Barcode2D

【QR】マップ用のQRコードを作る(Google Chart利用)

マップ用のリンクは
ブラウザ閲覧用→これは正解が見つからなかった
GoogleMap用

 

5737

 

AppleMap用 の振り分け

 

225737

 

GoogleMap用
https://www.google.com/maps/@Latitude,Longitude,range
→この方式を選択
↓この方法でも良かったかな…
https://www.google.com/maps/search/?api=1&query=Latitude,Longitude

 

 

AppleMap用は
GEO:Latitude,Longitude ←これはiOS専用かね?

 

そして汎用として
http://maps.apple.com/?q=Latitude,Longitude

iOS以外のデバイスでアクセスするとGoogleMapに転送されるので両刀使いでお勧め

 


 

(*

Geo2Qr4Chrome.scpt
Chromeで開いているページのQRを作成します。
たぶんiOS専用 

20190715 初回作成

APIの仕様は
https://developers.google.com/chart/infographics/docs/qr_codes


*)

tell application "Google Chrome"
activate
tell window 1
tell active tab
set theURL to URL as text
end tell
end tell
end tell

tell application "Finder"
activate
set objAns to ¬
display alert ¬
"どちら用のQRコードを作成しますか?" message ¬
"iOSAppleMapQRコードを作成する OR 一般的なQRコードを作成する" default button 1 ¬
buttons {"AppleMap", "GoogleMap", "汎用"}
end tell


set AppleScript's text item delimiters to {"/"}
set listUrl to every text item of theURL as list
set numCntUrl to (count of listUrl) as number
set numSepUrl to 1 as number
set AppleScript's text item delimiters to {""}
log numCntUrl

repeat numCntUrl times
set theSepUrl to (item numSepUrl of listUrl) as text
try
set theUrlParts to (the character 1 of theSepUrl)
on error
set theUrlParts to " "
end try


if theUrlParts is "@" then
set theGooglemapParts to theSepUrl
set theSepUrl to doReplace(theSepUrl, "@", "")
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set listSepUrl to every text item of theSepUrl as list
set theLatitude to (item 1 of listSepUrl) as text
set theLongitude to (item 2 of listSepUrl) as text
set AppleScript's text item delimiters to {""}
end if
set numSepUrl to numSepUrl + 1 as number
end repeat


if (button returned of objAns) is "AppleMap" then
set theChl to ("GEO:" & theLatitude & "," & theLongitude & "") as text
log theChl
else if (button returned of objAns) is "GoogleMap" then
set theChl to ("https://www.google.com/maps/" & theGooglemapParts & "") as text
else
set theChl to ("http://maps.apple.com/?q=" & theLatitude & "," & theLongitude & "") as text
end if


--API各項目
--BASE URL
set theApiUrl to "https://chart.googleapis.com/chart?" as text

set theCht to "qr" as text

set theChs to "540x540" as text

set theChoe to "UTF-8" as text

---L M Q R
set theChld to "Q" as text

--URLを整形
set theOpenUrl to ("" & theApiUrl & "&cht=" & theCht & "&chs=" & theChs & "&choe=" & theChoe & "&chld=" & theChld & "&chl=" & theChl & "") as text


-----Chromeで開く
tell application "Google Chrome"
activate
tell window 1
set active tab index to 1
make new tab
tell active tab
set URL to theOpenUrl
end tell
end tell
end tell







to doReplace(theText, orgStr, newStr)
set oldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to orgStr
set tmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to newStr
set tmpStr to tmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to oldDelim
return tmpStr
end doReplace

 

 

ダウンロード - geo2qr4chrome.scpt.zip

 

|

【QR】イベント・カレンダー登録用のQRコードを作る(Google Chart利用)

Website_20190714193401

 

iCalフォーマットのicsファイルをQRコードに変換します。

 

 

192234

 

 


(*

make_qrcode4_eventfile.scpt
イベント登録用のQRを作成します。
たぶんiOS専用 

20190714 初回作成

APIの仕様は
https://developers.google.com/chart/infographics/docs/qr_codes


*)


on run
set theWithPrompt to "QRコードを作成します。"
set theDefLoc to path to downloads folder from user domain
set theFileType to "public.vcard,com.apple.ical.ics" as text
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt ¬
of type theFileTypeList ¬
without invisibles)
end run



on open DropObj
set theFilePath to POSIX path of DropObj
set theChl to (do shell script "cat '" & theFilePath & "'") as text
set theChl to doReplace(theChl, "\r ", "") as text
set theChl to doReplace(theChl, "\"", "\\\"") as text
set theChl to my encodeURL(theChl) as text
set theChl to doReplace(theChl, "+", "%20") as text

--BASE URL
set theApiUrl to "https://chart.googleapis.com/chart?" as text

set theCht to "qr" as text

set theChs to "540x540" as text

set theChoe to "UTF-8" as text

---L M Q R
set theChld to "L" as text

--URLを整形
set theOpenUrl to ("" & theApiUrl & "&cht=" & theCht & "&chs=" & theChs & "&choe=" & theChoe & "&chld=" & theChld & "&chl=" & theChl & "") as text


-----サファリで開く
tell application "Safari"
activate
make new document with properties {name:"QR-CODE by Google API"}
tell window 1
open location theOpenUrl
end tell
end tell


end open


--------------文字の置き換えサブルーチン
to doReplace(theText, theOrgStr, theNewStr)
set theOldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to theOrgStr
set theTmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to theNewStr
set theReplaceStr to theTmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to theOldDelim
return theReplaceStr
end doReplace


---URLエンコードのサブルーチン
on encodeURL(str)
set scpt to "php -r 'echo urlencode(\"" & str & "\");'"
return do shell script scpt
end encodeURL

 

 

ダウンロード - make_qrcode4_eventfile.zip

 

 

 

 

 

 

 

|

【QR】ブラウザで表示中のURLをQRコードにする(Google Chart利用)

Www

 

 

ユーザーのアプリケーションスクリプトフォルダに入れて使います。

 

 

(*

Url2QR4Safari.scpt
サファリで開いているページのQRを作成します。
たぶんiOS専用 

20190706 初回作成

APIの仕様は
https://developers.google.com/chart/infographics/docs/qr_codes


*)

tell application "Safari"
activate
tell window 1
set theChl to do JavaScript "encodeURIComponent(document.URL)" in front document
end tell
end tell


--API各項目
--BASE URL
set theApiUrl to "https://chart.googleapis.com/chart?" as text

set theCht to "qr" as text

set theChs to "540x540" as text

set theChoe to "UTF-8" as text

---L M Q R
set theChld to "Q" as text

--URLを整形
set theOpenUrl to ("" & theApiUrl & "&cht=" & theCht & "&chs=" & theChs & "&choe=" & theChoe & "&chld=" & theChld & "&chl=" & theChl & "") as text


-----サファリで開く
tell application "Safari"
activate
make new document with properties {name:"QR-CODE by Google API"}
tell window 1
open location theOpenUrl
end tell
end tell

 

ダウンロード - url2qr.zip

 

 

|

【QR】アドレス帳登録用のQRコードを作る(Google Chart利用)

50

 

こんな感じのQRコードを作成します。

 

(*

chart.googleapis.com.scpt
アドレス帳登録用のQRコードを生成します。
たぶんiOS専用 

20190706 初回作成

APIの仕様は
https://developers.google.com/chart/infographics/docs/qr_codes


*)

----設定項目
set theNa to "林檎" as text ---
set theNb to "太郎" as text ---
set theOrg to "アップルコンピュータ" as text ---会社名
set theMailWork to "work@hoge.com" as text ---メール会社
set theMailHome to "home@hoge.com" as text ---メール自宅
set theTelWork to "0123-456-7890" as text ---電話会社
set theTelCell to "000-000-00000" as text --- 電話携帯
set theTelInt to "1234" as text ---内線

----設定ここまで
--姓名表示をを整形 半角スペース区切り
set theFN to (theNa & " " & theNb) as text

----Vカードデータを整形 改行コードはMac
set theChl to "BEGIN:VCARD\rVERSION:3.0\rN:" & theNa & ";" & theNb & ";;;\rFN:" & theFN & "\rORG:" & theOrg & ";\rEMAIL;type=INTERNET;type=WORK;type=pref:" & theMailWork & "\rEMAIL;type=INTERNET;type=HOME:" & theMailHome & "\rTEL;type=WORK;type=pref:" & theTelWork & "\rTEL;type=CELL:" & theTelCell & "\ritem1.TEL:" & theTelInt & "\ritem1.X-ABLabel:内線\rEND:VCARD" as text


----URLエンコード
set theChl to my encodeURL(theChl)

--API各項目
--BASE URL
set theApiUrl to "https://chart.googleapis.com/chart?" as text

set theCht to "qr" as text

set theChs to "540x540" as text

set theChoe to "UTF-8" as text

---L M Q R
set theChld to "Q" as text

--URLを整形
set theOpenUrl to ("" & theApiUrl & "&cht=" & theCht & "&chs=" & theChs & "&choe=" & theChoe & "&chld=" & theChld & "&chl=" & theChl & "") as text


-----サファリで開く
tell application "Safari"
activate
make new document with properties {name:"QR-CODE by Google API"}
tell window 1
open location theOpenUrl
end tell
end tell



---URLエンコードのサブルーチン
on encodeURL(str)
set scpt to "php -r 'echo urlencode(\"" & str & "\");'"
return do shell script scpt
end encodeURL

 

ダウンロード - chart.googleapis.com.scpt.zip

|

背に腹はかえられないかい…プッ

Website_image00290613_224858


AppleってQRバーコードが大嫌いだったのにね…ぷぷぷ

やっぱり金かぁ…

次はブルーレイもお願いしたい

|

iQR Code

これは
お客様から要求される事が多いですから
先に提案した方が良いでしょう


iQR Code


|

Easy Barcode Maker

Easy Barcode Maker | QR code Generator | Batch Creator

| | トラックバック (0)

日広連のQRバーコード発行サービス(WEB)

Image00230123_71702

e-SIGN 全日本屋外広告業団体連合会 日広連のご紹介 日広連の歴史と役割e-SIGN 全日本屋外広告業団体連合会 日広連のご紹介 日広連の歴史と役割:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[QR]QRバーコードを作る(商用向き)【その1】

何回かにわけて
QRバーコードを作る事について
書いていきます。

個人利用ではなく商用としてを考えて
作り方を考えていきます。
 

まずは下記の作業の流れを見てください。

Qr_wf

自分で作る場合

商用

最終出力は
■紙出力
『イラストレーター ai』

『インデザイン indd』

■モニター出力
『GIF又はPNG』

出力する所まで。

■読み取りは機器は
『携帯電話』


場合を考えていきます。

 

まずは
『想定トラブル』を検証しておきます。


699x597_qr_05

トラブルとしては
大きくわけて2点が想定されます。

【1】バーコードを読み込めない
【2】読み込み結果が違う

の2点です。

【1】は印刷されたデータが不良
【2】読み取り結果の不良

ですね。

上の図で言
【3】クライアント先システム不良
これは
バーコードにしたURLのジャンプ先は
クライアント企業のホームページだったりするわけですが
指定したURL先の不具合で
読み取り結果のURLホームページを閲覧出来ない等
クライアント先の問題です。

↑これが以外に多く
QRバーコード発行時までにURLが準備出来ていない場合です
制作サイドとしては出来る事はありませんね。

【4】エンドユーザー利用方法誤り
これは
エンドユーザーの利用者が携帯端末操作方法の誤りや
使い方が分らない等です。

バーコードが読めなかった場合の
URLのテキストでの記述

SEO担当者と調整して『検索語句』でポチッとな

を提案しておくと良いでしょう。

 

つづいて
■『読み取り不良』について考えていきます。

960x720_qr_06

『バーコードが読み取れない』不具合です。

【1】制作データが不良な場合
【2】行程で不良データになる場合

2通りがあります。

対処方法や予防措置については
後で考えていきます。

 


■『読み取り結果不良』について

960x720_qr_07

【1】バーコードの内容の誤り
【2】機器依存の誤り

これについても
後で説明していきます。


960x720_qr_03

物流の現場で使われるQRバーコードの場合は
読み取り機器(バーコードリーダー)が
固定の種類だったり数種類と
限定できますので
読み取りについての問題が起こりにくいのですが
(ちゃんと試験しておけば)
携帯電話を読み取りターゲットにしている場合は
メーカー
機器
カメラ
読み取りソフトウェア

まちまちなので
一番『対象の多い』部分での試験を
数種類行う必要が出てくる場合があります。


 

続いてQRバーコードについて
予備知識的な事項をまとめます。

QRバーコードについては
Wiki[LINK]OpenNewWindowのページを見てください。


●国内規定はJIS X 0510 2004[LINK]OpenNewWindow
●世界規定はISO/IEC 18004

その他解説は
本家デンソー[LINK]OpenNewWindow

キーエンス[LINK]OpenNewWindow
のサイトの解説が分りやすいと思います。


 

読み取り機器が『携帯電話』である場合のポイントは

■QRコードにはエラー補正がある。


■読み取り機器(携帯)がまちまちである

読み取り機器が色々だが
エラー補正で『なんとか』読み取り出来ている
わけです

制作サイドとしては
『正確なバーコードデータ』

後行程に渡す事が
最大のテーマになります。

【その2】[LINK]OpenNewWindowへ続く

  

| | コメント (0)

[QR]QRバーコードを作る(商用向き)【その2】

【その1】[LINK]OpenNewWindow
ちょっと大げさですが
作業の流れと注意点を書きました。

 

【1】依頼と入稿
まずは入稿がありますね。

960x720_qr_01

■文字

■メーカー拡張コード
があります。

 

■文字データについて
その1で書いたように
QRバーコードはJIS X 0510 2004[LINK]OpenNewWindowで規定がありますので
■数字:
0〜9(ASCII値0x30〜0x39)

■英数字:
0〜9(ASCII値0x30〜0x39)
A〜Z(ASCII値0x41〜0x5A)
スペース、$、%、*、+、-、.、/、:の9個の記号
(ASCII値0x20,0x24,0x25,0x2A,0x2B,0x2D〜0x2F,0x3A)

■8ビットバイトモード:
JIS X 0201-1997[LINK]OpenNewWindow(ASCII値0x00〜0xFF)に基づく文字
英小文字a〜z(ASCII値0x61〜0x7A)はこのモードに含まれます

■漢字モード:
JIS X 0208に基づくShift-JIS漢字

までになりますので
X 0213:2004で追加になった文字や
機種依存文字

原稿に含まれていない事を確認します。


 

■メーカー拡張コード
クライアントがメーカー拡張コードを使う場合

●メーカー専用バーコードを用意する
●混在モードで記述する

この2通りの方法があります。

■メーカー拡張(識別子)は以下
各社共通
http (URLの自動リンク)
@(メールアドレスの自動リンク)
TEL:(電話ダイヤル起動自動リンク)
MAILTO:(メールアドレス起動自動リンク)

●Docomo
MEBKM:(ブックマーク)
LAPL:(アイアプリ登録)
MATMSG:(メール送信)
MECARD:(アドレス帳登録)

●SOFTBANK
著作識別
J J1
L L1

■拡張コード
●Docomo
TITLE:
URL:
ADFURL:(iアプリ用)
CMD:(iアプリ用)
PARAM:(iアプリ用)
TO:
SUB:
BODY:
N:
SOUND:
TEL:
EMAIL:
●SOFTBANK
MEMORY:(アドレス帳登録)
NAME1:
NAME2:
MAIL1:
MAIL2:
MAIL3:
TEL1:
TEL2:
TEL3:
MAILTO:(メール送信)
SUBJECT:
BODY:

●AU
MAILTO:
SUBJECT:
BODY:
TEL:
住所:(地図リンク用)
MEMORY:
NAME1:
NAME2
TEL1:
TEL2:
MAIL1:
ADD:

と各メーカー
■メール送信
■アドレス帳登録
はあり
それぞれ
拡張された機能に対応した
コードが指定されています。

 

拡張コードを利用する場合は
クライアントから
『アドレス帳に登録してほしい』

『メール送信画面を出してほしい』

の具体的な依頼があると思います。

そこで
Qr8

どう作るのか?判断がありますね。

 

■入稿内容

概ね入稿内容はURLかメールアドレスか電話番号
が多いと思います。

拡張コードは各社共通を使い
TEL
MAILTO
を入れる

■メール送信やブックマーク登録に
ドコモは『識別子』が必要です。

 

そこで検討が必要になるのが
『混在』記述です。

Screencapture00220623_132147

コードの原稿『前半部』に
各社共通事項を記述し
後半に『ドコモ用』のコードを記述する方法です。

この記述方法を使う事で
ドコモの識別子に対応出来ます。

【その3】[LINK]OpenNewWindowへ続く

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility AccessibilityCheck AccessibilityForm AccessibilityInDesign AccessibilityPDF Acrobat Acrobat Action Acrobat Annotation Acrobat AppleScript Acrobat Layer Acrobat Plug-ins Acrobat Portfolios Acrobat Print AcrobatBarcode AcrobatDialog AcrobatForm AcrobatJS AcrobatMenu AcrobatPDF AcrobatStamp AcrobatYouTube AddressBook Adobe Adobe InDesign AdobeAppleScript AdobeBridge AdobeIllustrator AdobeJSX aed Alfresco Android AnimationGif Apple AppleScript AppleScriptBasics AppleScriptCharacter AppleScriptColor AppleScriptDroplet AppleScriptErrorNum AppleScriptFolder AppleScriptFontBook AppleScriptRename AppleScriptTools AppleSymbols Applications Barcode Barcode2D BarcodePostal BetterHTMLExport Book Browser buzz Certificates CharacterEntity CharacterSets Colors Cool Site CSS Cutting DecoMail DecorationMail Design Desktop Diff DJ dmg DNS Documents Download eBook Editer eMail Envelopes ExifTool Facebook FFmpeg File System Fonts FontsTool FontsWeb FOOD FormPrint ftp Gadget Gif Animation Google HexEditor HTML info iPhoto ISBN ISO iTunes iWork iWorkNumbers iWorkNumbersCalendar iWorkNumbersTimecard iWorkPages JavaScript JeditX JeditX Regexp JeditXAppleScript JIS jquery Letterpress Library logo Mac Admin Mac Archiver Mac Browser Mac Browser Plugin Mac QuickLook Mac Spotlight Mac Video Map Mobby Moto Movies Music Network Basic ntp OCR Office OSX Pantone Paper PDFlib Permission Photo Pictograms Print Public QuickLook QuickTime QuickTimeSetting QuickTimeSound Real Media ReName ResourceFork ruby Screen ScreenCast Search Security SEO Sharing SLAResource Spotlight Stamp SWF Tutorial PSD TV Twitter Typography Unicode Utilities Video WebFont Wedding Windows WindowsMedia XML XMP XPS YouTube YouTube Rss