« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

[SourceHanSans]源ノ角ゴシックVersion 1.002

source-han-sans源ノ角ゴシックがアップデート
業務で利用されている方は更新した方が良いでしょう
ちなみに
私はWEB以外、紙媒体やPDFメディアでは利用するのをヤメました。
紙媒体はやっぱりPDFが付いて回るので、使うのをヤメています。
派生フォントも含めて、源ノ角ゴシックは『様子見』としました
ちょっとまだ早いかな。

Website_image00270429_115119

ソースのダウンロードはこちらから

Website_image00270429_115612


|

[Acrobat]フルスクリーンの設定項目

Website_image00270426_111033

業務先の展示会でモニター表示用にPDFを加工したので
メモがてら
細かい設定はボタン内を見てください

//10.6での画面ズレ対策のためツールバーを格納
app.toolbar = false;
//カーソルの有無 cursor.delay cursor.visible cursor.hidden
app.fs.cursor = cursor.delay
//トランジション;
app.fs.defaultTransition = "UncoverLeftDown";
//ページをめくるタイミング 秒
app.fs.timeDelay = 2;
//クリック有効にするか true false
app.fs.clickAdvances = true;
//タイマー使うか true false
app.fs.useTimer = true;
//ページタイミング使うか true false
app.fs.usePageTiming = true;
//ループさせるか?させないか? true false
app.fs.loop = true;
//背景色
//Transparent color.transparent
//Black color.black
//White color.white
//Red color.red
//Green color.green
//Blue color.blue
//Cyan color.cyan
//Magenta color.magenta
//Yellow color.yellow
//Dark Gray color.dkGray
//Gray color.gray
//Light Gray color.ltGray
app.fs.backgroundColor = color.white;
//フルスクリーン実行
//SDKの文書には『FullScreen』になっているが11では『FullScreenMode』
app.execMenuItem("FullScreenMode");
//↓このコマンドでもフルスクリーン実行になる
//app.fs.isFullScreen = true;


SDKの文書に誤りがあり
app.execMenuItemを利用する場合は
FullScreenではなくFullScreenModeになる(ver11限定かも)


「app.fs.defaultTransition.pdf」をダウンロード

11で対応しているトランジッションは以下の76種類
UncoverLeft
UncoverRight
UncoverDown
UncoverUp
UncoverLeftDown
UncoverLeftUp
UncoverRightDown
UncoverRightUp
CoverLeft
CoverRight
CoverDown
CoverUp
CoverLeftDown
CoverLeftUp
CoverRightDown
CoverRightUp
PushLeft
PushRight
PushDown
PushUp
PushLeftDown
PushLeftUp
PushRightDown
PushRightUp
FlyInRight
FlyInLeft
FlyInDown
FlyInUp
FlyOutRight
FlyOutLeft
FlyOutDown
FlyOutUp
FlyIn
FlyOut
Blend
Fade
Random
Dissolve
GlitterRight
GlitterDown
GlitterRightDown
BoxIn
BoxOut
BlindsHorizontal
BlindsVertical
SplitHorizontalIn
SplitHorizontalOut
SplitVerticalIn
SplitVerticalOut
WipeLeft
WipeRight
WipeDown
WipeUp
WipeLeftDown
WipeLeftUp
WipeRightDown
WipeRightUp
Replace
ZoomInDown
ZoomInLeft
ZoomInLeftDown
ZoomInLeftUp
ZoomInRight
ZoomInRightDown
ZoomInRightUp
ZoomInUp
ZoomOutDown
ZoomOutLeft
ZoomOutLeftDown
ZoomOutLeftUp
ZoomOutRight
ZoomOutRightDown
ZoomOutRightUp
ZoomOutUp
CombHorizontal
CombVertical

|

【LINK】ムービーツール(オランダ産)リンクのみ

Website_image00270425_171739

インターレース解除やクリーナー等の
ちょっとしたツール


|

【LINK】全てのページにリンクオブジェクトを付加する

Website_image00260812_215029

issuuのリンク付加に対応
PDF全てのページにリンクを付けます。

アドオンツールから実行で

Website_image00260812_223938


ダイアログに入力したURLで全てのページにリンクを付加します


Website_image00260812_223949

//
//setLinkAllPage.js
//20140812 v1
//ダイアログで入力されたURLを
//全てのページへリンクオブジェクトとして付加します
//Detected linksに対応
//Arobat 11 OSX 10.6.8 にて確認
//インストール先は
//ディスク名/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/11.0/JavaScripts


//処理部
function setLinkAllPage(){
//まずはコンソール(デバッガー)を出さないと
//結果が見れませんので出しておきます
//console.show();
//URL入力用のダイアログ
var strResponse = app.response({
cQuestion: "リンクオブジェクト用のURLを入力",
cTitle: "URLを入力してください",
cDefault: "http://",
cLabel:"入力:"
});
//デバッグ用のコンソールログ
console.println(strResponse);
//繰り返しのはじまり
for ( var i=0; i < this.numPages; i++)
{
//Cropサイズを取得
var cropBox = this.getPageBox("Crop",i);
//デバッグ用のコンソールログ
console.println('cropBox: ' + cropBox + ' ');
//rectの4つの値をそれぞれに分ける
var numXll = cropBox[0];
var numYll = cropBox[1];
var numXur = cropBox[2];
var numYrl = cropBox[3];
//少数点以下を切り捨て
var numXll = Math.floor(numXll);
var numYll = Math.floor(numYll);
var numXur = Math.floor(numXur);
var numYrl = Math.floor(numYrl);
//デバッグ用のコンソールログ
console.println('numXll: ' + numXll + ' ');
console.println('numYll: ' + numYll + ' ');
console.println('numXur: ' + numXur + ' ');
console.println('numYrl: ' + numYrl + ' ');
//幅
var linkWidth = numXur;
//高さ
var linkHeight = numYll;
//並び替えてリンクオブジェクトのサイズにする
var linkRect1 = [0,linkHeight,linkWidth,0];
//↑ここはお好みで↓このように設定しても良いですね(左下にリンク部)
//var linkRect1 = [0,100,320,0];
//リンクオブジェクトを作成
var lhLink = this.addLink(i, linkRect1);
//リンクオブジェトにリンクを設定
lhLink.setAction("app.launchURL('" + strResponse + "');");

//ボーダーカラーは白
//lhLink.borderColor = color.white;
//デモ用の赤ボーダー
lhLink.borderColor = color.red;
//ボーダー幅は1px
lhLink.borderWidth = 1;
//繰り返しの終わり
}
//処理の終わり
}

//拡張メニュー本体
app.addToolButton({
cName: "setLinkAllPage",
cParent: "Annots",
cExec: "setLinkAllPage()",
cEnable: "event.rc = true",
cMarked: "event.rc = false",
cTooltext: "リンクを全ページに付加します",
nPos: -1,
cLabel: "setLinkAllPage"

});

----------------------------

「setLinkAllPage.js.zip」をダウンロード

https://github.com/force4u/setLinkAllPage

|

クリミナル・マインド FBI行動分析課 第5シーズン第16話 母の祈り

Criminal Minds Season 5 Episode 16
Mosley Lane
母の祈り

Hope Is The Thing With Feathers, That Perches In The Soul, And Sings The Tune Without The Words, And Never Stops At All.
Emily Dickinson
http://En.Wikipedia.Org/Wiki/Emily_Dickinson


「希望は魂の枝にとまる一羽の小鳥。言葉のない調べをさえずり、決して休むことがない」
エミリー・ディキンソン
Http://Ja.Wikipedia.Org/Wiki/エミリー・ディキンソン


Fredrik - Omberg

Website_image00270412_183009


Tipper - Illabye

Website_image00270412_183251


|

[QuickTime]ムービーが保存出来ない(ムービーに不正な時間情報が含まれています。)

QuickTimeで『ムービーに不正な時間情報が含まれています。』のエラーが出て
ムービーファイルを保存出来ない場面は色々あります。
今回の例はあくまでも「ケース」ですので…

Website_image00270411_235517

こんなメッセージで保存出来ない場面です

今回のケースで共通しているのは
インスペクタでの「データ容量」が0バイト

Website_image00270411_235545


データ内にメタデータが書き込まれている


Website_image00270411_235614

ムービーのプロパティで
同じように
『データレート』が0になっている

Website_image00270411_235754

これは
ffmpegのMetadataで
major_brand : mp42 で発生する(と、私は勝手に思っている)
(QuickTimeが解釈できないんじゃないか?と…でも…
MS-MPEG4 v1 & v2はPerianが対応している…どうなんだろう…)
(PerianのMS-MPEG4 v1 & v2は再生は出来るが保存出来ない…って事かも…)


Website_image00270412_00244


解決策は、先日記載した
[MPEG-DASH]YouTubeビデオをダウンロードする。(2014-15版)
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/04/mpeg-dashyoutub.html

でも
記載しましたが、「私の場合は」
ffmpegを通して解決しています。
構文は以下
ffmpeg -i ビデオファイル  -strict -2  出力ファイル 

/usr/local/bin/ffmpeg -i /Users/Shared/Downloads/input.mp4 -strict -2 /Users/Shared/Downloads/output.mp4


|

ViaFTP 無料なライト版もあります

ViaFTP

Website_image00270411_131842


http://naarakstudio.com/viaftp/


|

Neue Haas Unica

Neue Haas Unica Thinがお試しダウンロード

Website_image00270409_233926


http://www.monotype.com/libraries/neue-haas-unica/


他の書体も1書体はお試しダウンロード可能になってるのね

|

Viper FTP

Website_image00270509_01247

無料のライト版もあります
http://viperftp.com/


|

UNICODE EMOJI(Diversity:多様性)

9095e04a

http://www.unicode.org/reports/tr51/#Diversity

絵文字は何処へ向かって行くのか…(でも、選べる事は良いね)

|

[MPEG-DASH]YouTubeビデオをダウンロードする。(2014-15版)

MPEG-DASHとなったYoutubeのビデオをダウンロードして
QuickTimeで再生可能なフォーマットに変換します。
最近は便利なツールが出ていますが
MPEG-DASH形式のビデオとサウンドをQuickTimeで再生可能なフォーマットに変換します。

1:ffmpegをダウンロードインストールする(必須)
2:YouTubeからビデオをダウンロードする
3:YouTubeからサウンドをダウンロードする
4:ビデオとサウンドを結合する

おおまかな流れは以下


Website_image00270405_160908

------------------------------
1:ffmpegをダウンロードインストールする(必須)

https://www.ffmpeg.org/

ソースからコンパイルしても良いですし
コンパイル済みのバイナリーを入手しても良いでしょう
http://evermeet.cx/ffmpeg/

32bit版はこちらから(64bit版もあります)
http://ffmpegmac.net/


--------------------------------
2:YouTubeからビデオをダウンロードする
3:YouTubeからサウンドをダウンロードする


以前紹介した方法と同じです
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2012/01/youtubesafariyo.html

Safariで行ないます。
(Chromeだとmp4ではなくWEBM形式になるので、解りやすくするためです)
サウンド部とビデオ部にわかれています

Website_image00270405_141122

この部分のURLを
コピーして


Website_image00270405_141141


rangeを書き換えます

Website_image00270405_164117


書き換えたURLをダウンロードします。
ビデオとサウンドをそれぞれダウンロードしましょう

Website_image00270405_164655

ダウンロードすると以下のようになります

Website_image00270405_164815


このファイルはDASH形式なので、そのままではQuickTimeで再生出来ません。

Website_image00270405_165002


------------------------------
4:ビデオとサウンドを結合する

ffmpegを利用して、ビデオとサウンドを結合JOINします。

構文は以下
ffmpeg -i ビデオファイル -i サウンドファイル  -acodec copy -vcodec copy 出力ファイル

ちなみに自分の場合は以下

/usr/local/bin/ffmpeg -i /Users/Shared/Downloads/videoplayback.mp4 -i /Users/Shared/Downloads/videoplayback.m4a -acodec copy -vcodec copy /Users/Shared/Downloads/output.mp4

Website_image00270405_165628


すると
mp4ファイルが出来上がります。

Website_image00270405_165823

再生可能で音もチャンと出るようになります。

Website_image00270405_170147

|

CollectForOutput

CollectForOutputで
埋め込み画像もリンク先(元の)が通れば
保存したいとの要望


Collectforoutput0


現場でちょっとたのまれて、変更して利用してもらった


Collectforoutput1

制御としては間違っているとは思うが
その場で対応だったので、結果が良ければ良い…的な…笑

「CollectForOutput.rtf」をダウンロード


|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »