« La Foneria | トップページ | 【実験】中国語のCSS指定方法【その2ゴシック体】 »

【実験】中国語のCSS指定方法【その1明朝体】

中国語をCSSで指定する方法を調べてみた


Photo


ポイントは
■その文字が中国語である事を読者が理解出来る
■ 簡体字 繁体字 は意識せずに 表示結果のみを見る

文脈の前後等を加味せずに
『文字』単位で『中国語(not日本語)』である事が
わかりやすい指定方法を探します。

■結論
Fangsong』指定がわかりやすい。

Image00230205_222647

字形が縦長なので
他の日本語文字と区別がはっきりして
読者にとって『中国語』である事がわかりやすいと思われる
ArialUnicodeMSは文字を表示させるための保険的に使い
serif指定
矛盾があるが表示されてナンボなので
この指定でも良いのではないだろうか?

中国語表示可能フォントで『明朝体』なのは
Song
Fangsong
Kaiti
Ming

サンプルは以下
「Song.html」をダウンロード
「Kaiti.html」をダウンロード
「Fangsong.html」をダウンロード
「Ming.html」をダウンロード

ソースは以下

 

MING
font-family:
AdobeMingStd-Light,
'Adobe Ming Std L',
'Adobe Ming Std',
MingLiU,
Ming-Lt-HKSCS-UNI-H,
MingLiU_HKSCS,
Ming-Lt-HKSCS-ExtB,
MingLiU_HKSCS-ExtB,
MingLiU-ExtB,
PMingLiU,
PMingLiU-ExtB,
ArialUnicodeMS,'Arial Unicode MS',Arial, serif !important;

 

Song

font-family:
AdobeSongStd-Light,
'Adobe Song Std L',
'Adobe Song Std',
STSong,
'STSong レギュラー',
LiSongPro,
'LiSong Pro ライト',

MingLiU,
Ming-Lt-HKSCS-UNI-H,
MingLiU_HKSCS,
Ming-Lt-HKSCS-ExtB,
MingLiU_HKSCS-ExtB,
MingLiU-ExtB,
NSimSun,
PMingLiU,
PMingLiU-ExtB,
SimSun,
SimSun-ExtB,
New-Gulim,
DFKai-SB,
ArialUnicodeMS,'Arial Unicode MS',Arial, serif !important;

 

Kaiti
font-family:
AdobeKaitiStd-Regular,
'Adobe Kaiti Std R',
'Adobe Kaiti Std',
STKaiti,
'STKaiti レギュラー',

AdobeSongStd-Light,
'Adobe Song Std L',
'Adobe Song Std',
STSong,
'STSong レギュラー',
LiSongPro,
'LiSong Pro ライト',
MingLiU,
Ming-Lt-HKSCS-UNI-H,
MingLiU_HKSCS,
Ming-Lt-HKSCS-ExtB,
MingLiU_HKSCS-ExtB,
MingLiU-ExtB,
NSimSun,
PMingLiU,
PMingLiU-ExtB,
SimSun,
SimSun-ExtB,
New-Gulim,
DFKai-SB,
ArialUnicodeMS,'Arial Unicode MS',Arial, serif !important;

 

Fangsong
font-family:
AdobeFangsongStd-Regular,
'Adobe Fangsong Std R',
'Adobe Fangsong Std',
FangSong,
STFangsong,
'STFangsong レギュラー',

AdobeSongStd-Light,
'Adobe Song Std L',
'Adobe Song Std',
STSong,
'STSong レギュラー',
LiSongPro,
'LiSong Pro ライト',
MingLiU,
Ming-Lt-HKSCS-UNI-H,
MingLiU_HKSCS,
Ming-Lt-HKSCS-ExtB,
MingLiU_HKSCS-ExtB,
MingLiU-ExtB,
NSimSun,
PMingLiU,
PMingLiU-ExtB,
SimSun,
SimSun-ExtB,
New-Gulim,
DFKai-SB,
ArialUnicodeMS,'Arial Unicode MS',Arial, serif !important;

|

« La Foneria | トップページ | 【実験】中国語のCSS指定方法【その2ゴシック体】 »

CSS」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【実験】中国語のCSS指定方法【その1明朝体】:

« La Foneria | トップページ | 【実験】中国語のCSS指定方法【その2ゴシック体】 »