FFmpeg

[2.6]Miro Video Converter【アップデート】

Website_image20111105_112534


|

[FFMPEG]のコメントに対してのレスポンス

[LINK]FFMPEGをインストールする【Macにね】: [FORCE]:新しいウィンドで開きますについてのレスポンス


HIROさんの質問は2点

■Terminal-bash-80X24
■ダウンロードフォルダはffmpeg-5b54d4b


■Terminal-bash-80X24
これについてでは
大丈夫でしょう。
ちなみに
ターミナルを起動したら
sh
と入力してリターンを押すとsh
bash
と入力してリターンを押すとbash
tcsh
ならtcsh
となりますから
色々しらべてprofileをカスタマイズしたりして
好みのシェルを見つけてください。

■ダウンロードフォルダはffmpeg-5b54d4b
HIROさんの文面からだけでは判断しかねますが
解凍したソフトウェアの文字エンコードによるもので
『たぶん』大丈夫だと思います。

ちなみにダウンロードは
Get FFmpegGet FFmpeg:新しいウィンドで開きます

Image20110218_03202

からダウンロードしてますよね?
それなら大丈夫でしょう。


先にも書きましたが
古いバージョンを試す場合は
Image20110218_03417
こちら
Index of /releases/Index of /releases/:新しいウィンドで開きます
から
バージョンを選択してダウンロードする事も可能です。

ffmepgではgitやsvnを使ってまさに最新版もダウンロードできますから
gitやsvnを調べて使ってみるのもいいかもしれませんね。

頑張ってください。

| | コメント (0)

[FFMPEG]のコメントに対してのレスポンス

こちらの記事のコメントに対してのレスポンスです
FFMPEGをインストールする【Macにね】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

ログ自体には
『yasm』が無いよ!って言っているわけなので

/usr/local/binにyasmが無い

/usr/local/binにパスが通っていない

のどちらかです

yasmが無い場合は
Image00221221_134849_2
Download – The Yasm Modular Assembler Projectアイコン:新しいウィンドで開きます

こちらをダウンロードして
解凍
./configure
make
sudo make install
すれは
yasmの所で終わっている./configureが通ると思います。
まずは
yasmをmakeしてみてください。

yasmはPPCのMacだとmake出来ないかもしれません。
ちなみに記事はインテルMacでの結果ですので
PPCMacだと結構厳しいかもしれません。

yasmをmakeするときにpythonの文字で
エラーするようなら
Image00221221_142002
Python on the Macintoshアイコン:新しいウィンドで開きます
を別途導入する必要がある『かも』しれません。
検討してみてください。


ffmpeg0.6xでmakeこけるようなら
ちょっと古めのバージョンffmpeg0.5xを試してみると
上手く行く『かも』しれませんIndex of /releases/アイコン:新しいウィンドで開きます
時間があるなら試してみて。


ちょっと敷居が高くなってきちゃったなぁ〜
と感じるようなら
こちらに
Image00221221_135626
Example Buildsアイコン:新しいウィンドで開きます

すでにビルド済みのバイナリがありますので
こっちを使っちゃう!って
ショートカットもあります。


その他オプション等は
こちらのページが参考になります


Image00221221_143100

FFmpeg on Mac OS X How-toアイコン:新しいウィンドで開きます


また裏技的には
ffmpegX
ffmpegX a DVD, SVCD, VCD, CVD, VOB, DivX, XviD, H.264, PSP, iPod, MP4, MOV encoder for Mac OSXアイコン:新しいウィンドで開きます
が動作しているなら
ffmpegXの中に
コマンドのバイナリがありますから
使っちゃうって手もあります。

頑張ってやってみてください

こちらのスクリーンキャストも参考にしてください
Image00221222_135043_2

YouTube - QuickTimer1 さんのチャンネル[YOUTUBE]新しいウィンドで開きます


| | コメント (0)

FFMPEG FOR OSX

ビルド済みのバイナリを
ダウンロード出来ます
make出来ない方はこちらから
ダウンロードすると良いですね。


Image00221220_215232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iFFmpeg

ffmpeg本体は内包されていないので
利用者がffmpegを用意する必要があるので
そこがナニです。

Image00221220_214555

iFFmpegアイコン:新しいウィンドで開きます


ffmpegの
Mac OS X 64-bit用は
こちらからダウンロードするようにと指示されます。

Image00221220_214853

Automated FFmpeg Buildsアイコン:新しいウィンドで開きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ffmpeg]Macにffmpegをインストールする

Image00221219_84322


YouTube - [ffmpeg]Macにffmpegをインストールするアイコン:新しいウィンドで開きます


こちらの記事の
FFMPEGをインストールする【Macにね】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます
スクリーンキャストSVNを使ってインストールする場合です。


configureオプションは
configureファイルをエディタ等で開いて確認してください

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[AppleScript]WMVビデオやREALビデオをMP4ファイルに変換する【FFMPEG】

FFmpegを使って
WMVビデオやREALビデオをMP4に変換します。

やっている事は
こちら
[AppleScript]FLVビデオをAudioM4Aファイルに変換する【FFMPEG】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

と同じです。

FFmpegがインストール済みが条件です。

FFmpegについては
こちらを参考にしてください
FFMPEGをインストールする【Macにね】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます


 

Force4u00220925_03935

赤い線を引いた所は
高画質オプションですが時間がエライかかりますので
シンプルなオプションにしています


----ここからユーザー設定
set OptionAR to " -ar 44100" as Unicode text
set OptionAB to " -ab 256k" as Unicode text
set OptionAQ to " -aq 100" as Unicode text
set OptionAC to "2" as Unicode text
set OptionAN to "" as Unicode text
set OptionACODEC to " -acodec aac" as Unicode text
set OptionNEWAUDIO to " -newaudio" as Unicode text
set OptionALANG to " -alang jpn" as Unicode text
----ビデオオプション
set OptionNEWVIDEO to " -newvideo" as Unicode text
set OptionVS to " -s qvga" as Unicode text
set OptionVR to " -r 30" as Unicode text
set OptionVB to " -b 2000" as Unicode text
----共通必須
set ComPath to "/usr/local/bin/ffmpeg -y -i " as Unicode text
set FileExet to ".mp4" as Unicode text


----ここまでユーザー設定

set OpenDef to the path to desktop as alias

tell application "Finder"
---ファイルを選んで
set FileAlias to choose file with prompt "ファイルを選んでください" default location (OpenDef)
---選んだファイルをUNIX式のパスに変換する
set OpenFiles to (POSIX path of FileAlias)
---コマンドを整形して
---set ComFFmpeg to ComPath & "\"" & OpenFiles & "\"" & " " & " \"" & OpenFiles & FileExet & "\"" & OptionNEWVIDEO & OptionVR & OptionVB & OptionNEWAUDIO & OptionAR & OptionAB
---set ComFFmpeg to ComPath & "\"" & OpenFiles & "\"" & OptionAB & OptionAR & OptionVR & OptionVB & " \"" & OpenFiles & FileExet & "\"" & OptionNEWAUDIO & OptionALANG & OptionAR & OptionAB & OptionAQ & OptionNEWVIDEO & OptionVR & OptionVB
set ComFFmpeg to ComPath & "\"" & OpenFiles & "\"" & " " & " \"" & OpenFiles & FileExet & "\"" & OptionNEWVIDEO & OptionNEWAUDIO

---コマンド実行
do shell script ComFFmpeg


end tell

 

「REAL2AAC_ffmpg.scpt.zip」をダウンロード[Download]新しいウィンドで開きます

画質的にも時間的にも
Miro Video Converter使った方が良いなぁ
[1.5]Miro Video Converter【アップデート】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

   

| | コメント (0)

[AppleScript]FLVビデオをAudioM4Aファイルに変換する【FFMPEG】

Applescriptを使って
FLVをM4Aオーデオに変換します。

FFMPEGがインストール済みなのが利用条件です。

AAC限定なので
ほぼYouTube用です...汗

FFMPEGのインストールは
こちらの記事を参考にしてください
FFMPEGをインストールする【Macにね】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

 

コマンドラインとしては
デフォルトの設定で

"/usr/local/bin/ffmpeg -y -i "入力ファイル" -vn -ab 256k -ar 44100 "出力ファイル" -newaudio -alang jpn -ar 44100 -ab 256k -aq 100"


こんな感じの内容を実行します。


 


ユーザー設定の所は
こちら
FFmpeg Documentation[LINK]新しいウィンドで開きます
を参考にしてください。


サンプルで
こちらを変換します。
Force4u00220921_40739


スクリプトを起動
実行を押します

Force4u00220921_40805

FLVファイルを選んでください

Force4u00220921_40834


ログが出ます。

Force4u00220921_40839


表示オプションで
アイコンプレヴューを入れておくと
変換中はこのアイコン
Force4u00220921_40850

正常変換できると
このようにアイコンが変わりますので
表示を変更してある所で変換すると良いですね。

Force4u00220921_40906

正常終了すると
""とブランクメッセージを返します。
Force4u00220921_40902


 



----ここからユーザー設定
set OptionAR to " -ar 44100" as Unicode text
set OptionAB to " -ab 256k" as Unicode text
set OptionAQ to " -aq 100" as Unicode text
set OptionAC to "2" as Unicode text
set OptionAN to "" as Unicode text
set OptionACODEC to " -acodec aac" as Unicode text
set OptionNEWAUDIO to " -newaudio" as Unicode text
set OptionALANG to " -alang jpn" as Unicode text
set ComPath to "/usr/local/bin/ffmpeg -y -i " as Unicode text
set FileExet to ".m4a" as Unicode text
----ここまでユーザー設定

set OpenDef to the path to desktop as alias

tell application "Finder"
---ファイルを選んで
set FileAlias to choose file with prompt "ファイルを選んでください" default location (OpenDef)
---選んだファイルをUNIX式のパスに変換する
set OpenFiles to (POSIX path of FileAlias)
---コマンドを整形して
set ComFFmpeg to ComPath & "\"" & OpenFiles & "\"" & " -vn " & OptionAB & OptionAR & " \"" & OpenFiles & FileExet & "\"" & OptionNEWAUDIO & OptionALANG & OptionAR & OptionAB & OptionAQ
---コマンド実行
do shell script ComFFmpeg


end tell


 

「FLV2M4A_ffmpg.rtf」をダウンロード[LINK]新しいウィンドで開きます

「FLV2M4A_ffmpg.scpt.zip」をダウンロード[Download]新しいウィンドで開きます

 


「FLV2M4A_ffmpg.html」をダウンロード[LINK]新しいウィンドで開きます

 

自分用のエラー制御のない
ドロップレット
(複数ファイルもいっぺんに処理できます。
「FLV2AAC_ffmpg.app.zip」をダウンロード[Download]新しいウィンドで開きます

 


  

| | コメント (0)

[ffmpeg]ビデオサイズのオプション

-s に続く所

sqcif128x96
qcif176x144
cif352x288
4cif704x576
16cif1408x1152
qqvga160x120
qvga320x240
vga640x480
svga800x600
xga1024x768
uxga1600x1200
qxga2048x1536
sxga1280x1024
qsxga2560x2048
hsxga5120x4096
wvga852x480
wxga1366x768
wsxga1600x1024
wuxga1920x1200
woxga2560x1600
wqsxga3200x2048
wquxga3840x2400
whsxga6400x4096
whuxga7680x4800
cga320x200
ega640x350
hd480852x480
hd7201280x720
hd10801920x1080

| | コメント (0)

[FFmpeg]Evomビデオダウンロード+同時変換

[LINK]OpenNewWindow

847x418_evom_04


 

FFMPGベースのアプリケーションですので
起動初回に
FFMPEGを自動でインストールします。
497x530_evom_17

インストール先は
ユーザーディレクトリのこちら

Evom

 

初期設定が同時に2本まで
エンコーディングですが


608x340_evom_12

初期設定を変更すれば

Screencapture00220913_74004

2本以上同時エンコードも出来ます。


1110x646_evom_20

 


使い方をビデオにしました。
YouTube - [DEMO]Evom.appの使い方デモンストレーション【Mac】[YouTube]OpenNewWindow


Screencapture00220913_74950

 


| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatX | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Printing | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss