« [AppleScripts]GoogleMapのURLからBridge用のGPS用の値を作る【その2】 | トップページ | [AppleScripts]GoogleMapのURLからBridge用のGPS用の値を作る【その4】 »

[AppleScripts]GoogleMapのURLからBridge用のGPS用の値を作る【その3】

その3です。

検索語句を後にXMPファイルのファイル名にするので
検索語句を取得しておきます。
 
  
 
20130130_174356
 
  
 

URLで言う所の
赤い線か青い線の所のエンコードされた文字列を取得して
読める形にデコードします。
 
  
 

まずはその2と同じ要領で
q=以降の文字列を取得して
 
  
 
20130130_174504
 
  
 
&までの文字を取り出します。
 
  
 
20130130_174609
 
  
 
取り出したら
phpを使って文字列に戻します。
 
  
 
20130130_174755

 
20130130_174838

 
  
 

set theOrgGoogleMapUrl to "https://maps.google.com/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC&hl=en&ie=UTF8&ll=35.659284,139.745879&spn=0.034276,0.030127&hq=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC&t=m&z=15" as text
log "GoogleMapからコピーしたURL" & theOrgGoogleMapUrl

--------変数のq=から後ろを取り出すコマンドラインを整形
set theAwkComLL to "echo " & quoted form of theOrgGoogleMapUrl & "| awk -F \"q=\" '{print($2)}' " as text

set theGoogleLlNo to do shell script theAwkComLL as text
log "変数のq=から後ろを取り出す→" & theGoogleLlNo

--------取り出した部分の&までを変数として取得するコマンドラインを整形
set theAwkComLL to "echo " & quoted form of theGoogleLlNo & " |awk -F \"&\" '{print($1)}' " as text

set theGoogleLlNo to do shell script theAwkComLL as text
log "取り出した部分の&までを変数として取得→" & theGoogleLlNo



set thePhpScpt to "php -r 'echo urldecode(\"" & theGoogleLlNo & "\");'" as text
return do shell script thePhpScpt

「GoogleMap2Bridgev3.rtf」をダウンロード


「GoogleMap2Bridgev3.scpt.zip」をダウンロード


つづく

|

« [AppleScripts]GoogleMapのURLからBridge用のGPS用の値を作る【その2】 | トップページ | [AppleScripts]GoogleMapのURLからBridge用のGPS用の値を作る【その4】 »

AdobeBridge」カテゴリの記事