BetterHTMLExport

[BetterHTMLExport]書き出し用テンプレート


BetterHTMLExportはUTF-8をサポートしていません。
iPhotoからのWEBページ書き出しならこちらの記事を先にどうぞ
[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます


 

こちら
[BetterHTMLExport]iPhoto書き出し【prettyPhotoテンプレート】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

prettyPhoto3化したので公開
インストール方法等も上記の記事を参考にしてください。
jQuery lightbox for images, videos, YouTube, iframes Stéphane Caron – No Margin For Errors[LINK]新しいウィンドで開きます
prettyPhoto3化したので
あまり写真点数の多い物には向かないが
オプションSingle imageを使えば
まぁ
今どおりにも使える

 

オプションによっての見栄えの違い

最後の記述を変更する事で見栄えも変更できます。
Force4u00220924_164527


dark_rounded[LINK]新しいウィンドで開きます

674x513_prettyphoto_01


dark_square[LINK]新しいウィンドで開きます

680x522_prettyphoto_02


facebook[LINK]新しいウィンドで開きます

663x504_prettyphoto_03


light_rounded[LINK]新しいウィンドで開きます

693x516_prettyphoto_04


light_square[LINK]新しいウィンドで開きます

696x542_prettyphoto_05


prettyPhoto3へのアップデートに伴い
jqueryも1.3.2になっています。

jqueryはgoogleから呼び出していますので
イントラ環境で使う場合は書き換えてください
Force4u00220924_170143


 

テンプレートファイルはこちら

「prettyPhoto3.zip」をダウンロード[Download]新しいウィンドで開きます

 


ライセンスはjquery.prettyPhotoを利用していますので[Attribution 2.5]になります。
Creative Commons — Attribution 2.5 Generic[LINK]新しいウィンドで開きます


 
jquery.prettyPhotoのオプション設定等は
こちらに解説を書きました。
[prettyPhoto3]ステップbyステップ【prettyPhoto3の導入】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます
参考にしてください

| | コメント (0)

[BetterHTMLExport]書き出しテンプレート

BetterHTMLExportはUTF-8をサポートしていません。
iPhotoからのWEBページ書き出しならこちらの記事を先にどうぞ
[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます


 

BetterHTMLExport[LINK]OpenNewWindowを使って
iPhotoから書き出しします。

 

jquery.prettyPhoto[LINK]OpenNewWindowを使ったテンプレート作成して
lightbox風なHTML書き出しをします。

テンプレートはこちら「prettyPhoto.zip」[LINK]OpenNewWindow

ライセンスはjquery.prettyPhotoを利用していますので[Attribution 2.5]OpenNewWindowになります。


書き出しサンプルはこちら[LINK]OpenNewWindow

 

BetterHTMLExportのテンプレートは
UTF8がダメなようなので
SJISで書き出されたデータをJEDITX等でUTF8に変換して
日本語を通します。

jquery.prettyPhotoやJQUERYがUTF8なので
まぁ
UTF8にしないとダメですね。


 

◆BetterHTMLExportをインストール
◆テンプレートをインストール
◆iPhotoアルバムデータを用意
◆書き出し
◆書き出し後htmlファイルをUTF8に変換
◆出来上がり

の手順になります。

 

◆BetterHTMLExportをインストール
geeksrus[LINK]OpenNewWindowから
対象のバージョンのプラグインをダウンロードします。

798x390_betterhtmlexport_10

インストールはそのまま簡単です。

 
◆テンプレートをインストール

こちら「prettyPhoto.zip」をダウンロード[LINK]OpenNewWindowのテンプレートをダウンロードしてください。

解凍後
自分のホームディレクトリ→ライブラリに
『BetterHTMLExport』フォルダを作成

Screencapture00220823_32536jst

『templates』フォルダ内に
解凍したprettyPhotoフォルダを移動します。

 
◆iPhotoアルバムデータを用意

BetterHTMLExportは
『アルバム』または『選択写真』単位での書き出しですので
基本的には書き出し用『アルバム』を作成して
写真やコメントを準備します。


Screencapture00220823_33429jst

 

◆書き出し

408x324_betterhtmlexport_02

自分か設定した設定値を参考にしてください。

『Page』
564x645_betterhtmlexport_03

1PAGEに収まるようにします。
背景は白にして
テンプレートをprettyPhotoに設定します。

『Thumbnails』
564x645_betterhtmlexport_04

サムネイルのサイズが
出来上がりの
↓この幅になります
Screencapture00220823_33857jst


『images』
564x645_betterhtmlexport_05
↑ここで設定した幅は
↓表示サイズになります
Screencapture00220823_34040jst


『Option』
564x645_betterhtmlexport_06_2
ここはこんな感じで

『Custom』

Screencapture00220823_34222jst

広告差し込みようのエクストラタグを用意していますが
10.6+iPhoto09の組み合わせでは
ちゃんと動作しません

設定出来たら書き出します。

 

◆書き出し後htmlファイルをUTF8に変換

書き出されたhtmlファイルを
UTF8に変換して
上書き保存します。

805x176_betterhtmlexport_09

 

◆出来上がり

出来上がりサンプルはこちら[LINK]OpenNewWindow

この方法なら簡単に
ライトボックス風な
フォトアルバムが簡単にできますね。

参考にしてください。

テンプレートの中には
使われないイメージファイルも含まれていますが
prettyPhotoのオプション用の画像ですので
ご容赦くださいまし。


 
jquery.prettyPhotoのオプション設定等は
こちらに解説を書きました。
[prettyPhoto3]ステップbyステップ【prettyPhoto3の導入】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます
参考にしてください

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptFontBook | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Colors | Cool Site | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | Google | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | Office | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Print | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | SLAResource | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss