AcrobatYouTube

[YouTube]PDFにYouTubeを埋め込む方法(スクリプト修正)


[Adobe Acrobat]PDF上でYouTubeを再生する - YouTube


元の記事はこちらです

スクリプト部だけ訂正
youtu.beドメインのショートURLに対応した

(*
YouTubeのビデオをPDFに埋め込む時に利用するスクリプト
YouTubeWidgetForAcrobat.swfを利用する場合のエンベッドコードに整形します
youtu.beドメインのショートURLに対応
*)


--------------------------ダイアログを出して
display dialog "ShareからコピーしたURLを入力" default answer "" with icon 1 default button 2
--------------------------ダイアログの戻り値を格納
set theGetUrl to text returned of the result as Unicode text
--------------------------ダイアログで取得したURLに含まれる文字を確認
set theYoutubeResult to theGetUrl contains "youtube.com"
set theYoutuResult to theGetUrl contains "youtu.be"
--------------------------ドメイン別でビデオIDの取得方法がちょっと違う
if theYoutuResult is true then
--------------------------youtu.beの場合
set theVidCom to "echo " & quoted form of theGetUrl & "| awk -F \"youtu.be/\" '{print($2)}' |awk -F \"&\" '{print($1)}' " as text
set theVid to do shell script theVidCom as text
log theVid
else if theYoutubeResult is true then
--------------------------youtube.comの場合
set theVidCom to "echo " & quoted form of theGetUrl & "| awk -F \"v=\" '{print($2)}' |awk -F \"&\" '{print($1)}' " as text
set theVid to do shell script theVidCom as text
log theVid
end if
--------------------------エンベッドコードの縦横サイズ 任意
set h_width to "640" as number
set v_hight to "390" as integer
--------------------------ここからエンベッドコード
set HTMLtag to "" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<object width=\"" & h_width & "\" height=\"" & v_hight & "\">" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"movie\" value=\"http://www.youtube.com/v/" & theVid as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "&hl=en_US&feature=player_embedded&version=2\"></param>" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"allowFullScreen\" value=\"true\"></param>" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"allowScriptAccess\" value=\"always\"></param>" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<embed src=\"http://www.youtube.com/v/" & theVid as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "&hl=en_US&feature=player_embedded&version=2\" " as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "type=\"application/x-shockwave-flash\" allowfullscreen=\"true\" " as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "allowScriptAccess=\"always\" width=\"" & h_width as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "\" height=\"" & v_hight & "\"></embed>" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "</object>" as Unicode text

--------------------------最後に出来上がったコードをダイアログで表示
display dialog "タグが出来ましたコピーしてください" default answer HTMLtag with icon 1 default button 1

log HTMLtag


「PDF_on_youtube_V2.zip」をダウンロード


|

[PDF]YouTubeOnPDF【クリスマスカード】

アイディア程度で
YouTube On PDF でクリスマスカードを作ってみた
Im00221202_161409


「xmascard.pdf」をダウンロード[PDF]新しいウィンドで開きます

PDF中のビデオの仕組みが面白い

■クリスマスアルバムを作りました

■アルバム欲しい人はアマゾンのウィッシュリストから何か送って!

■送ってくれた人にはクリスマスアルバムを送ります。

ドネーションって言うより
ブツブツ交換的な

ソフトウェアとか配布している人は
現金寄付
より
良いかもね


| | コメント (0)

[YouTube]PDFにYouTubeを埋め込む方法

作成方法はスクリーンキャストにしましたので
まずはそちらを見てください
Im00221129_130523
YouTube - [Acrobat]PDF上でYouTubeを再生するアイコン:新しいウィンドで開きます

出来上がりのPDFサンプルはこちら[PDF]新しいウィンドで開きますです。

あわせてこちらの記事もお読み下さい
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合の留意点[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeが再生出来ない場合のチェックポイント[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のセキュリティ設定[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のタグを生成する【AppleScript】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます


 

スクリーンキャストで使った
PDF作成のKITはこちら(Mac専用)
「PDF_on_youtube.zip」をダウンロード
YouTubeWidgetForAcrobat.swfは
こちら[Download]新しいウィンドで開きますです。


 

スクリーンキャストの補足

■背景は透明で
Youtube_on_acrobat_25
背景は透明の方が仕上がりが良いです。

■AcrobatXの場合は

ツール→コンテンツ→マルチメディアに
SWFツールがあります。
Youtube_on_acrobat_31

■タグを整形しないと

Youtube_on_acrobat_19_2
一番小さいプレーヤーになってしまいます。

■ポスターフレームは設定しましょう


Youtube_on_acrobat_14

ポスターフレームを設定しないと
ちょっと
寂しい感じの起動画面になってしまいます。

■オートスタートやフローティングも設定出来ます
Im00221129_140711
853 × 505のフローティング


Im00221129_140724

 

YouTubeWidgetForAcrobat.swf

The PDF Developer Junkie Blogからダウンロード出来ます。
Im00221129_130117
The PDF Developer Junkie Blogアイコン:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0)

[YouTube]YouTubeを再生するPDFを作る

作成方法はスクリーンキャストにしましたので
まずはそちらを見てください
Im00221129_130523
YouTube - [Acrobat]PDF上でYouTubeを再生するアイコン:新しいウィンドで開きます

出来上がりのPDFサンプルはこちら[PDF]新しいウィンドで開きますです。

あわせてこちらの記事もお読み下さい
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合の留意点[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeが再生出来ない場合のチェックポイント[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のセキュリティ設定[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のタグを生成する【AppleScript】[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます


 

スクリーンキャストで使った
PDF作成のKITはこちら(Mac専用)
「PDF_on_youtube.zip」をダウンロード
YouTubeWidgetForAcrobat.swfは
こちら[Download]新しいウィンドで開きますです。


 

スクリーンキャストの補足

■背景は透明で
Youtube_on_acrobat_25
背景は透明の方が仕上がりが良いです。

■AcrobatXの場合は

ツール→コンテンツ→マルチメディアに
SWFツールがあります。
Youtube_on_acrobat_31

■タグを整形しないと

Youtube_on_acrobat_19_2
一番小さいプレーヤーになってしまいます。

■ポスターフレームは設定しましょう


Youtube_on_acrobat_14

ポスターフレームを設定しないと
ちょっと
寂しい感じの起動画面になってしまいます。

■オートスタートやフローティングも設定出来ます
Im00221129_140711
853 × 505のフローティング


Im00221129_140724

 

YouTubeWidgetForAcrobat.swf

The PDF Developer Junkie Blogからダウンロード出来ます。
Im00221129_130117
The PDF Developer Junkie Blogアイコン:新しいウィンドで開きます


| | コメント (0)

[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合の留意点

セキュリティ設定についてはこちら[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きますに書きましたが

備考程度ですが留意点を

 

PDF上でのYoutubeの再生は
swfファイル経由での呼び出しになりますので
Acrobat又はAdobeReader9以降が必要になります。
Acrobat8だと以下のような警告が出て
swfは読み込みますが
再生は出来ません

Im00221129_54952

 

AdobeReader9
閲覧する場合の
警告の数は
なんと14

Im00221129_70511

実質
セキュリティ設定をしていない限り
ユーザに『見てね』って言うのは厳しいだろう。
AdobeReaderXの場合は
警告数が
(デフォルトでサイトを記憶にチェックが入っているため)

PDFのビデオやマルチメディアの再生は
AdobeReaderXを推奨になりますね。

 

AdobeReaderでのswf経由のビデオ再生は
結構なCPUを使います。

■サファリ+フラッシュプレーヤー
Im00221129_52808

■AdobeReader9
Im00221129_54530

■AdobeReaderX

Im00221129_52746_2

 

Readerのバージョン制限
から
ネットワーク接続の有無

セキュリティの警告

マシンパワー
等から考えて

PDF上でYoutubeを再生するのは
現時点では
『どうしても』な時以外は
あまり勧められない

PDF上で再生する事で
何か
アピール出来る事があるかもしれないですね。

プレゼンテーションを作る機会が多い人は
選択肢のひとつとして
覚えておいても良いかもしれません。

| | コメント (0)

[YouTube]PDF上でYouTubeが再生出来ない場合のチェックポイント

AcrobatやAdobeReaderのセキュリティ警告
Im00221129_60124


ブロックを選択実行すると
そのサイト
↑の図の場合はytimg.com
はその後も『拒否・ブロック』されます。

すると
その後
接続したい場合に接続出来ない事があります。

復旧方法は以下

 


許可したサイト

拒否したサイト
の削除


セキュリティ警告で
許可又は
ブロックした内容は
Im00221129_55645

ReaderXからダイアログが小さく
『許可』と『記憶』がデフォルトに変わりました。
Photo

環境設定
信頼管理マネージャーに保存されています。

Im00221129_55719

WEBサイトアクセスの管理
から
削除(初期化)できます

Im00221129_55725

ブロックだけ削除すればOKですが
気になるようなら
一度全削除でも良いでしょう

Im00221129_55729

全部削除で初期化
次回アクセス時に
再び『セキュリティ警告』が出ますので
その時また『許可』か『ブロック』を選び直してください

| | コメント (0)

[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のセキュリティ設定

PDF上でYouTubeを再生する場合
セキュリティの警告が多数出ますので
あらかじめ、セキュリティ警告を出ないように設定します。

※重要
セキュリティの設定変更は自己責任で
(まぁGoogleとYouTubeへのセッションを許可するだけですので大丈夫だとは思いますが)

 
セキュリティ(拡張設定)で
Im00221129_42338

*.yimg.com (YouTubeのイメージ画像ファイルのサーバー)
*.youtube.com(YouTubeの全般)
*.google.com(googleのクロスドメイン系のデータ)

Youtube_on_acrobat_15

以上3つを特権を持つホストとして追加します。


 


この設定をしなくても閲覧や設定は可能ですが
それぞれのサイトに対して警告が出ます

youtube
Youtube_on_acrobat_05

yimg
Youtube_on_acrobat_04

Google
Youtube_on_acrobat_03


ReaderXだと少しダイアログが小さくなって
Youtube_on_acrobat_13
こんな感じ
デフォルトのボタン位置が
『許可』になっています。
しかも
記憶にチェック済み
これで
マルチメディアのPDF配信への
障壁がひとつ少なくなりました。

 

PDF上でのYouTube再生のサンプル
「youtube_xycnv87N_BU.pdf」をダウンロード


| | コメント (0)

[YouTube]PDF上でYouTubeを再生する場合のタグを生成する【AppleScript】

PDF上でYouTubeを再生する設定をする場合の
埋め込み用タグを生成するAppleScript

Youtube_on_acrobat_08

通常埋め込み用のHTMLタグ(embedタグ)は
↓の画面から取得しますが
Youtube_on_acrobat_21


ここから取得した埋め込みタグから
マルチメディア設定を行うと
↓のように埋め込み画面サイズが最低サイズになります。
Youtube_on_acrobat_19

そこで
ちょっと前の形式ですが
『player_embedded&version=2』のタグを
AppleScriptで生成します。

↓ここからコピーしたURLを
Im00221129_50521_2


↓ダイアログへペーストして実行してください
Im00221129_40444


↓生成した埋め込みタグを
Im00221129_40608

コピーして使ってください
 


display dialog "ShareからコピーしたURLを入力" default answer "" with icon 1 default button 2

set GetUrl to text returned of the result as Unicode text
set CntGetUrl to the length of characters of GetUrl
considering case
set cn to the offset of "v=" in GetUrl
end considering
set Vid to characters (cn + 2) thru (cn + 12) of GetUrl as Unicode text


set h_width to "640" as number
set v_hight to "390" as integer



set HTMLtag to "" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "" as Unicode text


set HTMLtag to HTMLtag & "<object width=\"" & h_width & "\" height=\"" & v_hight & "\">" as Unicode text

set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"movie\" value=\"http://www.youtube.com/v/" & Vid as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "&hl=en_US&feature=player_embedded&version=2\"></param>" as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"allowFullScreen\" value=\"true\"></param>" as Unicode text

set HTMLtag to HTMLtag & "<param name=\"allowScriptAccess\" value=\"always\"></param>" as Unicode text

set HTMLtag to HTMLtag & "<embed src=\"http://www.youtube.com/v/" & Vid as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "&hl=en_US&feature=player_embedded&version=2\" " as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "type=\"application/x-shockwave-flash\" allowfullscreen=\"true\" " as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "allowScriptAccess=\"always\" width=\"" & h_width as Unicode text
set HTMLtag to HTMLtag & "\" height=\"" & v_hight & "\"></embed>" as Unicode text

set HTMLtag to HTMLtag & "</object>" as Unicode text


display dialog "タグが出来ましたコピーしてください" default answer HTMLtag with icon 1 default button 1



「swf_env_tag.scpt.zip」をダウンロード

「swf_env_tag.rtf」をダウンロード


サンプルのYouTubeを埋め込んだPDF
「youtube.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatX | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Printing | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss