« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

【PANTONE】Fashion Week Fall/Winter 2018

NY Fashion Week Fall/Winter 2018

Website_image00300217_224803
https://www.pantone.com/fashion-color-trend-report-new-york-fall-winter-2018


London Fashion Week Autumn/Winter 2018


Website_image00300217_224816
https://www.pantone.com/fashion-color-trend-report-london-autumn-winter-2018


Fall/Winter 2018 Classic Color Palette


Website_image00300217_224807

https://www.pantone.com/fashion-color-trend-report-london-autumn-winter-2018

こちらのインストールファイルをアップデートした
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2017/12/install-pantone.html

|

Grace Is Gone|さよなら。いつかわかること

Graceisgone

https://www.youtube.com/watch?v=CvdU-rnpS9w

クリントイーストウッドはずるい… 本当にずるい…
(しかし…アメリカ人はこの手の演出は嫌いなはずだけど…)

エンドロールに流れる歌の歌い出し
『Can't find all the words yet 』

-----------------------------------------
ふくしまの伝統色

Website_image00300214_70835

パンフレット

Website_image00300217_175821

結構ドキドキする

Website_image00300217_202256

なぜ…なぜ…ここだけ…


http://www.f-pia.com/traditional_colors/


「color-of-fukushima.ase.zip」をダウンロード


------------
全国団扇扇子カレンダー協議会
(名前がすごいな…)
カレンダー虎の巻… なかなか良くで来ている。参考資料のフォルダに格納

Website_image00300217_201125

http://zenkyo.net/

|

【AppleScript】ウィンドウの位置を保存/復元する

10.6で使っていたものを10.11まで利用可能にした
自分用で使っているものなので
デバックも中途ハンバだし
エラー制御もアマアマですが、まぁ使える環境もあるのかな?
まぁ使ってみてよ<<山×さん
--------------------------------------------
反省点
設定ファイルはテキストを使っていたのですが
欲かいて… plist使ったら…ユニコードのエスケープ処理とか入ってしまって
重い…動作が…

『やっつけ』処理多数(やっつけ=動作すれば良しとする)

これは…製品版とか?を買った方が良いかもなぁ…トホホ

--------------------------------------------
制限事項
1:アクセシビリティ設定が必要
2:フォルダ名に制限があります
3:サブモニタやスペースには対応していません。
4:ネットワークドライブはマウントしていないと動作しません
5:外付けHDDで同名のドライブがある場合は正しく動作しません。

----------
■1:アクセシビリティ設定が必要
10.6-10.8
Image00300214_211118_2

10.9-10.11
Image_20180213_104104

SystemUI Serverの登録は以下のように
ドラッグ&ドロップで

20180214_125646

上記の処理をしないと
スクリプトメニューから実行するとエラーで止まります

Image_20180213_104036

--------------------------------------------
■2:フォルダ名に制限があります

区切り文字に『,』『=』を使っています
フォルダ名に『,』『=』があると正しく動作しません。

一般的な禁則文字や記号がフォルダ名にあると正しく動作しません。
--------------------------------------------
■3:サブモニタやスペースには対応していません。

シングルモニタのメインスペースのみ
『全部閉じてから開く』を選択すると他のスペースにあるウィンドも閉じます

サブモニターのあるiMacで確認したら動作したので
デュアルモニタ構成でも大丈夫かも…
--------------------------------------------

インストールしたら
スクリプトメニューから利用します

Website_image00300215_225038

--------------------------------------------
ウィンドウを保存する.scpt

今のウィンドウの状態を保存します

Website_image00300215_225050

設定名=前面のフォルダ名+日付けになっています

--------------------------------------------
ウィンドウを呼び出す.scpt

最初に
『今あるウィンド』を『残す』か『全部閉じてから開くか』を選びます

Website_image00300215_225109

その後で
戻したい設定を選んで実行

Website_image00300215_225358

--------------------------------------------

ツールの中には単機能のツールが入っています

Website_image00300215_225745

--------------------------------------------

インストーラーを使ってインストールする
「install.scpt.zip」をダウンロード

インストーラーを使わずに
自分で展開する場合はこちら
save-finder-window.zip

|

BACKDRAFT

Backdraft

久しぶりに見たら…結構良いじゃん…サントラも良いし
兄弟、同僚、仕事、家族、政治…とてんこ盛り…
TVドラマシリーズのER同様の『ルーキーの成長』系
死にオチなのが、残念…

『死』より脚本家の渾身のセリフや、演技で見せて欲しいんだよねぇ…

--------------------

MacOS Serverの機能が縮小する事が記事で出ている
https://support.apple.com/ja-jp/HT208312

まぁ、書いてある通り、ストレージぐらいにしか
利用していないが、各サブネット毎に設置している

WEBサーバーサポート中止は、中小のネットワーク管理者には痛いかな…


--------------------
『テキストに入力してある単語の順番を名前順にしたい』
https://okwave.jp/qa/q9427911.html

反応

tell application "TextEdit"
set theText to (text of front document) as text
end tell
set theCntLine to 1
set theAnsLine to ""
set AppleScript's text item delimiters to "\n"
set theList to text items of theText as list
set AppleScript's text item delimiters to ""
set listSortedText to doSortList(theList)
set numCntList to (count of listSortedText) as number

repeat (numCntList) times
set theReturnLine to (item theCntLine of listSortedText) as text
set theReturnLine to (theReturnLine & "\n") as text
set theAnsLine to (theAnsLine & theReturnLine) as text
set theCntLine to theCntLine + 1
end repeat

log theAnsLine

tell application "TextEdit"
make new document with properties {name:"並び替え後", text:theAnsLine}


end tell





on doSortList(theList)
set theIndexList to {}
set theSortedList to {}
repeat (length of theList) times
set theLowItem to ""
repeat with a from 1 to (length of theList)
if a is not in theIndexList then
set theCurrentItem to item a of theList as text
if theLowItem is "" then
set theLowItem to theCurrentItem
set theLowItemIndex to a
else if theCurrentItem comes before theLowItem then
set theLowItem to theCurrentItem
set theLowItemIndex to a
end if
end if
end repeat
set end of theSortedList to theLowItem
set end of theIndexList to theLowItemIndex
end repeat
return theSortedList
end doSortList

ぷぷ
ほとんど
こちらのコピペで…汗
https://developer.apple.com/library/content/documentation/LanguagesUtilities/Conceptual/MacAutomationScriptingGuide/ManipulateListsofItems.html

「TextEdit-2-sort.scpt.zip」をダウンロード

「TextEdit-2-sort.scpt.zip.rtf」をダウンロード


--------------------
lifehacker
『アメリカ人が映画館を避けるようになった理由』
https://www.lifehacker.jp/2018/02/heres-what-would-make-going-to-the-movies-worth-the-mon.html

反応

私の場合は『途中に一時停止出来ないから』だな…
原因は『トイレ』

歳とったのもあって、トイレ近いんだよね…
映画館ではビール飲むし…
試写とかいく時は、朝から水分コントロールするし
利尿作用の高い物は避けたりするしね…

|

剣客商売

820x312

杏ちゃんカワイイ…コメディセンス良いし 声力もなかなか
殺陣はもう少しだけど
『ごちそうさん』では好きにはならなかったのに
時代劇で好きになっちゃった…ホワン♥

----------------------------------------------

今の現場に、未経験の若い人が入った
デザイナーではなく、システム関連要員

未経験…まぁ 誰しも『最初』は未経験なので
色々説明するのですが…
まぁ

デザイナーさんは、メールの『全ては』読んでいないとか


例えば
こんな記事があります(実際はメールでの例えでしたが)


Website_image00300203_205527_2
-----

デザイナーさんは、『システム関連のメールは』この程度しか読んで無いよ…といった感じ…苦笑

Website_image00300203_205537_2


そう…
デザイナーさんって『字(特に長文)』を『絵』としてインプットしてんじゃないかな?

思う時『あるある』です。
文系、理系で言う『斜め読み力』低めの人が多いしね…
(あっ、みんなが『そうだ』とは言わないです…笑)

----------------------------------

仕事の話しで、こんな説明をしました
例えば
フォルダ名に日付けを付ける処理を依頼されたとします

Website_image00300203_204616

普通は…普通に日付けを付ける処理を作ります

Website_image00300203_204952


でも
その処理は『どんな時』に『どんな風に』必要か?を
見せてもらえば

実際は
『元になるフォルダ』を『コピー』してから

Website_image00300203_202316

とか
すでに『日付け』が付いていたりとか

Website_image00300203_210621

そのような状態からの処理になるので

例外処理も数限りなくあるで
エラー処理や処理の分岐はホドホドで良いですが
その『実際』にあうように設計が必要って事です。とか…説明した

Website_image00300203_204655

Website_image00300203_210755

フォルダ名に日付けを付ける
(Finderスクリプトメニュー用)
業務用に書いた物はそのままは外に出せない契約なので
簡易版

フォルダのリネームに限定しているがkindの所の戻り値が『書類』なら
別の分岐を作ればファイルでもいける


(*
フォルダ名に日付けを追加する
201802003 初回作成

*)

---設定項目
---フォルダ名 と 連番をツナグ文字
set theFileNameSep to "_"

---日付けと時間
set theNowTime to (my doDateAndTIme(current date)) as text
---ファインダ呼び出し
tell application "Finder"
---選択範囲をリスト形式で取得
set listSelectObj to selection as list
end tell
---リストの数を数える(繰り返し数)
set numListLine to (count of listSelectObj) as number
---リストから取得する処理位置の初期化
set numLine to 1 as number
---繰り返し処理の開始
repeat numListLine times
---データを取得
set aliasDataListLine to (item numLine of listSelectObj) as reference
---取得したデータの種類を取得
set objKind to kind of aliasDataListLine
---取得したデータがフォルダなら処理する
if objKind is "フォルダ" then
---リネーム用にファインダを呼び出し
tell application "Finder"
---フォルダの名前を取得
set theFolderName to name of aliasDataListLine as text
---フォルダ名の最後の2文字が" 2"だったら
set numCntFolderName to the length of theFolderName
---最後の2文字" 2"を取るったオリジナルのフォルダ名
set theCopyFolder to (characters (numCntFolderName - 1) thru numCntFolderName of theFolderName) as text
---" 2"だったら
if theCopyFolder is " 2" then
---" 2"を取ったフォルダ名にする
try
---最後の2文字を取ったフォルダ名
set theFolderName to (characters 1 thru (numCntFolderName - 2) of theFolderName) as text
---この後の日付け処理用に2文字分少ないフォルダ文字数にしておく
set numCntFolderName to (numCntFolderName - 2) as number
end try
end if
---最後から9文字目が区切り文字だったら
set theCopyFolder to (character (numCntFolderName - 8) of theFolderName) as text
---"_"だったら
if theCopyFolder is "_" then
---"_"と日付けを取ったフォルダ名にする
set theDateNumber to (characters (numCntFolderName - 7) thru numCntFolderName of theFolderName) as text
try
---最後の8桁が日付け形式なら数値になる エラーなら処理しない
set theDateNumber to theDateNumber as number
try
set theFolderName to (characters 1 thru (numCntFolderName - 9) of theFolderName) as text
end try
on error
---
end try
end if
---変更後のフォルダ名を整形
set theNewFolderName to (theFolderName & theFileNameSep & theNowTime) as text
---フォルダ名を変更
try
set name of aliasDataListLine to theNewFolderName
end try
end tell
---処理終了
end if
---リストから取得する処理位置の初期化のカウントアップ
set numLine to numLine + 1 as number
---繰り返し終了
end repeat






--------------------------------------------------#ここからサブルーチン
to doDateAndTIme(theDate)
set y to (year of theDate)
set m to my monthNumStr(month of theDate)
set d to day of theDate
set hms to time of theDate
set hh to h of sec2hms(hms)
set mm to m of sec2hms(hms)
set ss to s of sec2hms(hms)
--return (y as text) & my zero1(m) & my zero1(d) & "_" & zero1(hh) & zero1(mm) & zero1(ss)
return (y as text) & my zero1(m) & my zero1(d)
end doDateAndTIme

------------------------------
to monthNumStr(theMonth)
set monList to {January, February, March, April, May, June, July, August, September, October, November, December}
repeat with i from 1 to 12
if item i of monList is theMonth then exit repeat
end repeat
return i
end monthNumStr
------------------------------
to sec2hms(sec)
set ret to {h:0, m:0, s:0}
set h of ret to sec div hours
set m of ret to (sec - (h of ret) * hours) div minutes
set s of ret to sec mod minutes
return ret
end sec2hms
------------------------------
to zero1(n)
if n < 10 then
return "0" & n
else
return n as text
end if
end zero1

「rename-folder-plus-date.zip」をダウンロード


「rename-folder-plus-date.rtf」をダウンロード

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »