Apple

あれれ?有線キーボード廃版?

Website_image00290607_65502


新しいキーボードはレガシーな古いOSをサポートしないので
今のキーボード大事にしないと…


見かけたら有線キーボード1つ買っておこうかな…汗

|

過去に登録したデバイスが消える…(新しいAppleのデバイス管理)

アップルのサポートが変わった
いやぁ〜困った(変わり過ぎ)
アナウンスあったのかな?過去のデータを取れずに困っている。

https://getsupport.apple.com/


Image_20161104_190943


まぁ、AppleIDでログインしたデバイスは
全て表示されるので
それが『自分の所有物では無い』場合でも固有のデバイスとしてサポートが受けられる(場合がある)わけです。

大丈夫なんだろうか…

今までは、自分のデバイスを『ハードウェアのシリアル番号』を使って自分で登録していた
(まぁそれでも他人のデバイスも登録出来るけど)


ちなみに業務で利用しているAppleIDのデバイスはこんな感じ

Image_20161104_191123

【今まで】自分が登録したデバイスのリスト

【今は】AppleIDでサインインしているデバイスのリスト

となり
『自分の所有物』としては、リスト管理出来ない
(個人な人は充分なのか…他のデバイスにログインしたりしないから)

企業な方は
Device Enrollment Programでどうぞ…といった事なんだろうな
http://www.apple.com/jp/business/programs/#dep

Appleは企業に直販したいみたいだけど…メリットがどの程度あるのかな?

自分用過去に買ったデバイスが見れなくなったのはチョット寂しい

 

|

[AppleScripts]iPhoneアプリ用に最適化されたPNGフォーマット“CgBI” iOS formatのPNGファイルを閲覧可能な形式に戻す

ちょろっとiPhoneApp用の画像を見たい時用

Pngcrush


こんな画像を

Pngcrush2


見えるようにします。

Pngcrush3


アプリケーション形式のスクリプトに
pngcrushを内包させています。
Pngcrush4


スクリプトで言うと
↓この部分(10.6以外で動くか?はわかりません笑)

Pngcrush5

↑なぜこの処理が必要か?と言うと
本家Pngcrushのソースをコンパイルして
インストールしていると画像を元に戻す「-revert-iphone-optimizations」のオプションが無いからです。

1:ファイルを選んで(ドロップでも動きます)
2:デスクトップに書き出し先の『PngcrushExport』フォルダを作ります。
3:受け取ったファイルを順番に処理します
4:処理はpngcrush -revert-iphone-optimizations -d ディレクトリ 変換するファイル
5:全て終わったら出来たファイルを見せる

(*
iPhoneアプリ用に最適化されたPNGフォーマット
“CgBI” iOS format
CgBIフォーマットのPNGファイルを通常閲覧可能な形式に戻します
*)

-----------実行のはじまり
on run
-----------------【設定項目】ファイル選択ダイアログのデフォルトのディレクトリ
set theDefLoc to path to desktop from user domain
-----------------【設定項目】Uniform Type Identifier指定
-----------------詳しくは http://goo.gl/6jAQa Uniform Type Identifierを見てください
---set theFileType to "public.png,com.adobe.png" as text
---簡素の記述も出来ますPNGの場合-
set theFileType to "PNG" as text

-----------------のファイルタイプをリスト形式に整形する
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
-----------------【設定項目】プロンプトの文言改行が使えます\nを入れます
-----------------Uniform Type Identifierとメッセージ
set theWithPrompt to theFileType & "\nファイルをえらんでください\n"
-----------------残りのメッセージ
set theWithPromptMes to "ファイルをドロップしても\n動作します"
-----------------ダイアログを出して選択されたファイルは「open」に渡す
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt & theWithPromptMes ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run


------オープン(又はロドップ)のはじまり
on open theDropObj
-----------------【設定項目】フォルダを作成するディレクトリ
set theDeskTopPath to the path to desktop from user domain
-----------------【設定項目】かき出される画像の保存ディレクトリ名
set theExportFiles to "PngcrushExport" as text
-----------------フォルダを作成する(デスクトップにPngcrushExportフォルダを作成)
try
tell application "Finder"
make new folder at (theDeskTopPath) with properties ¬
{name:theExportFiles ¬
, owner privileges:read write ¬
, group privileges:read write ¬
, everyones privileges:read write ¬
}
end tell
end try
----------------出来たフォルダのパスをテキスト形式で取得しておく
set theSaveDir to (POSIX path of theDeskTopPath) & theExportFiles as text
----------------ドロップ実行か?スクリプトエディタで実行しているか?判定
----------------実行したアプリケーションのパスを求めて
set theMyPath to path to current application as string
----------------AppleScriptの文字が含まれているか?を調べる
if theMyPath contains "AppleScript" then
tell application "AppleScript Editor"
tell document 1
set theMyPath to path as text
end tell
end tell
----------------AppleScript Editorで開いている書類のパスにしておく
set theMyPath to (POSIX file theMyPath as text) & ":" as text
end if
---------------実行機器にインストール済みのpngcrushを使うか?判定
try
----------Developerディレクトリにpngcrushがある場合はDeveloperの方を使う
set thePngcrushPosPath to do shell script "mdfind -name pngcrush | grep \"Developer\""
on error
----------------内蔵のpngcrush10.6x用)のパスにします
set thePngcrushPath to theMyPath & "Contents:bin:pngcrush" as text
----------------UNIXパスに整形
set thePngcrushPosPath to POSIX path of thePngcrushPath
end try

----------------コマンドラインを整形
set thePngcrushComLine to thePngcrushPosPath & " -revert-iphone-optimizations -d " & theSaveDir as text

----------------繰り返しのはじまり
repeat with theObjFiles in theDropObj

----------------ファイルのエイリアスをテキストに変換
set theFilePath to (POSIX path of theObjFiles) as text
----------------コマンドを実行
do shell script thePngcrushComLine & " " & quoted form of theFilePath
end repeat

---------処理が終わったら書き出し先のフォルダを開く
set theDefLoc to (POSIX file theSaveDir) as text
tell application "Finder"
activate
open theDefLoc as alias
tell window 1
set current view to icon view
end tell
end tell


end open


「pngcrush.rtf」をダウンロード

「pngcrush.zip」をダウンロード

今回のワンポイントは
ドロップレット形式のスクリプトを
スクリプトエディタで開いて実行してもエラーにならいようにした
(ログ見ながら作成するのにとても便利)

Website_image20130406_160354


|

[証明書]Apple Time Stamp

20130103_000428


Apple Intermediate Certificates

Apple - Root Certificate Authority

Apple - Root Certificate Authority[LINK]新しいウィンドで開きます


|

iPhone 構成ユーティリティ

Website_image20110329_90715

Server Administration Tools
に同封されています。

| | トラックバック (0)

Learn Japanese language and culture

Image00230124_190004


Learn Japanese with Human Japanese | Japanese Language Learning SoftwareLearn Japanese with Human Japanese | Japanese Language Learning Software:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HEX RGB Colors Guide

Image00230114_92321

WEBな人向き

HEX RGB Colors Guide for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Storeアイコン:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitter

Twitter謹製のクライアント
よく出来てる
使い勝手も良いし反応も早い

Image00230107_53520


Twitterは Mac App Store でご利用いただけます。アイコン:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[App Store]Stuffit Expander

Image00230107_24256


StuffIt Expanderは Mac App Store でご利用いただけます。アイコン:新しいウィンドで開きます

Appstore_2


審査はしているんだろうが
sudoインストールのパスワード聞いてこないのには
ちょっと抵抗があるなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[iPad]iPad用血圧計

これは良いなぁ

Image00230105_74956

iHealth, Withings both launch iPhone-connected blood pressure monitorsアイコン:新しいウィンドで開きます

ツナガる魔法瓶(死語か?)みたいなのがあったが
血圧計+iPad+通信で
医療や介護の現場で活かせるんじゃないかな

嫌な言葉だが
生存確認的にも使えるんじゃないだろうか?
カメラ付きだし
色々と考えられるような気がする

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptFontBook | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Colors | Cool Site | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | Google | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | Office | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Print | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | SLAResource | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss