Alfresco

Alfresco Online FREE 10GB

Website_image20120811_130616

Alfrescoはとても便利ですし
バージョン管理が必要なドキュメント共有ならピッタリです

若干「相手」を選ぶ事が必要かもしれません。


ファイルの共有方法は
今や色々な方法がありますが
自分の使い勝手

相手の使い勝手(スキル別にも考慮が必要ですね)

マッチする共有サービスを使うのが良いですね。

ある人はDropBox
ある人はGoogleDriveと使い分けても良いのかもしれない

実家とのやりとりは
やっぱりyahooが良いみたいだし(もう他の方法を覚える気がないらしい笑)

このファイルを共有する人は
どんな人だっけ?

ちょっと考えてから
サービスを選択すべきかもしれませんね。

|

AdobeDrive4

Adobe - Adobe Drive : For Macintosh


Adobe Drive4がリリースされていました。

|

Adobe Drive for Macintosh

Adobe Drive for Macintosh

Website_image20120322_223223


Website_image20120322_223232


サービスメニューからのチェックイン チェックアウトで
私の環境ではエラーになる事が多かったが
今回のバージョンからはスムーズ
良いねぇ

|

Alfresco 4.0.b-0 がリリースされています。

Website_image20111112_230817


|

[過去記事フォロー]Adobe Drive 3

Website_image20110912_203147


Adobe Drive 3がリリースされています。


Website_image20110912_204148


|

【過去記事フォロー】Alfrescoワンポイント(googledocsその2)

簡単に手順だけフォローしておきます。

先に書いた設定で起動したAlfrescoにブラウザからログインします。

その他アクション


Image00230209_223741

アスペクトの管理


Image00230209_224123


ライトルーム表示されますので


Image00230209_224131

GoogleDocの管理対象に設定します。


Image00230209_224139

出来たら
バージョン管理等他の設定も任意で


Image00230209_224145

アスペクト設定されたファイルは


Image00230209_224525

チェックイン チェックアウトメニューが表示されます。

実行すると

各メッセージと共に
チェックイン チェックアウトされます


Image00230209_112005


Image00230209_112010

GoogleDoc上には
作業用コピーとしてアップロードされます。


Image00230209_112042

アップロードすると
共有設定に
Alfrescoユーザーが出ます


Image00230209_112205

これは共有になってしまいますので
セキュリティ上は好ましくありませんね。
一般的に使われやすいアカウントは避けた方が良いですね。
(adminとかAlfrescouserとか他の人も使いそうな)

| | コメント (0)

【過去記事フォロー】Alfrescoワンポイント(googledocs)

AlfrescoのGoogleDocsへのシンク設定について
フォローします。

※自分サーバーなので設定は『あくまでも』参考値

【最重要】googledocs.propertiesのアクセス権

設定ファイルのgoogledocs.propertiesにはGoogleのアカウント・パスワードを
平文で入力し、保存しています。
これはセキュリティ的にかなり『リスキー』です。

定期的にパスワード変更等しない場合が多いと思いますので
自分サーバーの場合以外は
Alfresco専用のGoogleアカウントを使う等
セキュリティに対して配慮が必要です。

 

Image00230209_214014_2

googledocs.properties
Image00230209_214741

 

Image00230209_214919

googledocs-model.xml
Image00230209_215109

 

Image00230209_215439


share-config-custom.xml


Image00230209_215600



こんな設定で動作した。
他にもオプションが色々あるので
自分の環境や目的に合わせて設定してみると良いですね。

公式ドキュメントはこちら[PDF]新しいウィンドで開きます

| | コメント (0)

【過去記事フォロー】Alfrescoワンポイント

Alfrescoのインストールが終わって
起動確認出来たら

Adobe Drive 2.1をインストールして起動するわけですが

Image00230209_94017


設定するURLは
cmis://127.0.0.1:8080/alfresco/service/cmis
です
ここが結構わかりにくいか?と思います。

Image00230209_94402


↓ここで設定するURLが(ローカル自分サーバーなら)
cmis://127.0.0.1:8080/alfresco/service/cmis
Image00230209_94432

となります
httpじゃないですから留意してください。

設定が終わると


Image00230209_94641

となって
デスクトップに
CMSがドライブとしてマウントされます。


Image00230209_94649


 

Google Docs との連携
チェックイン チェックアウト
が日本語環境で動作しています
これはちょっと便利に使える事もあるかもしれない

Image00230209_103721

Alfrescoの設定上Googleのアカウントは
固定設定になるので
スモールオフィス等の場合は
個人用のアカウント以外に
Alfresco用に割り切ったアカウントを取得して運用した方が良いだろう


| | コメント (0)

【過去記事フォロー】Adobe Drive 2.1

digital asset management (DAM)
ドライブのバージョンアップ版2.1がリリースされています。
ダウンロードは以下から

Image00230209_75718


Adobe Drive 2Adobe Drive 2:新しいウィンドで開きます

Image00230209_80234


Image00230209_83555

alfrescoもcommunityの3.4もcバージョンがリリースになっていました
こちらのアップデートは慎重に
Download and Install Alfresco - AlfrescoWikiDownload and Install Alfresco - AlfrescoWiki:新しいウィンドで開きます


このリリースCからは
インストールに日本語が選べる
Image00230209_91206


インストールが終わると
Image00230209_91223

基本的な部分だけだが
日本語表示されるようになっているので
インストールは簡単になった。

インストールも簡単なので
興味のある人は試してみても良いかもしれない

| | コメント (0)

[Adobe Bridge]Adobe Drive2を試す【CS5でちょっと幸せ】

こちらの記事
[Adobe Bridge]コンテンツ+アセット・マネジメント【Adobe Drive2を試す】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

インストール動作確認した
Adobe Drive2ですが
Adobe Drive2をインストールしたら
賞味期限切れのAdobe Bridge CS5が起動するようになっていたので
Adobe Bridge CS5で使ってみます。
(これはちょっと良いかもしれません)


 

Adobe Drive2をインストールすると

461x292_drive2_08

プラグインがインストールされて
コンテクスチュアルメニュー(言いにくいやらタイプしにくいやら)

582x424_drive2_03

Adobe Drive2が出ます。
選択するとサブメニューが(バグっぽく)出ます。

328x171_drive2_04

Adobe Drive2にログイン済みなら

856x542_drive2_19

チェックイン
チェックアウト
バージョンチェック等を
Bridgeを経由しないでDrive2からも操作が可能です。

バージョン表示で

283x151_drive2_05

Adobe Drive2がメニューを返してきます。
JAVAですね。

690x622_drive2_06

赤い線の所は
ログインアカウントではなくて
CMSのユーザー名が出ます。


690x622_drive2_07

バージョン操作も可能です。


480x232_drive2_09


ここまでは
Adobe Drive2の機能として可能ですので
AdobeのCSユーザー以外でもBridge無しでも利用可能ですね。

 

それでは
Adobe BridgeCS5から使ってみます。

BridgeCS5はCMSドライブである事を
ちゃんと認識しています。
556x356_drive2_10

Bridge上から
コンテンツの操作はもちろん可能で

651x621_drive2_11

チェックイン・アウト他の操作が出来ます。

すでにアップロード済みのファイルに
『同名』
ファイルをドラッグ&ドロップすると


1920x1200_drive2_13

同名である事の確認が返ってきますきますので
新バージョンを選びます..と

1920x1200_drive2_14


コメントを聞いてきますので
任意でコメントを入れて行きます。

659x524_drive2_16

バージョンを確認出来るようになります。

608x388_drive2_12

『i』マークをクリックすると

644x739_drive2_17

詳細なバージョン情報と
コメントを確認する事が出来ます

ファイル管理が苦手な人にはピッタリですね
とりあえず
制作過程を残して行けるし
過去データもわかりやすいし
制作側に負荷も少ない

面倒でもとりあえずCMSフォルダに投入するだけで
過去の履歴は残る
ファイル名+日付+拡張子
なんて調子で管理していかなくても良いわけですから
あるいみとても楽
CMS良いねぇ
個人でもアリかもしれないなぁ

1012x872_drive2_20

もちろん
ブラウザからも変更可能ですし
ダウンロードも可能ですから
自宅PCがグローバルIP付いているなら
外出先からも取得可能ですね。

マシンとCMSの管理(バックアップとか)
は必要になりますが
それは
ファイル名管理も同じですから
ある程度
CMSのインストール等に抵抗のない人には
勧めても良いかもしれませんね。


Adobe系のファイルだけでなく
スクリプトや
ソース
なんでも入れられますから
ファイルを多数扱う個人な方

考えてみても良いかもしれませんね。

『ファイル共有』の限界?を感じる部門や
毎日ファイルが更新されていくような
部門でも
使っても良いかもしれませんね。

今後のAdobeの展開次第ですが
GoogleDocやWindowsLiveに
接続出来るようになったら
AdobeDriveは化けますなぁ〜遠い目線

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatX | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Printing | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss