« [AppleScript]ドロップレットの作法を考える その4 (ドロップされたファイルはエイリアスか?) | トップページ | FingerPDF »

[AppleScript]ドロップレットの作法を考える その5 (エイリアスの処理に悩む)

その1で書いたように
on run で選んだファイル(フォルダでも良いが)は
書類情報 info forの結果等から、不要なファイルへの排他が出来る

Website_image20130108_00339

一方
ドロップされたファイル(フォルダ)については
こちらの記事で書いたように
『エイリアス』の処理が悩ましい

Website_image20130108_02728


そこで
最初に考えたのが
ドロップされたディレクトリで判断するもの

Website_image20130108_05542

 

考えたが
Macではこのようなファイルの選択が可能で
違うディレクトリからドロップする事が可能だ


Website_image20130108_05410

じゃぁ
ファイルを別に集めてから処理すれば?

Website_image20130108_10649


って
方法があるが
処理時間や
処理後のファイルと
元ファイルが2重になるので
ファイル数が多い処理の場合は
利用者に利点より面倒が多い

さ〜困った


|

« [AppleScript]ドロップレットの作法を考える その4 (ドロップされたファイルはエイリアスか?) | トップページ | FingerPDF »

AppleScriptDroplet」カテゴリの記事