AccessibilityInDesign

[Accessibility]InDesignでのアクセシビリティ設定の基本

私はInDesignをあまり使う環境にいないので
ディープなInDesignerの方は参考程度でお願いします。

AccessibilityPDFを作成する場合の
InDesign的な基本は

■各種スタイルがタグに紐付く
■『構造』の順番が読み上げ順に
■『ブックマーク』がしおりに

3つがポイントで
これをこなせば、まぁ...だいたい....いい感じで
元データとしてのAccessibilityPDFが出来ます。

どう作っても後でAcrobatやLiveCycleでの修正や設定は
ある程度必要ではあります。

 

■各種スタイルがタグに紐付く

Accessibility001

文字・表・段落のそれぞれの設定を
タグに紐付けてPDFに書き出す事で一環したタグの生成が出来る
(訂正するにしても一環している事でわかりやすい)

テキストフレーム等に対しても
タグ付けするわけですが
Im00221125_20212
この後に出てくる『構造』の所でやっても良いですね

 
■『構造』の順番が読み上げ順に

Im00221125_22548

構造のタブで表示されている順番がそのまま
読み上げ設定時の順番になりますので
ある程度はInDesignでの制作段階で順番を見ておくと
カタログ等構造が複雑な物の場合は後行程のPDF上での調整がスムーズになりますね。

ちなみに
構造順は各オブジェクトの制作順にちょっと関係ありますね

 
■『ブックマーク』がしおりに
これは何も解説必要ないですね。

PDFのしおりに入れ子構造を持たせる場合は
AcrobatやLiveCycleでの編集になる


 


文字スタイル
段落スタイル
表スタイル

の3点をきちんと作業者内で共有して

『段落設定○○』のタグはH2で設定

等ルールを作り
デスク回りに常備しておけば良いですね。

ただ
InDesignで制作されている方にとって
Accessibility対応のタグ付けや構造化は
結構な負担になると思います。
Accessibility設定されたPDFを作る場合
InDesignで制作される方の協力が無いと
かなり厳しいって事になります。

職場や現場で勉強会のような事をしないと
各作業者の理解が得られずに
上手く業務が回らないかもしれませんね。

講師呼んで勉強会やるのが簡単だけど費用がねぇ
かと言って
自分で資料作って勉強会も大変です。
なかなかなぁ〜遠い目線

「tags.xml」をダウンロード

| | コメント (0)

PDF Accessibility Tags【アクセシビリティ・タグ】

PDFのアクセシビリティ・タグの一覧
インデザインのタグとの対比表(CS4)

TAGS英語表記日本語表記InDesign構造Tag
画像画像画像
<Art>ArticleアーティクルArticle
<Annot>Annotation注釈 
<BibEntry>Bibliography Entry目録エントリ
<BlockQuote>Block Quoteブロック引用
<Caption>Captionキャプション 
<Code>Codeコード 
<Div>Division分割 
<Document>Document文書Root
<Figure>FigureArtifact
<Form>Formフォーム 
<Formula>Formula数式 
<H>Heading見出し
<H1>Heading Level 1見出し 1H1
<H2>Heading Level 2見出し 2H2
<H3>Heading Level 3見出し 3H3
<H4>Heading Level 4見出し 4H4
<H5>Heading Level 5見出し 5H5
<H6>Heading Level 6見出し 6H6
<Index>Indexインデックス 
<Lbl>Labelラベル 
<Link>Linkリンク 
<L>List箇条書き 
<LI>List Item箇条書き項目 
<Lbody>List Item Body箇条書きボディ 
<Note>Noteノート 
<P>Paragraph段落P
<Part>Part部分 
<Quote>Quote引用 
<Reference>Reference参照 
<Sect>Sectionセクション 
<Span>Spanスパン 
<Table>Tableテーブル 
<TD>Table Data Cellテーブルデータセル 
<TH>Table Header Cellテーブルヘッダセル 
<TOC>Table of Contents目次 
<TOCI>Table of Contents Item目次項目 
<TR>Table Rowテーブル行 


 


『画像』タグについての備考
(ちょっと自信ない)
Force4u00221111_102841

日本語表記が『画像』に対して
タグ表記も『画像』になっている。(これでいいのか?)

AdobeTV上での表記は以下のようになっていて

Force4u00221111_92401

CS5から少し変わったのか?
当方CS4につき確認しておりません
あしからず

 

これはCS5からと思われるが

Acrobat9と互換の無いタグもある

Force4u00221111_185744

Story ストーリー

です。

CSのバージョン混在環境では
このストーリータグ

画像タグ
の振る舞いをルールにしておく必要がありますね。

 

PDF 32000-1:2008
PDF 1.7には
上記以外にもタグが設定されています。

詳しくはPDF 32000-1:2008を見て欲しいですが
NonStruct、Private
日本語用には
Ruby Warichu
ルビに割り注なども用意されています。
Table 339 – Standard structure types for Ruby and Warichu elements

| | コメント (0)

[Adobe]PDFのアクセシビリテイ【InDesign】

アクセシビリティなドキュメントとして
PDFを作成するのには『InDesign』が最適です!ってビデオ
(自画自賛な気もするが.....笑)


Force4u00221108_02433

Accessibility @ Adobe - Preparing InDesign Files for Accessibility Adobe TV[LINK]新しいウィンドで開きます

 

■しおり
■タグ
■読み上げ

の3点を効率良く、きちんと作成する事で
読み上げだけでなく
『情報に正しくたどり着ける』ような
PDFになりますね。

 

Force4u00221108_22850

Adobe - アクセシビリティ リソースセンター[LINK]新しいウィンドで開きます

 

Adobe Accessibility Blog

Force4u00221108_04612
Adobe Accessibility[LINK]新しいウィンドで開きます

から詳細な情報を得る事ができます。
Force4u00221108_04510

[PDF]新しいウィンドで開きます


こちらの記事には
Force4u00221108_04830

Slides from CSUN 2010 Talks « Adobe Accessibility[LINK]新しいウィンドで開きます

PDFだけでなく
epub[LINK]新しいウィンドで開きますやDaisy[LINK]新しいウィンドで開きます等についての記述もあり
官庁系の仕事をされている方はザッと見ておくだけでも
参考になると思います。

 

Acrobat製品のアクセシビリティサイト

wordからアクセシビリティな(変な日本語....笑)PDF作成のガイド等あります。

Force4u00221108_10420


 

Force4u00221108_22500


Adobe Accessibility[LINK]新しいウィンドで開きます

 

こちらに
各種練習用のドキュメントがありますので
ダウンロードして練習しておくと良いですね


Im00221124_94135

Adobe:アクセシビリティトレーニングリソースアイコン:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatX | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Printing | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss