iWorkNumbersCalendar

【Numbers】カレンダー 祭日表示(横方向表示)

Screencapture00220817_122126jst

iWork Numbers のカレンダー
祭日対応 横方向表示

 

「vloookup__calendar_vh.numbers.zip」をダウンロード[Download]DownloadFile

 


   


| | コメント (0)

【Numbers】カレンダー 祭日表示

もう
カレンダーは最後かなぁ
もう
出来る事ないよなぁ...w

iWork09のNumbersでの万年カレンダー

Screencapture00220708_02322

カレンダーの『曜日部』に
祭日の場合 祭日を表示させています。

◆固定の国民の休日

◆ハッピーマンデーの休日


方法を分けました
ハッピーマンデーの方は長くなりますが
if文使っています。

国民の休日の方は
VLOOKUPを使って検索して
『その日』=『国民の休日』
なら
判定欄に2を表示
判定欄に『2』があれば
曜日に『(祭日)』を追加表示

Screencapture00220708_02956

『(祭日)』の場合
セルのフォーマットで『ピンク表示』

Screencapture00220707_232747

って感じです。

 

ではサンプルです。
numbersは09です

「vloookup__calendar.numbers.zip」をダウンロード[Download]DownloadFile

 


エクセルの場合は
条件付き書式で
『数式』を使えるのですが
ナンバーズはあくまでも
そのセルが?によって
なのが痛いです。

| | コメント (0)

【Numbers】Vlookupで年号表記【カレンダー番外編】

NumbersのVLOOKUP関数はちょっと変
Microsoft Excelの『自動再計算』のタイミングと
ずいぶん違い
オフクリックしたタイミングで
再計算される。

ちょっと違和感があるなぁ

 

サンプルのファイル

vloookup_sample.numbers[Download]DownloadFile


vloookup_sampleA.numbers[Download]DownloadFile

 

まずは年号表を作って 参照させるだけですね。
836x235_iw_03_2


600x360_iw_04

検索値 検索範囲 表示列


で決まります。

年号表を別シートにするか
724x226_iw_01

同一シート内に年号表を作る
736x272_iw_02


両方の方法がありますが
シートを別にすると
ちょっと『自動計算のタイミングがさらに遅くなる』
ような気がします。

好みの問題かなぁ

同一シート内に別表として持つ方法もありますね。

Screencapture00220630_224846

vloookup_sampleB.numbers[Download]DownloadFile

参考にしてください。

    

| | コメント (0)

【Numbers】日付の基本

iworkの関数一覧はこちら[LINK]OpenNewWindow


Numbersの日付の基本

=TODAY()   今日の日付

=NOW()  今の日付と時間


=YEAR(NOW()) 今の年

=MONTH(NOW())  今の月

=DAY(NOW())  今の日

=DAYNAME(NOW())  今の曜日

=WEEKDAY(NOW())  今の曜日番号

=HOUR(NOW()) 今の時

=MINUTE(NOW()) 今の分

=SECOND(NOW()) 今の秒

Screencapture00220621_201606


 

サンプルはこちら
「now.numbers.zip」をダウンロード

 

エクセルでも
ナンバーズでも

『日付』と『時間』

の考え方の中には2つの種類があります。

『日付の一部としての時間』 午後5時とかね

『経過や長さのとしての時間』 1時間35分間とか

この2つの『単位』を
混同しないように
かつ
『表示のフォーマット』を指定しつつ
表を作れば
結果は良い物になると思います。

参考にしてください。


 
 


 Screencapture00220719_80851


日付の場合『DATEVALUE』を使えば
足し算や引算も簡単です。


「DATEVALUE.numbers.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

【Numbers】カレンダー 【その3】

Numbersのカレンダーサンプルです。
万年カレンダーに『年間週番号』を追加します。
先に作ったカレンダー[LINK]OpenNewWindowを元にしています。

週番号はGoogleのカレンダーなんかでも
確認できます。[LINK]新しいウィンドで開きます


562x246_day_05

 
ファイルはこちら
「calendar_v3.numbers.zip」をダウンロード

 

ポイントは2点
■週番号を求める
WEEKNUM($C$8&"/"&$C$9&"/"&C38)
■前の日の週番号と比べて表示
MAX(E10:E37),

これはわざわざ難しくやっていて
if(曜日="日曜日",週番号を表示,"")
の方が簡単ですね。

 

先のタイムカード計算[LINK]OpenNewWindowの時に

ポイントって言うか、なぜこんなに時間計算が変な事になるんでしょ。
Excelに目を向けてみても
Macintosh 版 Excel と Windows 版 Excel では、既定の日付システムが異なります。
と書きましたが
困った事に違うんですよ
もちろんNumbersとも違う

 
Macintosh版のエクセルのヘルプファイルに以下のような記述があります。
----ここから
Macintosh 版 Excel では、日付はシリアル値として連続番号で格納され、計算されます。
既定では、1904 年 1 月 2 日のシリアル値は 1、
2008 年 1 月 1 日のシリアル値は 37986 (1904 年 1 月 2 日の 37,985 日後) となっています。Windows 版 Excel では、既定として 1900 年日付システムが使用されています。

---ここまで

Windows版のエクセルはこの[LINK]OpenNewWindowようになっています。
 
442x220_day_01

Windows版のエクセルは1900年1月1日を『1』とします

一方Macintosh版のエクセルは
480x177_day_03
1904 年 1 月 2 日を『1』として

日付を管理しています。

試しにMacintosh版のエクセルをお持ちでしたら

2010/01/01

入力した場合

1900/01/01

違いを見てもらえれば良いと思います。

2010/01/01→日付として認識
1900/01/01→文字列として認識

します。

ちなみに時刻はNumbersで言うTIMEVALUE値になります。
12:00→0.5 18:00→0.75
 
エクセルの日付時刻はこの

『日付のシリアル値』+『時刻のTIMEVALUE値』の組み合わせ

表されている訳ですね。

 

Macintoshユーザーで日付を扱うシートを作る時に
注意すべき点が
このWindows版とMac版で『日付のシリアル値』が違う点です。
=NOW()で返される日付のシリアル値が違う事ね
普通にカレンダー程度なら問題ありませんが
=NOW()の値を元に計算させるような場面では
答えに違いが出る可能性があります(まぁ普通は大丈夫です)


 

一方Numbersは
『必ず日付時刻形式』で時間を持つ

『テキスト』として時間を持ちます。
まぁ
テキストの場面は問題ないとして
日付時刻形式の場合は

432x112_day_02_2

このように『時刻』だけの入力でも
Numbersの内部では『日付』も持っています。

これをうっかり計算するので
思ったような答えにならなくて苦労する事があるかも?しれません。
エクセルユーザーが陥りやすい所ですので
覚えておきたいですね。


 

逆に『文字列として表示させたい場合』は

Screencapture00220714_182933


セルのフォーマットを
『テキスト』にすれば良いですね

   

| | コメント (0)

【Numbers】カレンダーサンプル【応用編】

先に作ったカレンダー[LINK]OpenNewWindow
を元に
iCal風な月表示の万年カレンダーをNumbersで再現します。

(ちょっとエラー制御が中途半端ですけどまぁご愛嬌で)
Numbersは09です。

 

ポイントは
『その月の1日は何曜日?』って事を計算出来ればOKですね。


 

まずは出来上がりのNumbersファイルをダウンロードして
見てもらった方が早いでしょう。
[calendar_v8.numbers.zip]OpenNewWindow

 

予定を入力する縦型のカレンダーと
924x309_calendar_v8_06

横型のカレンダー(こちらは全て計算式です)
850x360_calendar_v8_07

の2シート構成になっています。

 

先の縦型カレンダーで使っている計算式は

=DAYNAME("2010" &"/"& "06" &"/"& "01")

この計算させると
2010/06/01の曜日を『テキスト』で答えを返しますので
計算結果は『火曜日』になります。

 

今回使うのは
=WEEKDAY("2010" &"/"& "06" &"/"& "01")

WEEKDAYは曜日を『数値』で答えを返します。

日曜日→1
月曜日→2
火曜日→3
水曜日→4
木曜日→5
金曜日→6
土曜日→7

を返しますので
計算結果は『3』になります。

 

でちょっと長いのですが
=IF(WEEKDAY($C$2&"/"&$E$2&"/"&1)=3,1,IF(WEEKDAY($C$2&"/"&$E$2&"/"&1)<3,1+C4,""))
って感じ

火曜日の欄の計算式を例にすると

もしも
1日の曜日が
=3(火曜日)
なら
『1』を表示しなさい

もしも
1日の曜日が
<3(3より小さい値=月曜か日曜)
なら
隣のセルの日にちに1足した数字を表示しないさい
って感じですかな?日本語にすると
 

予定の内容は
938x538_calendar_v8_04

VLOOKUP関数を使って
入力ページから検索→表示させます。

 

このカレンダーの考え方は
エクセルと互換がありますので
エクセルを普段使っている方は
分りやすいのではないでしょうか。

ポイントとしては
日付の作り方で
WEEKDAY($C$2&"/"&$E$2&"/"&1)
まぁエクセルも同じですが
このように
/(スラッシュ)を""で挟んででツナグって事をしないと
正しい曜日数値が帰ってこない
って事ですね。

ワンポイントでした。

参考にしてください。


| | コメント (0)

【Numbers】カレンダーサンプル

Numbersでの日付の操作です。
万年と言っても
ポイントは
『曜日』と『エラー制御』だけです
 
Screencapture00220607_230442
まずは
日付の操作のサンプルです。
「birthday.numbers.zip」をダウンロードNumbersdocument_2


 
1093x873_calendar_01

iWorkのNumbersで作ったカレンダーサンプル
祭日には対応していませんが
一応万年です。


「calendar.numbers.zip」をダウンロードNumbersdocument_2


ファイルは
CC0を選択しています。
CC0


年号 祭日入りのファイルはこちら[LINK]OpenNewWindow


  


| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility AccessibilityCheck AccessibilityForm AccessibilityInDesign AccessibilityPDF Acrobat Acrobat Action Acrobat Annotation Acrobat AppleScript Acrobat Layer Acrobat Plug-ins Acrobat Portfolios Acrobat Print AcrobatBarcode AcrobatDialog AcrobatForm AcrobatJS AcrobatMenu AcrobatPDF AcrobatStamp AcrobatYouTube AddressBook Adobe Adobe InDesign AdobeAppleScript AdobeBridge AdobeIllustrator AdobeJSX aed Alfresco Android AnimationGif Apple AppleScript AppleScriptBasics AppleScriptCharacter AppleScriptColor AppleScriptDroplet AppleScriptErrorNum AppleScriptFolder AppleScriptFontBook AppleScriptRename AppleScriptTools AppleSymbols Applications Barcode Barcode2D BarcodePostal BetterHTMLExport Book Browser buzz Certificates CharacterEntity CharacterSets Colors Cool Site CSS Cutting DecoMail DecorationMail Design Desktop Diff DJ dmg DNS Documents Download eBook Editer eMail Envelopes ExifTool Facebook FFmpeg File System Fonts FontsTool FontsWeb FOOD FormPrint ftp Gadget Gif Animation Google HexEditor HTML info iPhoto ISBN ISO iTunes iWork iWorkNumbers iWorkNumbersCalendar iWorkNumbersTimecard iWorkPages JavaScript JeditX JeditX Regexp JeditXAppleScript JIS jquery Letterpress Library logo Mac Admin Mac Archiver Mac Browser Mac Browser Plugin Mac QuickLook Mac Spotlight Mac Video Map Mobby Moto Movies Music Network Basic ntp OCR Office OSX Pantone Paper PDFlib Permission Photo Pictograms Print Public QuickLook QuickTime QuickTimeSetting QuickTimeSound Real Media ReName ResourceFork ruby Screen ScreenCast Search Security SEO Sharing SLAResource Spotlight Stamp SWF Tutorial PSD TV Twitter Typography Unicode Utilities Video WebFont Wedding Windows WindowsMedia XML XMP XPS YouTube YouTube Rss