AcrobatPDF

AcrobatでのPDFの編集とフォントの許諾

『Acrobat Proにデフォルトフォントを設定したい』に反応
https://forums.adobe.com/message/7578356

Adobeのスタッフが開発に伝えるとの事で終了しているので
メモとしてこちらに記載しておく
(最近…そんなのばっかり…苦笑)

前もって書いておきますが、以下は完全に私の想像です。根拠ありません。のであしからず

なぜ?そうなっているのか?は、フォントとPDFの関係の昔話しをしなくてはならない

ちょっと前まで、一部のフォントは許諾の関係で
PDFに埋め込む事が出来い物がありました。(みなさん、覚えてますか〜笑)
また
だいぶPDFが浸透したフォーマットとなった今でも、NISのS明朝のように
販売用のPDFにフォントを埋め込む時は別料金(別許諾)が必要なフォントもあります。

Acrobatは基本的にはバージョン5あたりから、劇的には進化していません。
なので
当時は、許諾がハッキリしない(ユーザーによって利用するフォントがまちまち)フォントを
デフォルト(後付けでも)になるのは、よろしく無い…となったのでは無いだろうか…

そこで、Adobeの自社フォントで許諾出来る物を
アプリケーション・ドメインにインストールして、ユーザーがフォントのON〜OFF操作が出来ない状態にして
必ず、許諾が大丈夫なフォントで編集を開始するようにしてあるのでは?

思っているのだが、どうだろう?

Website_image00280918_211100


Acrobatは登場した当時としては、この考え方は正しいでしょ
(逆にユーザーに許諾の問題をおこさせない配慮だったと言っても良い)
(まぁ、文字コードがらみで、安全策なのもあるでしょう)

フォーラムの質問者は『MS明朝』を指定したい
としているが
マイクロソフトのバンドルフォントは
マイクロソフトのソフトウェアに許諾されているので
AcrobatでMS明朝を編集に使うのは、厳密にはアウトに近い『グレー領域』なのではないだろうか?
(許諾的にはアウトだけど、それを言わない的な意味でのグレーね)

Windows版のディスティラがMS書体をデフォルトで埋め込まない設定なのも
この辺りに配慮しての事もあるのでは?と思っている。(たぶん文字コードの問題があるからだけど…)

ん?
Windowsに対しては許諾されているから
AcrobatをWindwosで使っている場合はOKか?
表示は良い
けど
編集はアウト? ん
まっいいか…

PDF作成時にサブセットで埋め込まれたフォントを
後から編集する場合
なんか、面倒なトラブルになりそうな…
以下の記事も参照ください
文字を検索出来ないPDF
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2010/08/pdflib-fontrepo.html


つ〜わけで
Acrobatのテキスト編集のデフォルトフォントが小塚なのには意味がある


どうでしょう

|

PDFのテキスト構造(縦書きPDFとオフィス書き出し)

『AdobeAcrobatProDC(月々プラン)にて縦書文(歌集)をwordへ書き出し』に反応
https://forums.adobe.com/message/8997371
回答でクローズしているので
こちらにフォローとして記載しておく。


ここでは、スキャンPDFの文字認識では無く
すでにテキストになっているPDFについて書きます。


まず
PDFとテキストについて過去に書いた3点の記事を読んで欲しい。
(この3点が理解できなければ、この記事は読む必要が無い)

文字を検索出来ないPDF
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2010/08/pdflib-fontrepo.html
なぜ?印刷時に文字化けして出力されるのか
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2015/02/post-fd60.html
スタンプの回転を決める(文書の回転と天地)
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2014/01/post-03f7.html

-------

前提が『そのPDFの構造は正しいか』なんです。
(WORD書き出し後に意図する表示が可能な構造か?)
文字コードと紐づかないPDFの場合は、そもそも文字としては、『読める形で認識しない』


たしかにAcrobatのオフィスアプリへの変換は問題が無いとは言わないけど。
正しく文字が認識出来るPDFでなければ、いくら優れたアプリケーションだとしても
読める文字には出来ない。

その上で、
テキスト(文字、コード、キャラクタ)の構造が正しい形になっているか?で
読める形で書出し等が出来るか?なんです。


-------

テキスト書き出しには2種類あります

アクセシブルとプレーンです

Website_image00280911_195912

アクセシブルテキストは
『ほぼ』コンテンツパネルの順にテキストが書出されます。

Website_image00280911_200019


また
プレーンテキストは
『ほぼ』順序パネルの順にテキストが書出されます。
Website_image00280911_200442


WORDに書出した時にPDFの天地と
文章の向きが合っていないと、上手くいかない事も多い
(見た目の文字は縦書きだけど、文章の天地向きが左右にあったりする場合ね)

-------

ここまでで
正しいテキスト構造のPDFであれば
書出し結果(テキストに限るけど)が『まぁ許せる範囲で』正しく書出せる…わけです。

-------
逆に、どんな『縦書きPDF』なら
正しくWORD変換できるのでしょう。

1:文字を読める形で認識出来るテキスト
2:全ての文字が同じフォント(書出し時に文字コードと紐づくフォント)
3:全て全角文字で個別の詰め等が無い

この3点を抑えれば…(まぁそんな文書まぁ無いけどね…笑)縦書きPDFでも
正しくWORD変換出来ます。

Aiを使ってヒラギノで縦書き文章を作ります。

Website_image00280911_203655


出来上がったコンテンツが1つなのに注目してください
コンテンツが1つなので、文字とオブジェクト等でズレたり、前後関係が出来たりしません。
まぁここが、通常の文章では不可能なので、縦書き書出し時に不具合が出ますね。

Website_image00280911_203742

これをWORDに書出すと
こんな感じで文字が回転したりします。
これはフォントの指定の問題なので

Website_image00280911_203850


フォントを再指定すれば
縦書きWORD書き出し完了です。
(フォントを変更した事で文字送りが変わってしまうのでナニですけど…)

Website_image00280911_203912

もちろん、上記のようなシンプルな
こんな文書、日常的にありえない文章なので
『WORDへの縦書き文章書き出しは出来ない』といっても良いでしょう。
まぁ
複雑な文章構造を書出せない。と言った方が正解に近いかな…


WORDへの縦書は出来る。(ただし有り得ないような条件付き)って事した。

|

テキスト認識での誤認識

テキスト認識が横列で認識してしまうに反応
https://forums.adobe.com/thread/1898729


以前
スキャン結果をPDFにする場合の『天地』について
軽く書きました
[スタンプ]スタンプの回転を決める(文書の回転と天地)
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2014/01/post-03f7.html

もちろん、縦横の文字列方向をご認識しやすい『原稿』もあるとは思いますが
だいたいは、誤った天地向きで作成されたPDFに起因するんじゃなかろうか?

Website_image00270715_231135


|

Acrobat DC SDK

DCのSDKがリリースされています

Website_image00270524_131131

http://www.adobe.com/devnet/acrobat.html

ちょっぴりオシャレになりました…笑

Website_image00270524_132822

Acrobat DC SDK for Macintosh (DMG, 41.3 MB)

|

【ArtSize】不正なアートサイズ(たしか2011年頃の出来事)

バックアップを取っていたら出て来たPDF
2011年頃だったと…

PDFのアートサイズが本来のアートサイズより小さく指定されている
ヘンテコなPDF
RIPでエラーになったか?縦横比がオカシイ出力になったか?どちらか…だったと…

Website_image00261129_203000


画像はアートサイズの赤い線を太くしていますが
なんで?なPDFになっています。
たぶん、フィニッシュ時に天地向きを回転させた時に
なんらかの不具合で、アートサイズが回転しなかったのかな?
それにしても
何のためのトンボだか…って感じです…苦笑


不正なアートサイズは
プリフライトで修正出来ます

Website_image00261129_203112

このフィックスを実行すると
アートサイズが表示サイズと同じになり
まぁ、よくあるサイズとなります

Website_image00261129_203339

最終的にはWEB配布用だったので
トンボでトリミングしてFTPしたような記憶があるが
当時はこの手の問題多かったが
最近は減りました

Website_image00261129_204114


|

[TIP]AcrobatのURLリンクはリンクオブジェクトでは無いのです

20141115_225442


よくあるURLリンクですが
これは「Acrobat&AdobeReader」の機能で
「リンク」として機能しているだけで
(言い換えれば、Acrobatの勝手機能…URLだからリンクにした方が良いでしょ?的な…まぁたしかにその通りだけど…笑)

PDFの文章内部の文字列にリンクが指定されているわけではありません。

これを、説明して解ってもらえなかった…涙

例えば

Appleのプレビュー

Website_image00261115_225702


Google ChromeのPDFプラグイン

Website_image00261115_225732


このように
WEBページのURLを自動で検知して
クリックリンクとして動作させる機能が無いブラウザ(ビューアー)もあるわけですので

PDFの作成者としては

20141115_225530

上記のように
WEBURLであり、かつ、制作者(又は公開者)として
リンクを有効にしたい場合は
本文中のURLにリンクオブジェクトを付けなくてはならないわけです

リンク・オブジェクトが指定されている=制作者が意図する
AcrobatのURL自動リンク=制作者が意図していないかもしれないリンク
なので

Website_image00261115_225815_2


このダイアログが出る「場面」があると思っているがどうだろう

サンプルファイル

URLにリンクを指定していないPDF

「example_pdf.02.pdf」をダウンロード

URLの文字列の上にリンクオブジェクトを指定しているPDF

「example_pdf.03.pdf」をダウンロード

|

5m(200in)を超えるPDFは作れるのか

【Q】5m(200in)を超えるPDFは作れるのか

【A】作れます。
ただしPDFの規格としては規格外


PDF 32000-1:2008の規格では以下のような記載があります

-----ここから引用

The minimum page size should be 3 by 3 units in default user space; the maximum should be 14,400 by 14,400 units. In versions of PDF earlier than 1.6, the size of the default user space unit was fixed at 1⁄72 inch, yielding a minimum of approximately 0.04 by 0.04 inch and a maximum of 200 by 200 inches. Beginning with PDF 1.6, the size of the unit may be set on a page-by-page basis; the default remains at 1/72 inch.

-----ここまで引用

規格としては
解像度72dpiで200インチ(約5m)までとなります
そのため、AcrobatReader等では5Mを超えるPDFは200インチ内に収まるサイズとして
表示されるようです。

ただし、PDF作成ソフトや表示ソフトによっては
規格に対しての組み込み方法が異なる物もありますので
アップルのプレビュー等では以下のような5Mを超えるPDFを作る事が出来ます

Website_image20140410_234658

72ppiで作成していますので
幅で
イメージサイズとメディアボックスが
21600÷72で300インチ(7.62mの幅)のPDFを作成できていますね

厳密には規格外ですが
質問者の環境はわかりませんが
作成出来るソフトウェアがあると思います。


Adobe Community: 5m以上のスキャン画像をPDF変換できない
http://forums.adobe.com/message/6260013

答えてみました


|

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF その2

20140205_000512

プリフライトかけると解像度がわかります
20.ppiって…汗


幅が4720pt(ここがミソでポイント表記)
4720pt÷72(1pt=1/72インチ)な計算で
幅が65.56インチの巨大PDFとなっている事がわかります

以前書きましたがLINK
PDFは「用紙サイズを超えてトリミング出来ない」わけなので
用紙サイズとトリミングサイズが同じ場合
用紙サイズの拡大は出来ても縮小は出来ないわけなので
縮小するには別の方法…となるわけで…トホホです。

つづく

|

年に何回か受け取る 非常に困ったPDF

Website_image20140204_01104

90インチって どんだけデカイんだよ…汗
スキャンやJPGイメージから作られたPDFにありがち
ドキュメントサイズを考慮しないで
解像度考慮せずに96ppiとか?で作られている
本当に困ります…

|

FingerPDF

【FingerPDF app】


Source:【FingerPDF app】

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptFontBook | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Press | Print | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | SLAResource | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss