JeditX

JeditAnywhereBackの対抗馬登場

Image00221225_31440


QuickCursor — Your favorite text editor anywhere for Mac.アイコン:新しいウィンドで開きます

どこでもJeditの対抗馬ですね。
同様の機能を複数のエディタで再現出来る所が良いですなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Diff]MacでDiff【JDiff Xが好き....笑】

DIFF[LINK]新しいウィンドで開きます
についてです。

一般的なPC利用者には
なじみが無いかもしれませんが
文章を比較して相違点を表示してくれる機能です。

DIFFツールは色々ありますので[LINK]新しいウィンドで開きます
好みの物を見つけておくと良いですね

使った事の無い人は一度試してみると良いですね
何かあったときに
きっとあなたを助けてくれる事でしょう。

私はJEDITX愛用者なので
JDiff X[LINK]新しいウィンドで開きますを使っていますが
何種類かMac用でも良いものがありますので紹介します。

 

まずはApple純正 無料
『FileMerge』

Force4u00221024_121830

デベロッパーツール内にあります。
(窓内にドロップでパス指定がいい感じ)
ちゃんと日本語も通ります。

Force4u00221024_123530

 

私の愛用は 製品版
JDiff X

Force4u00221024_122129

JDiff X Artman21[LINK]新しいウィンドで開きます

ちょっと物足りない点もあるけど
やっぱり
編集中に別アプリに移動しなくて良いので
これに落ち着くなぁ
ドラッグ&ドロップでのオープン比較も出来ます

 

kdiff3 無料

Force4u00221024_121935

ドラッグ&ドロップでのオープンも出来ます。
ちゃんと日本語も通ります。

 
DiffMerge無料

マージ 編集 フォルダ単位 比較

機能的にはこれが最強?なんですが
日本語が通らない

Force4u00221024_122019

残念


 

Kaleidoscope

Force4u00221115_04740
Kaleidoscope — File comparison for Mac[LINK]新しいウィンドで開きます

ケッコ良い良いインターフェイスなんです
画像の差分もチェックできるし
ただ
そこから編集はできないのがナニです
UIデザインに興味のある人は
必見ですよ


 

UltraCompare
バイナリを比較出来る
日本語入力は少しコツが必要

【Compare files and folders with UltraCompare for Mac and Linux】


Source:【Compare files and folders with UltraCompare for Mac and Linux】

Source:Compare files and folders with UltraCompare for Mac and Linux

| | コメント (0)

[TIPs]不可視文字の入力

Jeditxでの
不可視文字の入力方法と表示です。
465x335_jeditx_27

 


環境設定の

656x278_jeditx_02

この部分にチェックを入れておきます
591x474_jeditx_01

 

半角スペース 0x0020

601x357_jeditx_37

 

非改行スペース 0x00A0

618x374_jeditx_35

ノーブレークスペース - Wikipedia[LINK]新しいウィンドで開きます
[JeditX]非改行スペース: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます
 

全角スペース 0x3000

618x374_jeditx_30


 

タブ 0x0009

614x370_jeditx_31


タブキー - Wikipedia[LINK]新しいウィンドで開きます

 

ラインブレーク 0x2028
LINE SEPARATOR 行区切り
行を区切るだけなので『改行』ではない

597x374_jeditx_34

 

パラグラフブレーク 0x000a

617x392_jeditx_32

一般的には『改行』です
Paragraph Breaks
HTMLで言う『/p』タグ
段落の終わりです。 \nです
段落記号 - Wikipedia[LINK]新しいウィンドで開きます

 

キャリッジリターン 0x000d


624x388_jeditx_36
キャリッジ・リターン - Wikipedia[LINK]新しいウィンドで開きます

 

改ページ 0x000c

612x385_jeditx_33

| | コメント (0)

[設定]ルーラーの設定

ルーラーの表示と設定の
わたしの場合の使い方です。
人によってそれぞれですので
あまり気にしなくても大丈夫です。


環境設定の

656x278_jeditx_02_2

ルーラーの表示にチェックを入れておきます。

Force4u00220923_161457

 


メニューバーの表示から

Force4u00220923_161108

ルーラーを表示させる事も出来ます


Force4u00220923_161116


 

では
私のルーラー設定です。

フォントの設定を
Osakaの等幅14ptに設定して

584x271_jeditx_16

ルーラーの設定を
その半分の7ptで数える
580x353_jeditx_10

設定にする事で

全角2バイト文字なら10文字で20バイト
671x355_jeditx_12

半角1バイト文字なら20文字で20バイト
672x355_jeditx_18


文字のバイト数文字数計算をしやすくしています。

これが出来るのは
『等幅』フォントならではです。

こちらに紹介した
[Font]0(ゼロ)に斜線が入るフォント(日本語可): [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます
フォントも等幅がありますので
お好みで試してみてください。


| | コメント (0)

[JeditX]base64でエンコードされた文字列をデコードする。

Appleメールから送信された
メールがbase64+UTF-8でエンコードされていて
文字化けした場合の対応方法

■JeditX用Applescripts『Base64EncodeDecode.zip』を入手する
■JeditXテキスト上でデコードする。

 


■JeditX用Applescripts『Base64EncodeDecode.zip』を入手する
こちら[LINK]OpenNewWindowのページから
選択部分をBase64エンコード/デコードする<く Base64EncodeDecode.zip
をダウンロードしておく

 
■JeditXテキスト上でデコードする。

Base64エンコードされている
文字列をコピーして

Screencapture00220720_122602jst


UTF-8の新規書類へ
ペースト
Screencapture00220720_122620jst

スクリプトを実行

Screencapture00220720_122638jst

変換できます。


phpコマンドを使って

on decodeBase64(str)
set scpt to "php -r 'echo base64_decode(\"" & str & "\");'"
return do shell script scpt
end decodeBase64

変換していますね。

他にも同じ手法が使えそうです。


 

| | コメント (0)

[JeditX]非改行スペース

非改行スペースについてです。

HTML5での記述はこちら[LINK]新しいウィンドで開きますを参考にしてください

非改行スペースとは
nbsp
ノーブレークスペース [LINK]OpenNewWindow
no-break space,non-breaking space
ハードスペース
固定スペース
の事ですね。

Screencapture00220717_95041


入力方法は
Screencapture00220717_85525

『オプション』+『スペース』です。

実際に入力されるコードは句点
1面9区2点


Screencapture00220717_85735


 

HTMLでのサンプル


非改行スペースの『非改行』なる由縁は


↓このような場合

Screencapture00220717_101424

↓このように
Screencapture00220717_101557

通常スペースは『スペース部』を起点に『改行』されるので
『非改行』は改行されない所にあります。

ちなみに誤解の無いようにしてほしいのが
HTMLの場合
非改行スペースは↓このように

Screencapture00220717_101824

&nbsp;と記述するべきですね。

nbspは(ノー ブレーク スペース)の略ね

 

Screencapture00220717_95813

このようなサンプルを作りました。
HTMLにおいて『通常スペース』は

『何文字あっても1文字分』と決まっているので
Screencapture00220717_94133
このようになります。


↓このように何文字スペースを入れても

Screencapture00220717_100816

↓つないで1文字分として表示される事です。
Screencapture00220717_100840


しかし実際のHTML上での非改行スペースは
Screencapture00220717_101138
↑このように
Character Entityに則った記述する事を推奨されています。


  


| | コメント (0)

[AppleScript]htmlentities変換【Jedit版】

URLエンコード[LINK]OpenNewWindowの回に
JeditX[LINK]OpenNewWindowで一発変換出来る
スクリプトについて書きましたが
PHPのコマンド[LINK]OpenNewWindowを使って変換していました。


じゃぁ
他もできんじゃね?って事で
PHPのhtmlentities[LINK]OpenNewWindow
コマンドを置き換えてみたら
そのまんま出来た..w

ブログにHTMLコードを貼付ける人とかは
便利かもしれませんね。


tell application "Jedit X"
tell front document
set TheTextToEncode to selected text
set theResult to my encodeURL(TheTextToEncode)
set selected text to theResult
end tell
end tell

on encodeURL(str)
set scpt to "php -r 'echo htmlentities(\"" & str & "\");'"
return do shell script scpt
end encodeURL

Screencapture00220622_172501

コマンドラインからPHPを使うのは
他にも色々と出来そうな気がします。


「CharacterEntity.txt」をダウンロード

「CharacterEntity.scpt.zip」をダウンロード


テキストエディット版もあります
[AppleScript]htmlentities変換【TextEdit版】: [FORCE][LINK]新しいウィンドで開きます

| | コメント (0)

Jedit用 複数一括置換ファイル

「multireplace_pairs.txt」をダウンロード

HTMLのコードをブログ等に貼付ける時に使います。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatX | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Printing | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss