[おしらせ]このBLOGは更新を終了しています。

何かあれば
この記事にコメントをつけてください。
定期的に投稿しないと削除されてしまうのでメンテナンスの投稿はたまにあります

| | コメント (4)

FTP Rush

SFTP
その他一般的なストレージに対応した
FTPクライアント
中華だが、データの収集はしないと言っている(本当かはしらん)
ので
まぁ、大丈夫でしょう
https://www.wftpserver.com/ftprush.htm

|

Wing FTP Server

MacOS10.5以上で動作するとあるが試していないが
貴重といえば貴重
ただ中華なんだよなぁこれ
https://www.wftpserver.com/download.htm

|

[FTP]Progressive Downloader

基本ダウンローダーですが

FTP/SFTPのブラウザとしての機能があります



期待したような動作は得られないので

『試してみてもいいかも』ぐらいです

202403220209581770x588

|

[Acrobat]署名済みファイルをクラウドから削除する

1:ドキュメントクラウドに対象のAdobeIDでログインします
2:設定ダイアログを開きます
3:電子サイン設定>>設定を編集を開きます
4:プライバシータブを開きます
5:メールアドレスで検索します
6:意図するファイルを削除します



1:ドキュメントクラウドに対象のAdobeIDでログインします
https://acrobat.adobe.com/link/home/
202402270404081946x914


2:設定ダイアログを開きます
https://acrobat.adobe.com/link/home/
20240227040507_1976x790


3:電子サイン設定>>設定を編集を開きます
20240227040735_1938x1268



4:プライバシータブを開きます
https://acrobat.adobe.com/link/signatures/?signUri=%2Faccount%2FaccountSettingsPage
20240227041002_2060x1046


5:メールアドレスで検索します
自分のAdobeIDのメールアドレスや
削除したい書類を送付してきた人のメールアドレスで検索
20240227041431_2070x1148



6:意図するファイルを削除します
【要注意】署名書類の削除について
署名=その書類の内容をご自身が認めている事になります
普通に一般的な書類に『ハンコ』を押したのと同じです
特に『相手』がいるばあい
『削除』するのが『本当に正しいのか?』は
『削除を実行する前に』熟考ください
20240227041431_2070x11482

|

[TTML]60分カウントアップ カウントダウン


ダウンロード - ttml.zip


https://www.youtube.com/watch?v=AX_9N5VK1UY

|

[Fontbook]fontbookに実装されているVermilionBird朱雀

なんのため? いつ、どこに、何のときに表示されるんだろう… Screen-20231023-144456Zzzzpackedasset202x0gamut0

|

[m4r]iPhone用着信音を作成登録する(MacOS→iPhone)

【1】準備
【2】データ作成(MacOS)
【3】データ変換(iPhone)
【4】着信音設定


【1】準備
1:音源を用意します
2:GarageBandのMacOS用をインストール利用可能にしておきます
3:iOS用のGarageBandをiPhone上で利用可能にします
4:iCloud Driveを利用可能にしておきます
【2】データ作成(MacOS)
1:ブロジェクト作成
2:保存(Mac用GarageBandとして保存)
3:プロジェクトをiOS用GarageBandとして共有
【3】データ変換(iPhone)
1:↑で共有したファイルを開く
2:1の工程でデータがダウンロードできたのを確認
3:共有から着信音として書き出す
【4】着信音設定
iPhoneのシステム設定
1:システム設定>>サウンドと感触>>着信音で設定する


【1】準備
1:音源を用意します
ファイルは『どれか1つ』で大丈夫です♪
他一般的の音楽ファイルなら
特殊なエンコーディング使っていなければ
インポートできます
Screen_20231022_16_54_44
ファイル形式は
"public.midi-audio"
"public.aiff-audio"
"com.apple.coreaudio-format"
"com.digidesign.sd2-audio"
"com.microsoft.waveform-audio"
他一般的の音楽ファイルなら
特殊なエンコーディング使っていなければ
インポートできます


2:GarageBandのMacOS用をインストール利用可能にしておきます
Screen-20231022-165620
AppStore
https://apps.apple.com/jp/app/garageband/id682658836


3:iOS用のGarageBandをiPhone上で利用可能にします
1280x720-2
https://apps.apple.com/jp/app/garageband/id408709785


4:iCloud Driveを利用可能にしておきます
システム設定>>インターネットアカウント>>iCloud>>iCloud Drive

【スクリプトエディタで開く】


Screen_20231022_17_11_24_20231022171302
Screen_20231022_17_05_50


【2】データ作成(MacOS)
1:ブロジェクト作成
起動時の音源ダウンロードは、普段使わない方は不要ですGBサイズあります
1
↑と同じで、普段使わない方は不要
2_20231022180901
空のプロジェクトを選択して
3
オーディオから新規プロジェクトを作成します
4
開くとこんな感じ
5


2:保存(Mac用GarageBandとして保存)
音源のオーディオファイルをオーディオ1にドロップして
6
左よせしてスタート位置を1にします
7
カウントとメトロノームはOFFにして【必須】
8
Mac用のガレージバンド・プロジェクトとして保存しておきます
9


3:プロジェクトをiOS用GarageBandとして共有
共有メニューからiOS用のファイルに共有します
10
共有先はiCloud Driveの『iOS用GarageBand』に保存
11


【3】データ変換(iPhone)
1:Macで共有したファイルを開く
Iosgarageband00001

Iosgarageband00002
この状態からは着信音書き出しできません(エラーになります)
Iosgarageband00003
2:開いたファイルのデータがダウンロードできたのを確認
一旦プロジェクトファイルアイコンをタップして開きます
Iosgarageband00004
開いたら▼メニューからMySongsをタップし一度とじます
Iosgarageband00005
アイコンがプロジェクトアイコンのサムネイルに変わった事を確認してください
この状態になってはじめて書き出しできます
Iosgarageband00006

3:共有から着信音として書き出す
プロジェクトアイコンを長押しからサブメニューを下報告にスクロールします
Iosgarageband00007
サブメニューの最後に『共有』がありますので共有をタップ
Iosgarageband00008
曲を送信から、『着信音』をタップします
Iosgarageband00009
名前をわかりやすい名称で設定して『書き出し』を実行します
Iosgarageband00010
書き出し中
Iosgarageband00011
この画面が出れば着信音書き出し完了です。
Iosgarageband00012



【4】着信音設定
iPhoneのシステム設定
1:システム設定>>サウンドと感触>>着信音で設定する
21
着信音
22
書き出した着信音を確認できればOKです。
24_20231022190001

|

[素材]CMYKデータICON

ダウンロード - cmykCMYKアイコン.zip

Icon_128x128

|

[macOS14]Asset_Font6にしか無いフォント

01Al-Firat
02Al-Khalil
03Al-KhalilBold
04Al-Rafidain
05AlRafidainAlFanni
06Algiers
07Baloo-Regular
08BalooBhai-Regular
09BalooBhaina-Regular
10BalooChettan-Regular
11BalooDa-Regular
12BalooPaaji-Regular
13BalooTamma-Regular
14BalooTammudu-Regular
15BalooThambi-Regular
16BankGothic-Light
17BankGothic-Medium
18Basra-Bold
19Basra
20BlackmoorLetPlain
21BlairMdITCTT-Medium
22BordeauxRomanBoldLetPlain
23BraganzaITCTT
24CapitalsRegular
25CharcoalCY
26DFKaiShu-SB-Estd-BF
27DearJoeFour-Regular
28DearJoeFour-Small
29Dijla
30Druk-Bold
31Druk-BoldItalic
32Druk-Heavy
33Druk-Medium
34Druk-MediumItalic
35Druk-Super
36Druk-SuperItalic
37DrukWide-Bold
38DrukWide-BoldItalic
39DrukWide-MediumItalic
40ForgottenFuturist-Bold
41ForgottenFuturist-BoldItalic
42ForgottenFuturist-Italic
43ForgottenFuturist-Regular
44ForgottenFuturist-Shadow
45GenevaCyr
46HelveticaCY-Bold
47HelveticaCY-BoldOblique
48HelveticaCY-Oblique
49HelveticaCY-Plain
50HopperScript-Regular
51JazzLetPlain
52KoufiAbjadi
53Laimoon
54MonaLisaSolidITCTT
55Nisan
56PortagoITCTT
57PrincetownLET
58Raya
59STIXTwoMath
60STIXTwoText-BoldItalic
61SantaFeLetPlain
62SchoolHouseCursiveB
63SchoolHousePrintedA
64Somer
65StoneSansITCTT-Bold
66StoneSansITCTT-Semi
67StoneSansITCTT-SemiIta
68SynchroLET
69TiroHindi
70TiroMarathi
71TiroSanskrit
72TypeEmbellishmentsOneLetPlain
73Yaziji
74Zawra-Bold
75Zawra-Heavy

|

Acrobat スタンプデーターの移行

【1】元Macの
Finder>>移動>>フォルダへ移動
/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/Stamps
の中にあるPDFファイルを
デスクトップ等に『コピー』します
(移動じゃないよ!コピーだよ♪)
【2】1でコピーしたファイルを新規デバイスにコピーします
方法は色々
クラウド使うもよしUSBメモリー使うもよし
ローカルネットワークのファイル共有SMBもよしです
【3】移行先のMacのAcrobatを終了させます
【4】2でコピーしたファイルを
以降先のMacの
Finder>>移動>>フォルダへ移動
/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/Stamps
に移動します
/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/Stamps/なんちゃらかんちゃら.pdf
となるように
NGは
/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Acrobat/DC/Stamps/Stamps/なんちゃら.pdfになってはダメ
【5】acrobaを起動 確認

大丈夫ではなかろうか?と

※留意点
スタンプPDFは
ファイル名を変更しちゃダメ!!!!!

|

«Acrobatの新UI