XMP

ImageInfoToolkit

ドイツ製
IPTCメタデーターのエディタ
http://www.image-info-toolkit.com/en/welcome.html

IPTC-PLUS Photo Metadata ToolkitがCCに対応していないので
IPTCのメタデータをイジれるのはコレぐらいかな…

Website_image00280117_15223


JAVAベースなのでインターフェイスがナニですが
まぁ他に選択種も少ないですしね…

APなんかだとWEBページへの展開も

Website_image00280117_15235


キャプション部分は
メタデータから引っ張って来ています

Website_image00280117_20100


|

GeoNamesTagger

GeoNamesTagger


JAVAベース
マップがhttp://www.openstreetmap.org/なのが
好みがわかれるかな
地図の読み込みに時間かかり過ぎ…


|

Adobe Lightroom 2におけるXMPの活用

Adobe Lightroom 2におけるXMPの活用


|

XMP Toolkit SDK 5.1.2 | XMP FileInfo SDK 5.1

Website_image20120525_15150


Updates:
Updated XMP Specifications [version: April 2012]
New version of the XMP Toolkit SDK (c++) [version: CS6]
Compiler Upgrade: Xcode 4.x, Visual Studio 2010 (VC10)
A plug-in SDK for XMPFiles that allows you to add custom file handlers, or replace existing file handlers with custom ones in XMPFiles
A new version of the file handler for RIFF-based formats that also support AIFF. The AVI handler still uses the old code, but WAVE and AIFF are based in the new file handler
New functions in XMPFiles that allows you to use your own I/O code in XMPFiles
Support of EXIF 2.3 properties
A new XMPFiles function, GetFileModDate(), that retrieves the most recent OS file modification date for the associated metadata of a file
Many bug fixes and minor improvements in XMPFiles
The XMP FileInfo SDK is now available in version CS6
Custom Panel Plugin for Flash builder 4.x
EVE Panel converter (to convert CS 2/3 panels)
Create generic panel without Action Script (XML only)
XMPCore Java is now is now available in version CS6 and seperated from the C++ toolkit (see new Java section)
Many bug fixes and minor improvements

|

[Geotag]Geotagを追加出来るツール(過去記事フォロー)


リンク先【Early Innovations | GPSPhotoLinker Overview 】のイメージ画像

Source:【Early Innovations | GPSPhotoLinker Overview 】   



http://goo.gl/MeULI
Source:Early Innovations | GPSPhotoLinker Overview

|

[GeoTiff]Mac用GeoTiff編集ソフトQGIS

インストール順があります。

Image00221219_231816

Qgis [KyngChaos Wiki]アイコン:新しいウィンドで開きます


Image00221219_231832

Unix Compatibility Frameworks [KyngChaos Wiki]アイコン:新しいウィンドで開きます

Image00221219_232720


GRASS GIS [KyngChaos Wiki]アイコン:新しいウィンドで開きます

Image00221219_233502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[XMP]メタ情報書き込みボタンJavaScripts【Acrobat用】

Acrobatにメタ情報(プロパティの概要部分)を
書き込むボタンを作ります。

JavaScriptsをダウンロード
「appPageTitle.zip」をダウンロード
テキスト版
「appPageTitle.js.txt」をダウンロード


※Acrobat用です(notReader)
CC0を選択しています。
CC0


 

ダウンロードしたら
JavaScriptsファイルを編集して
初期設定をしてください。
Acrobat_06

所定の位置へ
インストール先は
こちらの記事を参照してください
Macintosh[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます
WIndows[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きます

Acrobatを再起動すると
こんな感じのボタンが出来ます。
※セキュリティ設定によっては動作しない事もあります
Acrobat_03

書類を開いて
ボタンを押すと
こんな感じでデータを書き込みます。
Acrobat_04

タイトルは『ファイル名』を取得して指定しています。
他3項目はユーザー設定値になります。

※注意
書き込まれる情報は
追記ではなく 置き換えになっていますので
既に情報がある場合は注意が必要です。

ユーサーモード2を選ぶと
カスタムプロパティに対しても書き込みます。
Acrobat_05

 

備考
タイトルだけ処理したい人は

Im00221203_54140

↑の3項目をコメントアウトする事で
タイトル=ファイル名
になります。

最初はダイアログ出してタイトルを入力して
とか?
とも考えたのですが
それをやるなら
私の場合Adobe Bridgeでやるので
不必要

日々の作業でAlfrescoに投げる前に
ポチットな用なら
シンプルが一番と考えました。

ポチットやれば『名称未設定』が無くなるんじゃないか?と


| | コメント (0)

[Meta]Acrobatバッチ処理でメタデータ追加(JavaScript)

バッチ処理のJavaScriptを使って
概要(info)データに書き込みます。

こちらの記事
[Form]ドキュメント等の基本情報を取得する[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きますで記載した内容が書き込めます。

info(概要)項目は以下

Title
Author
Subject
Keywords
Creator
Producer
CreationDate
ModDate
Trapped


Im00221130_12952

この内容のバッチ処理(JavaScript)

Im00221130_10720_2

こんな感じに書き込めます

AppleScriptだとダメ[LINK]アイコン:新しいウィンドで開きますだったのに
JavaScriptだとあっけなぁ〜


 

余談

このinfo項目ですが

Im00221130_14603

こんな感じで勝手に名前を付けていく事ができます
Title他Acrobatで予約されていない項目は


Im00221130_14624

カスタムプロパティに書き込まれます。

コンテンツやアセット用サーバーのタグや
作業者名やクライアント名

都合にあわせて付け加えると
検索時に役に立つ『かも』しれませんね

   

| | コメント (0)

[Meta]Acrobatバッチ処理でメタデータ追加(かなり使いにくい)

XMPやメタデータを
Acrobatのバッチ処理でも可能です。

Im00221130_01049

メニューが深い事もあって
ちょっと使いにくいですが

特定の処理等でバッチ処理を使っている場合には
有効ですね。

■大量にファイルがあり
■同じ内容を書き込む場合


逆に
■各項目をブランクスペースに置き換える
(メタ情報を無しにする)

場合には有効ですね

| | コメント (0)

[XMP@SWF]Adobe Device Central SDK【SWFファイルにXMPのメタデータ】

SWFファイルへのメタデータの書き込みは
Adobe BridgeからモバイルSWFメタデータを書き込み可能ですが
Device CentralからもXMPへアクセス可能です。

 
デバイスセントラルを使って
SWFファイルにXMPのメタデータを書き込み保存します。

■Adobe Device Central SDKをダウンロード
■frameworkのインストール
■JSXベースのプラグインのインストール
■動作確認

の順です

 
■Adobe Device Central SDKをダウンロード
Im00221122_203313

Adobe Device Central SDK | Adobe Developer Connectionアイコン:新しいウィンドで開きます

SDKをダウンロードしてください

 
■frameworkのインストール

SDKのDMG
/Volumes/ADC_CS4_SDK/ADC_CS4_SDK/Sample Plugins/Metadata/libraries/mac
にある
Im00221122_203046

AdobeXMP.framework
AdobeXMPFiles.framework
AdobeXMPScript.framework

3つを
Device Central.appの
Im00221122_203105


/Applications/Adobe Device Central CS4/Device Central.app/Contents/Frameworks

にコーピーします。
 

■プラグインのインストール
SDKのDMG
/Volumes/ADC_CS4_SDK/ADC_CS4_SDK/Sample Plugins/Metadata/

Im00221122_204113


自分のホームフォルダ内
/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Adobe Device Central CS4/Tasks
にコピーします
Im00221122_204057
※通常Tasksフォルダは存在しませんので
初めてタスクをインストールまたは設定する場合にはTasksフォルダを作る必要があります。


 

インストールは以上で完了
動作確認します。

新規プロジェクトを作成して

Im00221122_204532

タスクにメニューが出るのを確認してください
Im00221122_202955

実行すれば
Im00221122_203005

上記のようにメタデータパネルが出ます


 

余談
こちらの記事を読んでからはじまった
PDFのメタデータを書き換える - 名もないテクノ手アイコン:新しいウィンドで開きますメタデータ祭りですが

BridgeにEXIFtool
PDFだけでなくJPGや他の画像フォーマット
エクセルやSWF
それを管理運用するCMSやAMS

色々な場面でXMPやメタデータを使えるようになっています。

カメラマン的には
撮影情報を参照出来る重要な情報でもありますが

DTP的には
主に制作結果に対しての『主張』として使う場面
(著作情報等)

『検索結果を補助』する意味として使う場面

2通りの大きな意味があります。


日頃から習慣的にメタを付加するのは大変です。

きちんとメタデータが付いていたほうが良い事はたしか

アセット・マネージメント・システム
または
アップルスクリプトやオートメーター
等を工夫して
作業者にとって負荷の無い形を
それぞれの現場で考えてあげたいですね。

現場の規模にもよりますが
著作情報等は
少人数なら進行担当がBridgeでまとめてXMP設定
アセット情報等は
各自のMacでフォルダアクション等が有望かな?

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Accessibility | AccessibilityCheck | AccessibilityForm | AccessibilityInDesign | AccessibilityPDF | Acrobat | Acrobat Action | Acrobat Annotation | Acrobat AppleScript | Acrobat Layer | Acrobat Plug-ins | Acrobat Portfolios | Acrobat Print | AcrobatBarcode | AcrobatDialog | AcrobatForm | AcrobatJS | AcrobatMenu | AcrobatPDF | AcrobatStamp | AcrobatYouTube | AddressBook | Adobe | Adobe InDesign | AdobeAppleScript | AdobeBridge | AdobeIllustrator | AdobeJSX | aed | Alfresco | Android | AnimationGif | Apple | AppleScript | AppleScriptBasics | AppleScriptCharacter | AppleScriptColor | AppleScriptDroplet | AppleScriptErrorNum | AppleScriptFolder | AppleScriptFontBook | AppleScriptRename | AppleScriptTools | AppleSymbols | Applications | Barcode | Barcode2D | BarcodePostal | BetterHTMLExport | Book | Browser | buzz | CAD | Certificates | CharacterEntity | CharacterSets | Chrome | Colors | Cool Site | CriminalMind | CSS | Cutting | DecoMail | DecorationMail | Design | Desktop | Diff | DJ | dmg | DNS | Documents | Download | DTP | eBook | Editer | eMail | Envelopes | ExifTool | Facebook | FFmpeg | File System | Fonts | FontsTool | FontsWeb | FOOD | FormPrint | ftp | Gadget | Gif Animation | glee | Google | Graphic | HexEditor | HTML | info | iPhoto | ISBN | ISO | iTunes | iWork | iWorkNumbers | iWorkNumbersCalendar | iWorkNumbersTimecard | iWorkPages | JavaScript | JeditX | JeditX Regexp | JeditXAppleScript | JIS | jquery | Kanji | Kids | Letterpress | Library | logo | Mac Admin | Mac Archiver | Mac Browser | Mac Browser Plugin | Mac QuickLook | Mac Spotlight | Mac Video | Map | Mobby | Moto | Movies | Music | Network Basic | ntp | OCR | OCR Font | Office | OfficePowerPoint | OSX | Pantone | Paper | PDFlib | Permission | Photo | Pictograms | Pictures | Press | Print | Public | QuickLook | QuickTime | QuickTimeSetting | QuickTimeSound | Real Media | ReName | ResourceFork | ruby | Sample | Screen | ScreenCast | Search | Security | SEO | Sharing | Sign | SLAResource | Sound | Souvenir | Spotlight | Stamp | SWF | Tutorial PSD | TV | Twitter | Typography | Unicode | Utilities | Video | WebClip | WebFont | Wedding | Windows | WindowsMedia | XML | XMP | XPS | YouTube | YouTube Rss