Acrobat Print

【必須】EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1

EQUIOS印刷ユーティリティ Rev1


http://www.screen.co.jp/ga_dtp/product/equios/equios/


|

単ページPDFの見開きページを2in1にする

年に数回、お願いされる事があります。
多くは、カタログPDFを「issuu.com」等に
アップロードする時に
見開きページを保持したい…なんてお客さん要望です。

印刷用では無い
issuu等1ファイル100MB制限等がある等々の理由から
品質はまぁWEB閲覧用相当で充分の場合

出来れば、制作側に作ってもらいたい所ですが
海外メーカーのカタログだったりするので、依頼される事があります。

具体的には
こんなイメージのPDFを

Website_image00270303_230328


こんな風にするわけです

Website_image00270303_230440


品質は「中低」程度で充分なので
CUPS-PDFで2in1印刷しても良いですが
今回もCUPSのスプールファイルを利用する方法が有効です。
詳しくはこちら
年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その3(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する)


OS標準のプレビューの印刷
(1ページのイメージ数)を利用する事で
余白無しの、見開きに最適な2in1PDFを作る事が出来ます

Website_image00270303_230916


|

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その5(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する場合のヒント その2)

先日の記事
年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その3(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する)
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/pdf-2e63.html

続き

画像で出力
Acrobatは画質を選べます

Website_image00270219_232818

一方Readerは
画質を選べません

Website_image00270219_232324

ちなみにReaderの画像で印刷は300ppiになります

そして
スプールされるデータが

Website_image00270219_233227


いきなりPDFになります

Website_image00270219_233239


|

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その4(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する場合のヒント)

先日の記事
年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その3(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する)
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/pdf-2e63.html

使った
CUPSのスプールデータを利用する方法でのヒント
便利な設定

設定を変更する事で
アカウントパネルに『グループ』設定が表示されますが
そこで
プリント関連のグループに
自分を追加しておくと、アクセス権の処理が不要になり便利です

Website_image00270219_00716

Website_image00270219_00725


アカウントにグループ出すのは
ターミナルにコマンドでdefaults writeすれば表示されるようになります

defaults write com.apple.systempreferences com.apple.preferences.accounts._showallgroups -bool YES
defaults write com.apple.systempreferences com.apple.preferences.accounts.outline.groupparent -bool YES
defaults write com.apple.systempreferences com.apple.preferences.accounts.outline.usersparent -bool YES

ユーザードメインの設定ファイル『com.apple.systempreferences』

com.apple.preferences.accounts._showallgroups

-bool (Boolean)

YES又はTRUEを設定すれば表示されます。


|

【再考中】なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのかーその2 CID GID

昨日の続きです
【再考中】なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのか
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/post-fd60.html

CID
Character Identifier

GID
glyph Identifier

-----------
まずはOSAKA

Website_image00270216_235656


CIDが無い


-----------

変ってヒラギノ明N

Website_image00270216_232446

Website_image00270216_232314

-----------
最後に源角JP

Website_image00270216_233406


Website_image00270216_233437


-----------


もしや、『CID=GID』を前提にしているプリンタが……

迷走中
続く


|

[PDF]見た目通りの字形ではない文字(透明透かしでラスタライズ後にClearScanでOCR)

こちらの記事『LINK
『PDFのテキストを取り出したいのですが文字化けします』のディスカッションの記事に反応

まずは
『PDF変換をOS XのQuartz経由で行っているのが原因』では無い。
(まぁ半分正解だけど…汗)

PDFを作成=アプリケーションがPS化するタイミングで
『字形』と『文字コード』が紐づかないのは
主に『フォント』と、PDFを作成した『アプリケーション』の組み込みの問題で
(問題と言うより仕様ですが)
Quartzが悪さしているわけでは無い

Quartzは総称としてなら意味は合うが
基本的にQuartzはグラフィックを担当しているわけなので
文字部分は『Core Text』 PDFにするのはImageIO だったり CUPSだったりするわけです

まずは
過去の記事を
AdobeReader8 とencode - DTP駆け込み寺 掲示板
http://www.dtptemple.org/imgbbs/index.php?mode=thread&id=8057&page=1

PDFlib FontReporter【文字を検索出来ないPDF】
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2010/08/pdflib-fontrepo.html

【再考中】なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのか
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/post-fd60.html

【再考中】なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのかーその2 CID GID
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/cid-gid-a96b.html


----ここまで前置き
『PDFのテキストを取り出したいのですが文字化けします』なので
文字を見た目の字形通りに抜き出せれば良いわけです。
出来上がったPDFの対象の文字は
字形と文字が紐づいていませんから
そのままでは、どうやっても無理です。

文字数が多いなら
OCRするのが良いでしょう。

まずは、見た目通りの字形ではない文字になっているPDFを作ります。
もうおなじみ
JeditでOsaka等幅をCUPS-PDFでPDF化すれば一発で出来ます。笑


Website_image00270615_223534

Website_image00270615_223711

これに
『透明のPDF』を透かしとして入れます。

Website_image00270615_223813

透かしを
透明の分割でラスタライズして画像化します

Website_image00270615_223910

画像化されたら
OCR機能でテキスト化します


Website_image00270615_224000


まぁ、OCR誤りはあるものの
文字数にもよりますが
一から打つよりいいかも?程度でしょうか

Website_image00270615_224254


時間と人員に余力があるなら
この段階で文字校正に出せれば良いのかも?しれませんね。

|

【再考中】なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのか

非ポストスクリプトプリンターを利用していると
比較的発生する事が多い「印刷時の文字化け」についての自分メモ

かなりマニアック…笑なので、ビギナーには向かない内容です(あしからず)


「見た目の文字で検索出来ない」PDFについては以前書きました通りで
PDFlib FontReporter【文字を検索出来ないPDF】
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2010/08/pdflib-fontrepo.html


作成したアプリケーション

使用したフォント

PDF化する方法


組み合わせで、どうしても検索出来ないPDFは出来てしまいます。
これと同じ事が
プリント時に発生するわけですが
基本的には「プリンタードライバー」の組み込みに依存します。
そのため
利用されているプリンタドライバが対応していない場合
印刷時の文字バケを回避できないPDFがあります。
そのため、Acrobatでは


Website_image00270214_92802


「画像として印刷」が用意されているわけです


説明用文章(書きかけ)
----------------------------

フォント『OSAKA』『新ゴ』『Source Han Sans JP』を使って説明します。
各フォントで「美しい日本語」をPSにプリントします。

アプリケーションはJEDIT

Website_image00270213_235513


Website_image00270213_235527


Website_image00270213_235541

出来上がったPSファイル

Website_image00270214_93441


この時点で、すでに「フォントの送り」方法が異なります。


----------------------------

まずはOSAKA

Website_image00270213_235741


以前書いたLINK通りで
OSAKAはPSに添付されている字形とだけ紐付きます

FontReporterの画面
Website_image00270213_235929


MorxTesterの画面
Website_image00270214_00333


OSAKAでプリントしたPSは文字コードともGIDとも紐づかない
そのため見た目の文字通りは検索出来ない仕上がりになります。
ですが
OSAKA内部には、文字の名前としてSJISコードを持っていたりします。


Website_image00270214_91506

----------------------------

続いて
優等生新ゴ

Website_image00270213_235703


新ゴは
文字コードとGIDの両方を送っています
文字を検索可能なPSです(文字コードがあるから)


FontReporterの画面
Website_image00270214_00005


MorxTesterの画面
Website_image00270214_00345


優等生です。

----------------------------

最後に
Source Han Sans JP

Website_image00270213_235653


CIDだけと紐づきます
このタイプは多くの非ポストスクリプトプリンターで文字バケます


FontReporterの画面
Website_image00270214_00048

MorxTesterの画面
Website_image00270214_00321

MorxTesterではCIDは確認出来ないので
OTMaster Lightの出番です
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2014/12/sourcehansans-5.html

OTMaster Lightの画面
Website_image00270214_90853


一般的なポストスクリプトプリンターの場合
cMapを積んでいるので文字バケしないが
多くの非ポストスクリプトプリンターの場合
このCIDだけ送られるプリントデータで文字形を正しく反映出来ないわけです。


-----------------

商用印刷用データの場合、今回の事例は気にする事はありまり必要ありませんが
画面表示用やユーザーが印刷する事を想定している場合
制作時から、この「CIDを送るフォントとアプリ」の組み合わせには留意が必要です。

制作開始してから早い段階で以下の確認を

1:PDF化した時に文字化けせずに出力可能か
1−1:ポストスクリプトプリンタで確認
1−2:非ポストスクリプトプリンタで確認

2:PDF化した時に文字を検索可能か
2−1:イラストレーターPDFやインデザインPDFでの文字検索
2−2:PS吐いてからのディスティラーPDFでの文字検索


出来上がってから「文字が検索出来ないんだけど」…なんて言われたら…
お〜怖い

まずは、PDFになった場合
「フォント」と「制作アプリケーション」の組み合わせで

「文字が検索出来ない」組み合わせがある事

「印刷時に文字化けする」組み合わせがある事

この2点を知っておきましょう


-----


MorxTesterは以下から
https://developer.apple.com/fonts/

Website_image00270214_100609

こちらのAcrobatコミュニティフォーラム (Japan) > ディスカッションの記事に反応
https://forums.adobe.com/thread/1705112

|

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その3(10.6.のAcrobatプリンターで作成されるPSファイルを利用する)

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF
今回の場合の回答編
その1
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2014/02/pdf-24f0.html
その2
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2014/02/pdf-1b92.html

トリッキーな方法ですので、ビギナーユーザーには不向きかもしれません。

前提〜前準備
海外のメーカー(米)のプロダクトカタログで
用紙サイズはインチ系です。
主要なページが画像のみですが、一部のページに文字コンテンツもある。
画面表示用(中にはプリントアウトする人もいる想定)
ちょっと急ぎ

本来は、制作者に作り直してもらいたいのもヤマヤマですが
まぁ、そんな事が可能なのは稀ですしね…(海外だし…汗)


ポイントは「用紙サイズ」への最適化(フィット)が必要なデータ


10.5の機器が用意出来れば簡単なんですが
10.5の機器が用意出来ない
急ぎでなければ
PDFをページ毎に分割して
インデザインに配置してPDF化とかもアリかもしれませんが
ページ順の確認が必要になったりするのは、ゴメンです
CUPS-PDFで印刷しちゃうのも簡単ですが
(CUPS-PDFについてはこちら
今回はちょっと「ひねって」処理してみます。
10.6.8とAcrobat8のPDFプリンターを使います。

10.6.8の機器で処理します。
Acrobat8をインストールしておきます
Acrobat8はこちらから入手できます

Acrobatプリンターを設定しておきます。
PPDはTureFlowのを利用します。(ブリード設定があるので)Acrobat8のPPDでも問題ありません。
TureFlowのPPDはTrueflow印刷ユーティリティ2.6の中にあります
http://www.screen.co.jp/ga_dtp/product/trueflow/trueflow_se/

無理にAcrobat8のPDFドライバーを使う必要は無くて
一般的なPSプリンターのドライバーなら同じような動作になります。
余白0のためにPPDはAcrobat8やTureFlowのPPDが必要なだけです。


OSも10.6以外でも一般的なPSドライバーを利用すれば
同じような処理になりますので参考にしてください


前準備はここまで
さて行ってみましょう!

元のPDFはこんなの…汗
ページサイズが異なる部分が多数あります

Website_image00270207_232848

ページサイズは2種類で
縦1メーター…汗のサイズと

Website_image00270207_232755

縦2メーターのサイズ…滝汗

Website_image00270207_232804


まず
前準備で設定したArobat8のPDFプリンターを停止します
これが重要です…笑
繰り返しになりますがArobat8のPDFプリンターである必要はありません。
一般的なPSプリンタードライバーならたぶん大丈夫です。

Website_image00270207_233921

ではAcrobat11で(おいおい今度は11かよは無しで…笑)
印刷します。
確認はしていませんがAdobeのReaderでも可能なはずです。


Website_image00270207_233806


用紙サイズをインチ系(今回はレターです)に設定後
用紙サイズに合わせて印刷を指定します。
詳細設定はお好みで、印刷を実行します。

すると
CUPSのディレクトリにスプールファイルが生成されます

Website_image00270207_234053

これは中身はPSですので
拡張子をPSに付加して

Website_image00270207_234113

ディスティラーの、お好みの設定でPDFに変換します

Website_image00270208_103053

出来上がりPDFは全ページ
レターに収まるようになり、期待値です

Website_image00270207_234314_2


10.6からOSXのセキュリティ設定が変わり
AcrobatPDFプリンターからPDFを作成出来なくなりました
トリッキーな方法ですが、ドライバーとしては利用する事が出来ます。


ワンポイント
ディスティラーのデフォルトページサイズを
ターゲットになる仕上がりサイズの設定(プリントした時のページサイズ)に
設定しておかないと、意図としたサイズで仕上がりません。

Website_image00270208_01402

海外のカタログデータって、今回のようなデータが多いです。
CMSと連動するシステムを利用して、カタログ作成しているらしく
Windowsのサードパーティ製のAPIとか使って作っている事が多い
最近はダイブ慣れっこになりました、今回の作業ですが
他に良い方法が無いか、模索中です。

応用編になりますが
OS標準のプレビューを使ってキューに追加すると


Website_image00270208_105936


生成されるスプールファイルは


Website_image00270208_110031

いきなりPDFだったります


Website_image00270208_110043


(こっちの方が簡単じゃん!ってのは無しで…笑)


|

[ReaderX]PDFの一部分だけをプリントする

大きいPDFの一部分だけ
必要な部分だけを印刷します
Adobe ReaderXを使います。

■ReaderxでPDFを開きます
■スナップショットツールで印刷する部分を選択します。
■プリントします。

以上の3工程です。


■ReaderxでPDFを開きます
Image00221220_134933

こんな感じのPDFです。

■スナップショットツールで印刷する部分を選択します。


Acrobat_02

スナップショットツールを起動して
印刷したい部分を選択します

Acrobat_05


Acrobat_04

■プリントします。

Acrobat_06

スナップショットツールで
選択した
選択範囲だけが印刷されます。

ちょっとした印刷する時や
資料用にクリップしたい時なんかに有効ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Accessibility AccessibilityCheck AccessibilityForm AccessibilityInDesign AccessibilityPDF Acrobat Acrobat Action Acrobat Annotation Acrobat AppleScript Acrobat Layer Acrobat Plug-ins Acrobat Portfolios Acrobat Print AcrobatBarcode AcrobatDialog AcrobatForm AcrobatJS AcrobatMenu AcrobatPDF AcrobatStamp AcrobatYouTube AddressBook Adobe Adobe InDesign AdobeAppleScript AdobeBridge AdobeIllustrator AdobeJSX aed Alfresco Android AnimationGif Apple AppleScript AppleScriptBasics AppleScriptCharacter AppleScriptColor AppleScriptDroplet AppleScriptErrorNum AppleScriptFolder AppleScriptFontBook AppleScriptRename AppleScriptTools AppleSymbols Applications Barcode Barcode2D BarcodePostal BetterHTMLExport Book Browser buzz Certificates CharacterEntity CharacterSets Colors Cool Site CSS Cutting DecoMail DecorationMail Design Desktop Diff DJ dmg DNS Documents Download eBook Editer eMail Envelopes ExifTool Facebook FFmpeg File System Fonts FontsTool FontsWeb FOOD FormPrint ftp Gadget Gif Animation Google HexEditor HTML info iPhoto ISBN ISO iTunes iWork iWorkNumbers iWorkNumbersCalendar iWorkNumbersTimecard iWorkPages JavaScript JeditX JeditX Regexp JeditXAppleScript JIS jquery Letterpress Library logo Mac Admin Mac Archiver Mac Browser Mac Browser Plugin Mac QuickLook Mac Spotlight Mac Video Map Mobby Moto Movies Music Network Basic ntp OCR Office OSX Pantone Paper PDFlib Permission Photo Pictograms Print Public QuickLook QuickTime QuickTimeSetting QuickTimeSound Real Media ReName ResourceFork ruby Screen ScreenCast Search Security SEO Sharing SLAResource Sound Spotlight Stamp SWF Tutorial PSD TV Twitter Typography Unicode Utilities Video WebFont Wedding Windows WindowsMedia XML XMP XPS YouTube YouTube Rss