« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

Ukelele 

ユニコード対応のキーボードレイアウト作成ツール


Ukelele

ダウンロードしたDMGファイルの中に
各国サンプルレイアウトも内包されているので
まぁ
使う事がある.......................かもしれない
ないか....

翻訳系な仕事で使う事があるかも................
ないか........


|

iQR Code

これは
お客様から要求される事が多いですから
先に提案した方が良いでしょう


iQR Code


|

追加された絵文字をiOS 6 以外のデバイスに送信した場合は、正しく表示されない場合があります。

Website_image20120926_214401

もう
うんざりだなぁ


 

|

EPUBQLGenerator

EPUBQLGenerator


|

Adobe Edge Code

Website_image20120926_72810


コードのチェックと
カラーリングがとても良く
見やすいです
でも
もう少し使いにくい
まだ
codaに軍配かな
今後に期待しましょう

|

今一度「黒」を考え中

納品用PDF作成時に用途にあった最適な黒に置き換えれば良いかな


Lt


※※
カラー設定に依存する部分が多いですから
作成時に納品時の用途
納品メディア
納品メディアのフォーマット

等々に対して検討すれば良いかな

  

|

Code Page 1250 Windows Latin 2 Central Europe

Latin 2等はDOSとWINで別物なので注意しないと痛い目にあう

Code Page 1250 Windows Latin 2 Central Europe


Code Pages Supported by Windows

Windows
1250 Windows Latin 2 (Central Europe)*
1251 Windows Cyrillic (Slavic)
1252 Windows Latin 1 (ANSI)
1253 Windows Greek
1254 Windows Latin 5 (Turkish)
1255 Windows Hebrew
1256 Windows Arabic
1257 Windows Baltic Rim

MS-DOS
437 MS-DOS Latin US
708 MS-DOS Arabic ASMO
737 MS-DOS Greek
775 MS-DOS Baltic Rim
850 MS-DOS Latin 1
851 MS-DOS Greek 1
852 MS-DOS Latin 2
855 MS-DOS Cyrillic
857 MS-DOS Turkish
860 MS-DOS Portuguese
861 MS-DOS Icelandic
862 MS-DOS Hebrew
863 MS-DOS French Canada
865 MS-DOS Nordic
866 MS-DOS Cyrillic CIS 1
869 MS-DOS Greek 2


Macintosh
10000 Macintosh Roman
10006 Macintosh Greek
10007 Macintosh Cyrillic
10029 Macintosh Central Europe
10079 Macintosh Icelandic
10081 Macintosh Turkish


Code Pages


Unicode and Character Sets


Unicode Enabled


CP00852


|

[証明書]Adobe Approved Trust List (AATL)

自分用備忘録
Adobe Approved Trust List (AATL)
http://trustlist.adobe.com/tl.acrobatsecuritysettings

Website_image20120918_02005


上記のセキュリティ設定に含まれる
Adobe Approved Trust Listは以下

Website_image20120918_01901


信頼性マネージャーから更新する方法

Website_image20120918_01107

セキュリティ設定をURLで指定する方法

Website_image20120918_01140


セキュリティ設定を取り込みする方法

Website_image20120918_02748

がある

|

Regular Expressions


Regular Expressions - ICU User Guide


|

[PhotoShop]AppleScriptでPhotoshop Tempを削除する

Photoshopがクラッシュした時に残ってしまう

Website_image20120902_205247


Photoshop Tempファイルを削除するスクリプト

『Cleanup At Startup』フォルダ内に出来るので
再起動すれば自動で削除されますが
まぁ
サイズも大きいので
再起動もナニな時用

ポイントは
「/var/folders/」内のユーザー・テンポラリ・フォルダのパスを取得する所かな?
ここまで『do shell script』だと
shとか?シェルスクリプトで実行した方が自由度が高いですよね。
なんでApplescriptでやるかなぁ<<自分

Website_image20120902_231250


try
delay 1
---------tmpフォルダ内にpythonフォルダを作成
do shell script "mkdir -pv /tmp/python"
---------gettmpdir.pyファイルを作成
do shell script "touch /tmp/python/gettmpdir.py"
---------コマンド書き込み1行目
do shell script "echo 'import tempfile' > /tmp/python/gettmpdir.py"
---------コマンド書き込み2行目
do shell script "echo 'print tempfile.gettempdir()\n' >> /tmp/python/gettmpdir.py "
---------出来上がったgettmpdir.pyを実行して/private/var/folders/のテンプフォルダへのパスを取得する
set theTmpFolderDIr to do shell script "python /tmp/python/gettmpdir.py" as text
---------エラー避けでPhotoshopTmpファイルを作っておく
do shell script "mkdir -pv '" & theTmpFolderDIr & "/Cleanup At Startup'"
do shell script "touch '" & theTmpFolderDIr & "/Cleanup At Startup/Photoshop.txt'"
---------自分のフォトショップのプロセスで出来たら自分のアクセス権なのでSUDOは必要無い
do shell script "rm -f '" & theTmpFolderDIr & "/Cleanup At Startup/Photoshop'*" as text
end try

実行時のログはこんな感じ

tell current application
do shell script "mkdir -pv /tmp/python"
--> ""
do shell script "touch /tmp/python/gettmpdir.py"
--> ""
do shell script "echo 'import tempfile' > /tmp/python/gettmpdir.py"
--> ""
do shell script "echo 'print tempfile.gettempdir()\n' >> /tmp/python/gettmpdir.py "
--> ""
do shell script "python /tmp/python/gettmpdir.py" as text
--> "/var/folders/XX/XXXXXXX+XXXXXXXXXXX+++XX/-Tmp-"
do shell script "mkdir -pv '/var/folders/XX/XXXXXXX+XXXXXXXXXXX+++XX/-Tmp-/Cleanup At Startup'"
--> ""
do shell script "touch '/var/folders/XX/XXXXXXX+XXXXXXXXXXX+++XX/-Tmp-/Cleanup At Startup/Photoshop.txt'"
--> ""
do shell script "rm -f '/var/folders/XX/XXXXXXX+XXXXXXXXXXX+++XX/-Tmp-/Cleanup At Startup/Photoshop'*" as text
--> ""
end tell


「delPhotoshopTemp.scpt.zip」をダウンロード


「delPhotoshopTemp.rtf」をダウンロード

|

[Facebook]Adobe Bridge を使ったFacebookアルバム用写真の下準備

Facebookのアルバムはメタデータを読み込んで自動で備考を書き込む機能があります(20120901時点)
Bridgeを使ってメタデータを一括付与する場合には
以下の3点を確認しましょう

Website_image20120901_182828

上記の一番右のパターンは
メタデータとしてはちょっと反則な気がしますが
説明部の最後に「改行」を入れる事で再現出来ます。

Website_image20120901_182909


ちょっとアイディア程度で
本来のメタの内容と差異が出るので
あくまでもFacebook用のメタデータ書き出し用テンプレート等で使えるのが
URL

Website_image20120901_184044


IPTC CORE著作情報部にURLを入れて保存すると


Website_image20120901_183833

こんな感じで
リンクになります。

メタデータにもひと手間かけましょう。


|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »