_image00270201_191457

sRGBのプロファイルを付けてあります。

DeviceRGB=表示する『色』はデバイスに依存する
ではなく
ICCBased=表示する「色」は添付されているプロファイルによって演算される
てな感じになります(まぁ端折って言うとって感じですが)


では、ここからが実験コーナー(なんだそれ)
まずは、RGBを入れ替えたICCプロファイルを作ります。

Website_image00270201_182210


「R2G-G2B-B2R.icc.zip」をダウンロード

R2G-G2B-B2R 赤→緑 緑→青 青→赤に置き換えるような
超極端なプロファイルです。
(ホワイトを変更していないのでグレーについては変らず表示されます)
これを
元画像

Website_image00270201_182440


添付して
保存します。
すると
出来上がるのが

Website_image00270201_182450


ちょっと顔色の悪い(ちょっとじゃない…)オネェさんの画像

Iso400_r2gg2bb2r


出来上がります。
これを
標準の『モニタープロファイル』でモニター表示します

Website_image00270201_190331

左から
プレビュー ファイアーフォックス サファリ になります

Website_image00270201_202326

全てのアプリケーションで
添付されているICCプロファイルを「解釈」して
画面表示しています。

あくまでも、この画像はカラーマネージメントしないで表示すると通常の色の画像ファイルです。

それでは
モニタープロファイルを変更してみましょう


Website_image00270201_190415

モニタープロファイルに
画像に添付されているプロファイルと同じ
RGBを置き換えたプロファイルを指定します。
すると

左から
プレビュー ファイアーフォックス サファリ 

Website_image00270201_200831


いった感じに表示されます。

プレビューとサファリはクオーツによって
ファイルのICCプロファイルを解釈した後に
モニタープロファイルに照らし合わせて色を演算表示しています
ファイアーフォックスだけが
「モニタープロファイルを考慮しない」表示となっているわけです。

それが下の図って事になります

Tn2313_whathappensinappall


サファリやプレビューにクロームと
実装についてはバラツキがあるものの
OSXでもiOSでも、カラーマネージメントは、無視出来ない(時代)になったわけです。

で?
上記の実験結果をふまえて
現時点で言えば…
WEBや携帯用コンテンツも
カラーマネージメントした方が良いと言えるのではないでしょうか?
(もちろん、プロファイル分ファイルサイズが増えますので、適材適所って言うか、必要な部分はプロファイル付き等の使い分けは重要ですけど)


Adobe Illustratorバージョン5.5〜10を業務で使っていた世代に多いのが
カラーマネージメントを信用していない
この設定

Website_image00270201_204334

たしかに
当時はRIPの実装や印刷屋さんも知識が乏しく
制作側も良くわかっていなかったので
まぁ、しかたがない時期でしたが
そろそろ
「ちゃんと」カラーマネージメントしないとダメな時代ですよ〜♪

いった感じです。


AppleのMail(私の中では最悪なメーラーです)なんかも
PDFのインライン表示をするようになり
(これが、機能的にはプレビューで表示されるので)
携帯で添付を見る人も多くなって来た今日この頃
Quartzクオーツがある事を知っておいた方が良いですね。

ファイル(特にPDFだけど)を送信した相手が
クオーツアプリで見ているとしたら…

カラーマネージメントされたファイルであるべきです。
(プロファイルを付けるのとカラーマネージメントはまぁちょっとナニだけど…汗)


ちなみに
モニタープロファイルにRGBを置き換えたプロファイル
Photoshopでも同じRGBを置き換えたプロファイルを指定した場合
オネェさんは

Website_image00270201205343


ですよ


しかし
このおねぇさん、今いったい何歳ぐらいだろ…会いたいなぁ…いや…自粛

  

|

« 【過去記事フォロー】Microsoft 標準 CMYK プロファイル | トップページ | 良くも悪くもsRGBなのかも… »

Colors」カテゴリの記事