OSX

The Back-Up Plan

3月末日はバックアップデーなので
バックアップした
ほぼ、去年と変わらないが
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2016/04/41-fe9e.html

この一年で変わった事と言えば
今の現場ではAdobeIDとMsの365があるので
通信系を1系統追加して別から引いた事

Wifi機材のハードウェアとしての予備機を常備するようになった

逆に課題として
デバイス、サービス、データが分散したので
集約管理(つ〜と聞こえが良いが、何処に何があるのか?わからなくなる…のを予防しているだけ…)が
ある

制作はプランBが必要な場合があるけど…苦笑

設備・機材にデータはバックアッププランを考えておく必要がある…といった話しでした。

---------------

映画
バックアッププランのオープニングは秀逸(まぁ好き嫌いの問題だけど…)
https://www.youtube.com/watch?v=9ef9hpkv5SI

Thebackup_05


Thebackup_08


Thebackup_16


Thebackup_17


|

LaunchAgents・LaunchDaemonsの起動項目を停止する

アプリケーションを削除するときに
忘れがちなLaunchAgentsとLaunchDaemonsを削除(といっても移動して取っておくけど)する
最近wacomのタブレット・ドライバの削除時に
なぜか?削除されずに残ったので作成しておいた
ポイントは

/bin/launchctl' unload

削除するまえにちゃんとアンロードするでしょうか?
(まぁ削除しちゃっても、次回の電源OFF〜On時に読まれなくなるので不要と言えばナニだけど)


(*

DelLaunchPlist.scpt
20170202 初回作成

あらかじめDisabled用のディレクトリを作って
LaunchAgents
LaunchDaemons
ある、起動項目をアン・ロードして停止
停止後、にDisabledディレクトリに移動します。

*)




on run
---プロンプトの文言改行が使えます\nを入れます
set theWithPrompt to ""
---ファイル選択ダイアログのデフォルトのディレクトリ
set theDefLoc to (((the path to library folder from user domain) as text) & "LaunchAgents:") as alias
---Uniform Type Identifier指定
---詳しくは http://goo.gl/6jAQa Uniform Type Identifier
set theFileType to "com.apple.property-list" as text
---のファイルタイプをリスト形式に整形する
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
---ダイアログを出して選択されたファイルは「open」に渡す
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run






on open ObjDropOrOpen

---ユーザードメインのライブラリにLaunchAgents(Disabled)フォルダを作ります
try
set theCmdCom to ""
set theUserLaunchAgents to (((the path to library folder from user domain) as text) & "LaunchAgents:") as alias
set theUserLaunchAgentsPath to POSIX path of theUserLaunchAgents as text
set theUserLaunchAgentsPathDisabled to doReplace(theUserLaunchAgentsPath, "LaunchAgents/", "LaunchAgents(Disabled)")
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mkdir' -p '" & theUserLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom
end try
---ローカルドメインのライブラリにLaunchAgents(Disabled)フォルダを作ります
try
set theCmdCom to ""
set theLocalLaunchAgents to (((the path to library folder from local domain) as text) & "LaunchAgents:") as alias
set theLocalLaunchAgentsPath to POSIX path of theLocalLaunchAgents as text
set theLocalLaunchAgentsPathDisabled to doReplace(theLocalLaunchAgentsPath, "LaunchAgents/", "LaunchAgents(Disabled)")
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mkdir' -p '" & theLocalLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---ローカルドメインのライブラリにLaunchDaemons(Disabled)フォルダを作ります
try
set theCmdCom to ""
set theLocalLaunchDaemons to (((the path to library folder from local domain) as text) & "LaunchDaemons:") as alias
set theLocalLaunchDaemonsPath to POSIX path of theLocalLaunchDaemons as text
set theLocalLaunchDaemonsPathDisabled to doReplace(theLocalLaunchDaemonsPath, "LaunchDaemons/", "LaunchDaemons(Disabled)")
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mkdir' -p '" & theLocalLaunchDaemonsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---システムドメインのライブラリにLaunchAgents(Disabled)フォルダを作ります
try
set theCmdCom to ""
set theSystemLaunchAgents to (((the path to library folder from system domain) as text) & "LaunchAgents:") as alias
set theSystemLaunchAgentsPath to POSIX path of theSystemLaunchAgents as text
set theSystemLaunchAgentsPathDisabled to doReplace(theSystemLaunchAgentsPath, "LaunchAgents/", "LaunchAgents(Disabled)")
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mkdir' -p '" & theSystemLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---システムドメインのライブラリにLaunchDaemons(Disabled)フォルダを作ります
try
set theCmdCom to ""
set theSystemLaunchDaemons to (((the path to library folder from system domain) as text) & "LaunchDaemons:") as alias
set theSystemLaunchDaemonsPath to POSIX path of theSystemLaunchDaemons as text
set theSystemLaunchDaemonsPathDisabled to doReplace(theSystemLaunchDaemonsPath, "LaunchDaemons/", "LaunchDaemons(Disabled)")
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mkdir' -p '" & theSystemLaunchDaemonsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try


---複数選択した場合もあるのでリピート

repeat with objFiles in ObjDropOrOpen
---選択したファイルのエイリアスを取得
set theAlias to objFiles as alias
---UNIXパスに変換
set thePlistPath to POSIX path of theAlias as text
---アクセス権を調整
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/chmod' 644 '" & thePlistPath & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---オーナーをrootに変更
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/usr/sbin/chown' root '" & thePlistPath & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---ここでようやくアン・ロード(停止)させます
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/launchctl' unload -w '" & thePlistPath & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try
---停止後にDisabledディレクトリに移動
if thePlistPath contains theUserLaunchAgentsPath then
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mv' -f '" & thePlistPath & "' '" & theUserLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges

else if thePlistPath contains theSystemLaunchAgentsPath then
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mv' -f '" & thePlistPath & "' '" & theSystemLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges

else if thePlistPath contains theSystemLaunchDaemonsPath then
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mv' -f '" & thePlistPath & "' '" & theSystemLaunchDaemonsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges

else if thePlistPath contains theLocalLaunchAgentsPath then
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mv' -f '" & thePlistPath & "' '" & theLocalLaunchAgentsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges

else if thePlistPath contains theLocalLaunchDaemonsPath then
---コマンドライン整形
set theCmdCom to ("'/bin/mv' -f '" & thePlistPath & "' '" & theLocalLaunchDaemonsPathDisabled & "'") as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end if
end repeat
end open




-----#文字の置き換え
to doReplace(theText, orgStr, newStr)
set oldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to orgStr
set tmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to newStr
set tmpStr to tmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to oldDelim
return tmpStr
end doReplace

「DelLaunchPlist.scpt.zip」をダウンロード

|

[AppleScript]アイコンのキャッシュを削除(リビルド)する

OSXのデザイン環境だと
主なトラブルって事になると
フォント
アクセス権
機能拡張(Extensions kext系)
ハードウェアや物理的なトラブル
そして
各種のアップデートに付随する事象
(最近では10.12のPDFkitはヒドイ…)
って
感じになりますが

OSとアプリ側の『なんでもキャッシュして高速化しよう』が
起因している事も結構あります。

OS フォント 機能拡張 アプリケーション メタデータと
本当に色々な物が高速化のためキャッシュされます。

キャッシュの内容と実際の内容が同じなら問題ないのですが
時として、アプリやコマンドがクラッシュしたり、バグがあったりで
差異が出る事があります。

まぁ、コレばっかりは、防ぎようが無いので…
キャッシュを再構築する事になります。


(*
ReBuildIconCache.scpt

20170121 初回作成


OSXのアイコンのキャッシュを削除します。
自動でリビルドされます
ランチサービスも初期化しますので
ファイルを開く時に『○○で開きます』とFinderが応答します。

要管理者権限

*)


---初期化
set theCmdCom to "" as text


---キャッシュファイルを削除
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo find '/private/var/folders/' -name com.apple.dock.iconcache -exec rm {} \\;" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try

---アイコンサービスを削除
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo find '/private/var/folders/' -name com.apple.iconservices -exec rm -rf {} \\;" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try

---アイコンサービスを削除
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo mv '/Library/Caches/com.apple.iconservices.store' '/tmp'" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try

---アプリケーションフォルダに『偽』アプリを作成
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo mkdir -p '/Applications/CachesApp.app/Contents'" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try

---『偽』のインフォファイルを作成
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo touch '/Applications/CachesApp.app/Contents/Info.plist'" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try


set theComent to "この後少し時間がかかる処理になります。途中終了しないで一服して待ってください" as text

---ランチサービスを初期化
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "'/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/A/Support/lsregister' -kill -seed\n" as text
---コマンド実行
log theComent
do shell script theCmdCom
end try

---ドックを再起動
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "killall Dock" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom
end try

---ファインダー再起動
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "killall Finder" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom
end try

---『偽』アプリをtmpに移動して次回削除させる
try
---コマンドライン整形
set theCmdCom to "sudo mv '/Applications/CachesApp.app' '/tmp'" as text
---コマンド実行
do shell script theCmdCom with administrator privileges
end try

return "処理が終了しました"



「ReBuildIconCache.scpt.zip」をダウンロード

|

Apple File System

MacSysAdmin 2016の
セッションドキュメントが閲覧可能になっていた

Website_image00281211_114827


http://docs.macsysadmin.se/2016/2016doc.html

この手の集まりは『常連』による内容の濃密化が
新参者にとって、入りにくい物になっていく事が多々あるが
レベルアップした内容もありつつの
基本的な内容のセッションも残しているので
新参者でも楽しめる内容に工夫されているのを感じる

ビギナー向き エキスパート向きのバランスかな?内容を上手に組まないと
行き詰まる事がある。

今回のセッションで『自分的には』勉強になったのが
『APFS Apple File System』
まぁ
今すぐには使えないが、今後変わっていくわけなので
予備知識として知っておいても良いかもしれない

PDFはこの人のPDFアイコンから入手出来る

Website_image00281211_115655


クローンとスナップショット機能には期待できるかも
Website_image00281211_114259

https://developer.apple.com/library/prerelease/content/documentation/FileManagement/Conceptual/APFS_Guide/Features/Features.html

クローンの概念

Website_image00281211_120215

スナップショットの概念

Website_image00281211_120220


現在の制限事項が
起動ディスクとしては利用出来ないのでナニだろう
Website_image00281211_114327

|

CUDA Toolkit 8.0

Website_image00281023_204851

https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

10.11以上になりました
Xcode8との互換が無いわけで…微妙な…
ここ数年はIntelかAMD製なわけだからどうしたもんだろうね…

誤って10.10に入れそうになった…

余ってインストールした場合や
インストール後エラーログが出る場合は
/Developer/NVIDIA/CUDA-8.0/bin/uninstall_cuda_XX.pl

/usr/local/cuda/bin/uninstall_cuda_XX.pl

/usr/local/cuda-XX/bin/uninstall_cuda_XX.pl
を実行なのだが
それだけでは全ては削除されない

LaunchAgentsやPreferencePanesは手動で削除する必要がある。(場合もある)

|

10.12検証はじめました

今日から10.12の検証テストを開始した。
10.11からの上書きと新規の2パターン


CUPSは
10.9→1.7x
10.11→2.1x

今回は
10.12→2.2.0

なっている
そのためCUPS2xに対応していて
10.11で動作していたプリンタPLUG-INは、概ね動作するだろう
(あまり心配していない)

プリンタドライバが10.9までの場合はインストール後に
ログチェックでエラー等の確認が必要かな

プリンタドライバのインストーラーが古い場合
すべてのアプリケーションを許可が必要になる場合
10.11で『すべてのアプリケーションを許可』に設定している場合は
10.12のアップデートで項目が生きるが
新規インストールだと許可の項目自体が表示されない。

ゲートキーパーを切るのはセキュリティ上好ましく無いが
(全て許可だと、ウィルス踏んだ時に感染するから)
変なサイト見ない人や、メールの添付の処理に自信がある人は
sudo spctl --master-disable

『その時だけ』許可すれば問題ないだろう
インストールが終わったら
sudo spctl --master-enable

戻せば良い

-------

オプティマイズ・ストレージ(ディスクの最適化)は
以下の記事がわかりやすいので割愛
TidBITS
Sierra の Optimized Storage に関する説明
http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-1338.html#lnk5

-------

CS6はインストール可能(Ai、Ps、Brのみ確認、明日indはチェックする)
起動確認まではした。
起動して印刷も出来る。
さ〜てどうしたもんか…
ハウスルールとしてCS6のインストールをサポートするか?…
考え中
(もう少し色々やってから結論にする)
セキュリティ担当の意見で最終的に判断ですが
判断材料は用意しないと…制作現場的にはCS6を使いたいらしいし…
Acrobat11は検証しないつもり。


-----
コンソールが最悪
(工夫は認めるが)使いにくい。
あれはダメだ…ベーターテスターの方々はアレで良かったのかね…
『tail -f』的に使えない…


------

全体の印象は10.11より、少しだけ軽快に動作するような印象
今の所10.11の上書きで問題は、発生していない
(非対応の機能拡張が数種あったが想定内)

|

サポート終了と上手くつきあう(それが『業務』ならね…) その2

その1はこちら
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2016/09/post-87fb.html


今後購入するMac機材は10.12がインストールされているわけなので
制作の現場的には、機材の調整が必須になってくる
CS6が必要なチームにはCS6が使える機材を用意しなければならないわけです。

AdobeCCデスクトップアプリもOSによってインストール出来る物が変わって来たし
機材の調整は現実問題なんです。
そこに
Appleのハードウェアのライフサイクル
5年経過したら修理しないよ!もあるので、さらに難しい事になりそう…
(といっても後2〜3年は継続して調整していく事なので覚悟はしてるけど)
来年あたりで2010年のモデルが修理不可になるので
故障が出るとちょっとやっかい…(iMacって結構故障が多いし)

ビンテージ製品とオブソリート製品
https://support.apple.com/ja-jp/HT201624

Website_image00280922_200007


ソフトウェア的にはザックリ以下のようになりますか?

Website_image00280922_194014
アドビ製品の必要システム構成リンク一覧
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/8392.html


AppleのOSのライフサイクルは、セキュリティや不具合の改修を行ないませんよ!

いった内容なので10.6は今でも売ってたりするし
http://www.apple.com/jp/shop/product/MC573J/A/mac-os-x-10.6-snow-leopard?

過去にAppleIDと紐づいているOSは再度ダウンロードする事も出来る。
なので
自己責任のもと、セキュリティを担保出来るように工夫すれば使用しても問題無いが
上記のようにハードウェアが無くなる…といった事になります。

どのみち、新しい機材はCC2015+OFFICE2016なのだから
あまり考えてもしかたがないかな

若い人は比較的新しい環境への移行ってスムーズなんだけど
歳いっている人は難しいねぇ…

|

4月1日はバックアップデー(世間では3月31日ですが)

仕事帰りに追加のディスクを購入して
昨日の夜に全バックアップ(リストア可能な)を取った

タイムマシーンもOS10.2xの頃はナニだったが
最近はコナレテ来たので使えるツールになった

Website_image00280402_130336


『データ』としては上記のような感じ?だと思いますが

データは
『マスター』と『バックアップ』が基本ですが
最近は『いつでも何処でも』が必要になりつつあり
『マスター』『バックアップ』『クラウドコピー』の3点セットが必要と思っています。


Website_image00280402_130331


本体と除いて考えると
『携帯やスマホ』のハードウェアとしてのバックアップに
必要性が高くなり『つつ』あるように思います。


『不具合発生時』に『元の状態に戻す』までの『時間』が短ければ短い程良い

それが
本体でもスマホでもソフトウェアでも

-------------

古いバックアップの中に
昔の環境があったので…笑 起動してみた

Website_image00280402_113202

Website_image00280402_113425

Website_image00280402_113508

Website_image00280402_113615

Website_image00280402_113746

なつかしい…

|

Fontとメモリ消費 その2

その1
http://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2016/03/font-98d9.html


フォントのインストール数が与える影響を
AdobeのAiCS6で見てみます。

20160330_224852


こんな感じになりました

仮想メモリーはメモリーのイメージを『ハードディスク』に書き込みますので
実メモリほど高速ではありませんが、すてに展開済のデータですので
実ファイルを読み込みよりは良いといった程度です。
もちろん、ディスクアクセスが頻繁になると速度に影響します。

その1に続いて
フォントのインストールは程々にといった話しでした。
お願いしますよ<All

|

Fontとメモリ消費

今時のMacを利用しているのでしたら
速度の問題は(もちろん全ての機器にはあてはまらないが)
『ハードディスクの速度』と『ネットワーク』
ディスクアクセス『読み取り』『書き込み』が『速度』のボトルネック
AdobeのCCなんかは電源ON時からの最初に起動時に
かなりの量のファイルを読み込み、メモリやキャッシュに書出します。
もちろん
SSDやフュージョンドライブ(まぁこれもSSDか)ならナニですが

ディスクアクセスとメモリー消費の両方で
大きく影響するのが『フォント』

Adobeのソフトが遅いと言う人に
少し古い機材でも、フォントはOS標準のみにして起動させると
ナルホドと納得してもらえます。
(まぁフォントは標準のみだと仕事になりませんが…苦)

AdobeのCCでは電源ON時からの最初に起動時には
全てのフォントを読み込みキャッシュします。
フォントの数が多ければ、それだけ起動に時間がかかります。
文字の字形サンプルを有効にしている場合は字形のキャッシュも作りますので
さらに時間がかかるわけです。

前置きが長くなりました
では
実験です。

まずはインストール済のフォント数121


Website_image00280327_194741


つづいて
ユーザーディレクトリに和文フォントを100書体追加


Website_image00280327_221523_2


和文100書体に欧文400書体追加

Website_image00280327_195617

実メモリーが
10.3 → 14.4 → 35.6 と肥大
それよりも
仮想メモリが
25→34→49と増えています。
これは『ディスクアクセス』を意味します。
また
仮想メモリの隣の3.11

Website_image00280327_1956171

これはCPUで演算した時間になります
フォントの数が多い分CPUも多く使っている事になります。

実メモリーを消費した上に仮想メモリへのディスクアクセスが頻繁になる

速度の面だけですが、良い事無いのです。

もちろん各種アプリケーションもフォントを読み込むのに時間がかかるし
字形で表示するフォントメニュー等も多くのリソースを必要になります。

かと言って、フォントが少ないと仕事にならん時もありますから
フォントのインストールは『ほどほど』にねっ といった話しでした。


余談ですが
ディスクアクセスだけで言えば
mds(スポットライト検索のインデックス)
アンチウィルスソフト
タイムマシーン 等が動いている時はディスクアクセスが多くなり
速度に影響が出たりします。

|

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptFontBook | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Colors | Cool Site | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | Google | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | Office | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Print | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | SLAResource | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss